2014年05月06日

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第19回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第7局、ぶ~んぶ~ん』

 ぶ~んぶ~ん(2014年5月10日(土)の蚊)。

 いやいや、ちょっと待ってくださいよ~。

●まず流れがおかしくなったのは、アイコ発表からじゃないですか。

●昨晩発表した通り、アイコは子供の日で張り切り過ぎた勇み足って以外、何の意味もありません。ヤリ過ぎました、ごめんなさい。

●なので、とりあえず過疎地とは言え、人の目に触れるアイコを一旦撤収。3日後くらいに伏字パージョンか、書き直したバージョンを再アップするつもりでした。

●昨晩ノートの『月曜反省会』をアップ。今後は『水曜スペシャルノンフィクションどうでしょう』1本に絞るための布石として。どうせスキはつかないし、仮にスキがついたところで「3スキ自作自演の結果、『水曜スペシャルノンフィクションどうでしょう』が生き残りました!」などと、どうとでも発表できますので(実際に締切30分前でスキは2コしか増えてませんし)。

●岐阜の官僚の件を読み解くに、そろそろ自分のやるべきこと、つまり『水曜スペシャルノンフィクションどうでしょう』1本に絞りなさいということかと。元々、このシーサーの方は5/14目途に第7局まで終わらせて、ノートに1本化しようと思ってましたし。

●正直、ノートの『水曜スペシャルノンフィクションどうでしょう』以外も、にぎやかしのために続けても特に問題はないのではと思いましたが、そもそも1日1ノートは、加藤先輩が始めたので、「じゃあ、俺も」とお供して始めただけで深い意味はないですが、加藤先輩より先にやめるのもアレかなと続けていただけなので、まあやめてもいいかなあと。

●今後は、毎週水曜に『水曜スペシャルノンフィクションどうでしょう』(タイトルがもしアレなら変更して)をアップしていく。

 というだけでして、それが自分の力不足で、加藤先輩に連日不愉快な思いをさせてしまったのは、ひたすら申し訳ございません。

 そして、自分の力不足で招いた誤解ですけど、ぶっちゃけ現時点で、どの地雷を踏んだのか特定できてません。

 だから、後は当てずっぽうです、更に地雷踏んだら、ごめんなさい。

 そんなカッコつけたプライド高い青臭い蚊なら、ん? この間、「なんだ、ホントはドジで間抜けな蚊なんじゃん」って言われて、「そうなんですよ~、最初から言ってたじゃないですか~」的なやりとりしたじゃないですか~。
 そもそも、そんなカッコつけたプライド高い青臭い蚊なら最初から寄ってこないですって。

 後、もう最初の方なんてバシバシされたり、殺虫剤みたいなのまかれてたじゃないですか、それでもブンブン周りを飛んでいたのは、まあ目障りという意味では嫌がらせなのでアレですが、基本嫌がらせなわけないじゃないですか。加藤先輩がおいしそうだから、もう「血吸うたろか」状態で、おいしい血をすうために、ブンブンまとわりついてました。

 このまま見当違いの当てずっぽうを続けるのもアレですが、もう少しだけ。
 基本テレビ見ないので、どっか出先のメシ屋とかで見たと思うのですが、あるテレビ番組で水道橋博士と高田延彦が出ていて、水道橋博士はビートたけしの弟子になった瞬間に、高田延彦はアントニオ猪木の付き人になった瞬間に夢は叶った。後はもう夢もないし、やりたいこともないというような話をしていて、自分に一番近い感情は今、思いつく中ではコレが一番近いかなと。

 水道橋博士は最初から芸人の弟子じゃなく、ちゃんとビートたけしの弟子になりたいと分かっていたこと、高田延彦はプロレスラーの弟子ではなく、アントニオ猪木の弟子になりたいと分かっていたことは羨ましい半分、同じじゃなくてよかった半分と言ったところでしょうか。

 中2の俺は水道橋博士や高田延彦みたいにかしこくなかったのか、ベトナム戦争の戦場特派員になりたいと正しく気づかずに、単に戦場特派員になりたいと間違えたまま、なんかおかしいなあと違和感を感じたまま、24歳の初取材のときまで「ああ、正しくはベトナム戦争の戦場特派員になりたかったのか」と気づきませんでしたから。

 ナチュラルボーン戦場特派員が戦場童貞を捨てに行く話こと、カレン民族解放軍従軍希望記を「中2(中2で夢を持つ問題も)」、「夢(せっかく夢を持つなら、夢を漠然と捉えず、正しく見据えてから持ちましょう問題も)」、「夢を叶えた後問題(あくまで水道橋博士や高田延彦の他人事ですが)」、「夢を追い続ける((夢を叶えるのが物理的に不可能だったときどうするか問題、例えば、ベトナム戦争の戦場特派員になるのが夢なのに、ベトナム戦争が生まれる前に終わっていた場合など))」なんて青臭くて痛々しいテーマを交えつつ、書きたいけど一人じゃなかなか納得いかないから、たまたまネットで見かけたうまそうな加藤先輩の生血でも吸って、なんとかうまく完成できないかなあと思っただけです、って書いたじゃないですか、どっかに。

 あ、後1分で締切だから、ノート行ってきます!

 ただいまですが、これ以上地雷を踏みに行くのも何ですので、ココは一旦撤収して、ノートに集中します! ごめんなさい。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。