2014年03月07日

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第1回 ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』

 2014年2月14日(金)に『cakes(ケイクス)』(https://cakes.mu/)編集長の加藤貞顕氏(以下、愛称の「加藤先輩」呼ばわりさせて頂きます)に送りつけた、ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールを、2014年3月14日(金)のホワイトデーの1週間前にあえて本邦初公開!
『がんばれWEBメシ』のオープン化の一環ピストン運動です。すぐイクなよ! でも回数無制限だから、すぐイッちゃってもまた来いよ!

●ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールの件名
【加藤先輩!「2手目△3二金」! そんな気持ちをこめた、手作りバレンタイン企画を受け取れ!】あの~、ココに来れば、WEBメシが食べられるって聞いたんですけど【ド本命バレンタイン企画『がんばれWEBメシ ~6年間の育休帰りライターがWEBでメシを食うためにがんばって食探しする件まとめ?~』】

●ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールの本文
――東京の夜。雪景色に染まった、ホワイトバレンタインデー。

 ん? バレンタインデー? ホワイトデー? ややこしいぞ。

 まっしろな雪のイタズラに染まったバレンタインデーの夜、『cakes』の加藤編集長の元に、一通のバレンタインメールが届いたそうです。

 むむむ、単なるモテモテ自慢じゃないですか(笑)。
 気になるバレンタインメールの件名には、こんなことが書いてあったそうです。

「あの~、ココに来れば、WEBメシが食べられるって聞いたんですけど」。

 ……モテモテ? ペコペコ?
 うん。でも。どうやら確かに、義理メールではないみたい。

 なにやら新しいバレンタインデーの儀式が『cakes』から始まる予感!?

 もしアナタなら、ホワイトスノーバレンタインデー(←長いね)の夜に、手作りの本命バレンタインメールが届いたら、どうしますか?

 勇気を出して開いてみる。
 そんなアナタだけ、どうぞこのまま、未来のバレンタインデーへとお進みください。


【第1期WEBメシ名人戦七番勝負 第1局第1譜】
 どうも、みなさん、はじめまして。いつも宅の加藤がお世話になっております。

 あ~た、加藤たって、茶の嫁のことじゃないわよ、『cakes』を運営する『株式会社ピースオブケイク』の代表取締役CEO加藤貞顕様のことよ、うちの加藤は。
 え~い、一同、頭が高い、控えおろう。

 よっこいヨイショしょ~いち!
 ご紹介が遅くなりましたが私は、加藤のアレでございますよ、アレ。
 まずは順を追って、私たちのなれそめからお話します。

 2014年の2月14日、そう、天の差配で雪までお膳立てされた、ホワイトバレンタインデーの夜のこと。

 私が手作りのバレンタインド本命営業メールを、宅の加藤に送ったところから、すべてははじまったわ、こんな具合に。

○バレンタインド本命営業メールの件名
【加藤先輩!「2手目△3二金」! そんな気持ちをこめた、手作りバレンタイン企画を受け取れ!】あの~、ココに来れば、WEBメシが食べられるって聞いたんですけど【ド本命バレンタイン企画『がんばれWEBメシ ~6年間の育休帰りライターがWEBでメシを食うためにがんばって食探しする件まとめ?~』】

○バレンタイン本命メールの本文
『株式会社ピースオブケイク』代表取締役CEO加藤貞顕様

謹啓
 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 私、フリーライターの小暮大上と申します。
 まずは突然ご連絡を差し上げる失礼、また件名及び本文冒頭での数々の無礼を何卒ご容赦下さい。

 このたび、是非とも加藤様に、弊企画『がんばれWEBメシ ~6年間の育休帰りライターがWEBでメシを食うためにがんばって食探しする件まとめ?~』をご高覧の上、ご検討して頂きたく、ご多用の折に誠に勝手なお願いで大変恐縮ではございますが、サンプル原稿も一緒に添えまして、「ん? サンプル原稿じゃなくて、ダミー原稿って言うんだっけ? なにぶん、この手のことを6年ぶりに致すもので。うん、件名や企画名に6年間の育休帰りって書いてある通りで、もう看板に偽りなし! でもね、件名がアレで、本文はお堅くまとめてギャップ萌え狙いって一手はどうなのかしら。もちろん営業メールのド真ん中でいきなり感想戦を繰り広げるのもどうかと思うけど」。あ、まだ営業メール中なのに、うちの営業メール弁慶が大変申し訳ございません。

 早急に結論を申し上げますと、この営業メールは公開を前提としております。弊企画におきまして、この営業メールこそが、WEBでメシを食べていくための偉大なる第一歩となっており、「あらま、読んで貰えるかどうかすらも分からないのに、フライングで企画スタートしちゃ、いけないんだいけないんだ。後、勝負を仕掛けて、前のランナーを抜くときは内からじゃなくて、外からだから。コレ、豆な。「鬼は外~、福は内~」の節分系語呂合わせがオススメ。走り出したらもう、WEBメシのゴボウ抜きは外からも内からも止まらないぜ、負けるながんばれWEBメシ!」。た、たびたびうちのが取り乱しまして、誠に申し訳ございません。

 実を申しますと、堅苦しい営業メールが続くと、ナチュラルボーン営業メール弁慶の血が抑えられない特異体質の持ち主でして、「あらま!」、シッ~、度重なる失礼の段、どうか寛大な御心で平に平にご容赦頂き、下記の企画案とサンプルダミー原稿を、「ドッキング! 大人はズルい!」、うるさい、どうかお目通し頂きたく、「あ、追加で、お目こぼしも!」、喜んで~…失敬、重ね重ねお願い申し上げます。

「さあ、折り返し地点の1000字を越えたあたりで、最大の難所が見えてまいりました」、…ナニを始めたの?「え、見ての通り、マラソンごっこ。もうすぐ給URL場だから。あのね、給水場の“水”を」、説明しなくていい!「じゃあ、ハイ、コレhttp://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56109130.html」、説明!「いや、そろそろ加藤先輩がココではない他のどこかへ行きたいかなあと思って、義理URLでも」、本命URLでしょ! もうホントすいません、うちの営業メール弁慶がまた、大人のビジネスライクな営業メール中に三文芝居を、「今、アッチに行ってて、いないかもよ」、じゃあ、この隙に普通の営業メールに戻そうよ。

「そんなんじゃ、彼は納得しねえよ。なあ、中学時代の加藤先輩読者、読んでる~?」、手順!手順! なんでいきなり王将を急襲…まずは外堀から作戦だったじゃん。「急戦を狙う不退転の決意!」、さっき読んでた本の受け売りじゃん!

「説明しよう。加藤先輩が中3のとき、自分は中1で」、あ、オナ中ではなく、新潟と岐阜のチガ中で、「そんな説明かったるいよな、なあ、中坊」、せめて中坊先輩!「俺も中学時代の自分読者を心の中にずっと飼ってるから、中学生読者の扱いには慣れてんだ、マンコ!」、まだ営業メール中出し!

「だいじょうぶ、WEB世界はこれからもっとおもしろいところになるぞ! だって俺が来たからね。それにWEBメシはうまいぞ、まだ食ったことないけど。だがな、小僧」、小僧先輩!「お前が『未来のWEBメシってうまそう。いつか一度食ってみてえ』とさえ思えば、夢は叶う。お前の未来はそういうところだ。だもんで、どうか坊ちゃんの方からも是非ひとつ、お口添えの方を…」、あ、せっかくいいところですが、そろそろ営業メールの本文はお時間の2000字で~す。

「じゃあ、延長戦はダミーサンプル企画案原稿で!」、トリプル!「あ、そうだ、俺のこの過去原稿(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56109271.html)はエロいぞ。でも、最新原稿(http://ji-sedai.jp/school/application/post_158.html
)はエロくないぞ。両方ワイロだ、もってけ、エロガキ」、エロガキ先輩!

「じゃあ、すぐまたな。もしくは、地雷を踏んだらサヨウナラ」、いや、踏みにいきまくったじゃん、プツッ、ザァ~。「そんな昭和のテレビの終わり方はプツッ、ザァ~」。
 ……カチッ。ゴメン、忘れ物、謹白!「謹白宣言!」


 あら、おかえりなさい、アナタ。ずいぶん早かったのね。
 あ、ちょっとそんな顔で見ないでよ、まるで私が腹ペコで食いしん坊さんのWEBメシ露出狂みたいに!

 ほ~ら、見てごらん。
「他人宛ての営業メールなんか読めねえよ」って親の躾がいいザックリ派に、上記の営業メールをいまさら要約してあ・げ・る。

「俺は天才ライターの小暮大上だ。2014年4月から子供が小学校に入学するので、ワイフとの育休ジャンケンに負けてゲットした6年間の育休がようやく終わる。ちょっとはまとまった時間ができるので、WEBに働きにいこうかしら。だって外に働きに行くと不倫しちゃうじゃない。べ、別に、出版界に出戻り案が、ワイフに「へぇ~、また週1ペースでしか帰宅しないつもりなんだ、ふ~ん」とツンデレ却下されてビビッたわけじゃないからね、もちろん男らしくガツンと言ってやりましたよ、「DA・YO・NE~」って英語で」

「はぁ~、どっかいいとこないかしらとWEBを散々ほっつき歩き、遂に『cakes』を見初める! だって、ココの社長が「WEBでメシ食いたい奴は、うちに来い」的な男前発言をしてるから、「おいおい、この社長、デキるんじゃね、いろんな意味で」とその気にさせられちゃった。もう、ちゃんと責任取ってよね!」

「そんじゃまあ、社長を信じてどこまでもついていくんで、WEBでメシを食べていくためのあらゆる人体実験を繰り返す、当然この営業メールもその一環な『がんばれWEBメシ』って連載をヤラせてくれよ、な、いいだろ? もう辛抱たまらん、今日はバレンタインデーだし」と社長に直訴メール中」

 あ、そうだった、宅の加藤に『ダミーサンプル企画案原稿』ってやつを出す約束してたんだった。

 ん? 今のコレが、もうソレだっけ?
 ああ、もうややこしいなあ。

 これ以上、ゴチャゴチャするのもアレなので、まず企画案単体は『がんばれWEBメシのWEBメシのタネ倉庫みたいなところ?』って即席ブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami)に後で放り込んでおきます。

 こんな読みにくい営業メールや営業ブログなんかじゃなくて、もっと素晴らしいメディアプラットフォームがどこかにあればいいのになあ、例えば『cakes』とか『cakes』とか『cakes』とかとか。

 もうしばらくの辛抱よ。宅の加藤から貰ったラブレターでも読んで気分転換しましょ。

●『加藤先輩語録 「【来いよ!来いよ! おいらの家まで~】おいおい、俺に惚れるなよ、ヤケドするぜの件まとめ【こんなに好きにさせといて「勝手に好きになった」はないでしょ】」係』
http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56120955.html

●『加藤先輩語録 「【好きです 好きです 心から】おいおい、俺に惚れるなよ、ヤケドするぜの件まとめパート2回戦【「出会いの舞台はどこで?」などと おどけてみせるのも これが最初ね】」係』
http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56122918.html

 もう加藤先輩ったら、積極的なんだから!
 じゃあ、張り切って、企画案単体をザックリ派のためにまとめます。

「1)企画名
『がんばれWEBメシ~6年間の育休帰りライターがWEBでメシを食うためにがんばって食探しする件まとめ?~』(略称案は『もしメシ』で)

2)企画趣旨
 WEBでメシを食っていく。
 そんな人類の新たな夢に挑むにふさわしき人体実験者が彗星のごとく現れた。

「2014年2月14日現在、ツイッターのフォロワー数0人(https://twitter.com/kogureookami)、フェイスブックの「いいね!」0個(https://www.facebook.com/ookami.kogure)」の輝かしい経歴を誇る、6年間の育休帰りのライター小暮大上がWEBメシの人体実験の生贄に名乗りをあげたのだ。

 右も左も分からぬWEB界で、時代遅れの昭和男子(ガラケー、XP、ブラウン管テレビ、ドラクエⅣ止まり、任天堂ディスクシステム止まり、CDウォークマン派)でも、ちゃんとWEBメシにありつけることを証明するため、体を張ってトライ&エラーを繰り返しながら、明るく楽しくセクシーサバイバル!

 かならずや、「コイツにWEBメシが食えるなら」と読者に夢と希望と「今、なんつった? てめえ、ナニ中だ、コラ!」を与えます。

 そして、当面の目標を掲げます。
 題して、『「フォロワー0人、いいね!0個」からの「フォロワー100万人、いいね!1日100マンコ!」』大作戦、作戦コードネーム・マンコ!

 ええ、知ってます、世の中は中学生読者ばっかじゃなく、オカン読者も!
 いや、ママ、違うんだよ、コレは。
 あの~、その~、ボクちゃんはイヤだったんだけど、加藤先輩が無理矢理言えって、「俺が中3のとき、お前は中1だったろ」とも。

 さて、オカンの意見を聞かず、企画名に「WEBメシ」って書いたせいで、がんばってWEBで稼いだゼニは、全部WEBでの買い食いに突っ込まざるを得ません。
 WEBメシっこは宵越しのWEBゼニはもたねえぜ。

 もちろんWEBゼニもWEBメシもすべて包み隠さずにさらけ出します! 加藤先輩のお許しが出れば「PVシェア」だってなんのその。
 もし問題があれば、「PVシェアの順位」だってなんのそのか、加藤先輩との恋の行方だってなんのそのかに変更する覚悟あり。

 そうやって地道にゲットしたWEBメシの証拠写真は言うに及ばず、稼いだWEBゼニも毎回毎回、1円単位違わぬ現ナマを用意し、「いいねえいいねえ、アルミの輝きがピカリとエロいよ。次、ジャンプしてみようか、1円玉ちゃん」とブツ撮り撮影会の段取りにも、ライターとしての丁寧な仕事ぶりをピカリと発揮。

 しかも撮影の腕だって、ビデオカメラマンとして300組以上の結婚式を昔、撮った杵柄です(←照れずに堂々と、親父ギャグもイケる口です)。

 更に、もっと言えば、「1円玉 アルミ エロ」でヤフー検索し(約67200件ヒット)、あやふやな知識の裏づけをちゃんと取る、ジャーナリスティックな調査報道を心掛ける一面は、俺の本職が戦場特派員だからである。

 ええ、もちろん全部本当ですが、いちいち書き出すとただでさえクソ長い企画趣旨が、どこまでも果てしなく長くなるので…じゃあ、詳しい諸々の説明は今度、加藤先輩とお会いした際にでも、え、会ってくれるの?

 じゃあ、もしよろしければ、『新婚さんいらっしゃい!』の「YES/NOマクラ」にインスパイアされて作った、メールの件名にコピペするだけで使える「YES!YES!YES!/YES!カイトウ」をご使用ください。

 具体的に言うと、メールの件名に「YES!YES!YES!」とコピペ、もしくは「YES!」とコピペするだけ(10秒でできます。前者が「あなたにおすすめです」。ほら、早く急いで!)

 どちらのご回答にも誠意を持って、「え~、どっしようかなあ。こう見えて、呼ばれてホイホイついていくような軽い男じゃないから。ま、一度会うくらいなら別にいいけど。加藤先輩の会社、見てみたいな。な~んちゃって、テヘペロ」ってウザい件名で返信します。
 どうか読まずに見捨てないで下さい。

 ワッ! びっくりした?
 …てか、加藤先輩、まだいる?
 大丈夫大丈夫、後ちょっとで終わるから、3・2・1、さようなら!


 いぇ~い、2回戦突入!
 てか、ココはどこだ? 営業メール内? 営業ブログ内?

 ああ、早くマイホーム連載が欲しいなあ。
 よし、まだまだがんばるぞ、そろそろ企画趣旨に戻るか。

 あ、そうそう、途中でも全然使えますから、「YES!YES!YES!/YES!カイトウ」は、どうぞご遠慮なさらずに。

 さて、既にご存知の通り、私は営業メール弁慶なので今は厚着してるように見えるかもしれませんが、実際にはアウラはまとってません、ほぼ全裸みたいなもんです。
 ええ実は、まだ企画趣旨に戻ってないんです。

 だからね、抑えきれない活字衝動に突き動かされてすぐに暴走しちゃう書き手を、上手に乗りこなせる腕のいい編集者がどこかにいないかなあって。
 K・Sか、S・K系イニシャルの編集者がいいなあ。

 とにかく早いとこ、ちゃんと捕まえて、ギュッとしててくれないと、「指をくわえて眺めている」とどっかいっちゃうぞ。

 とりあえずいい加減、企画趣旨に逃げます。
 えっ~と、なので、「今回のおじさん、どうやってWEBゼニを稼いだのかなあ。いくら稼いだかは、食べたWEBメシ写真で分かるはず。またチロルチョコ1個かよ、送料の方が高いだろ、マンモス受けるんですけど」ってJCやJKにキャーキャー言われること請け合いです。

「くそ~、いつかおまえらも食ってやる!」、「私たちは路上販売のみで~す。おじさんはWEBで買えるもの縛りがあるからムリじゃね?」、「え、そんなWEB縛り、いつの間に?」、「遅れてるぅ~」。

 そんな弱肉強食なWEBメシ界の生態を余すところなく、もう頭の中から財布の中まで全部オープン化し、後進のWEBメシ屋さんのために、生きて動くWEBメシの教科書をお披露目ショー!
 ほら、見てミソ!

「kogureookami@hotmail.co.jp様
cakes(ケイクス)をご利用いただきまして、ありがとうございます。
cakesの購読手続きが確認できましたので
ご案内いたします。
===================================
契約日:2014年01月20日
購読料: 500円 / 30日間(税込)
契約期間:2014年02月18日 23:59まで
     (最終日前日までに解約手続きのない場合は 500円 / 30日間 にて自動更新)
対応機器:PC・タブレット・スマートフォン
===================================」

 え~、願いましては、2014年2月14日現在、『がんばれWEBメシ』の売り上げは0円、必要経費は500円なので、スタート前から既に赤字です。

『cakes』は週150円から購入できますが、『株式会社がんばれWEBメシ』の経営者として、チマチマ週150円ずつ週払いで先行投資するのもアレなので、ド~ンと大人買いの月払い先行投資で大貨500円玉を突っ込んでやりましたよ。
 ハイリスクハイリターン! ま、501円以上稼いだら、俺のビジネスモデルの勝ちってことで。

 もちろん公文式上がりのビジネス感覚で、「週150円ずつの週払いだと、1週間は7日間だから、7日間×4週で28日間。週150円×4週で600円。つまり週150円ずつの週払いだと28日間で600円。

 それがなんと、奥さん、メモのご用意はいいですか?
 一括の月払いだと、ま、まさかの30日間で500円ポッキリ! つまり週払いより、2日間&100円もお買い得!

 これが100年間だと、ちゅうちゅうたこかいなで、週払いより月払いのほうが、2400日間&12万円もお得です! もう買いです、即買い、買い占めだ!

 え、宣伝の見返り? そんなの別にいいですよ、連載1コくらいで。

 それはそうとして、そうか、俺の契約期間終了まで残り4日間かあ。
 あ、別にそんな解約手続きの準備を整えるぞ系の脅しとかそういうつもりじゃ全然ないんで、いや~、読者ってホントわがままですね~。
 そこがまた、かわいいところですけど。

 でも、俺は今、読者兼営業メールマンなので、このまま自動更新し、2014年3月14日のホワイトデーまでは待ちます宣言!

 あ、別にバレンタインデーのお返しとかそんなの全然期待してないですから、お気になさらずに。
 そう言えば、関係ないんですけど、『cakes』って素敵なお店の連載がおいしいんですってよ、オホホ。
 あ、一旦、CMに入りま~す。

「(5)メールの返事が超早い
 上と関連していますが、メールの返事も超早いです。決断力もさることながら、非常にたくさんのメールを受け取るので、ためると破綻してしまうのです。彼らから返事がもらえないときは、単に忘れているか、あるいは自分が出したメールがわかりにくいことを疑ったほうがいいかもしれません。」(「超成果を出している人に共通する11の秘訣」(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/115/115080/)より引用)。

「加藤 それにしても、①の「原稿を受け取ったら1秒でも早く返信する」が一番グサッときました。これができるだけでも相当いい編集者ですよ」(「古賀史健×加藤貞顕【後編】信頼される編集者の条件」(https://cakes.mu/posts/849)より引用)

「cakesよくある質問の「4. コンテンツについて」の「4-3. 自分もcakesにコンテンツを掲載したい」に、「個別のご相談には応じていますので、コンテンツを掲載したいクリエイター・コンテンツホルダーの方は、info@pieceofcake.co.jpまでご一報ください。」との文言(https://cakes.mu/faq)」

 ハイ、妙にベストタイミングなCMは以上です!

 ちなみに、2014年3月14日のホワイトデーまでに加藤先輩から「YES!YES!YES!」も「YES!」のご連絡も頂けなかった場合は、『cakes』宛てに弊営業メールを送り直しさせて頂きます。

「もう、加藤先輩ったら、忘れん坊さんなんだから。こんなメール、加藤先輩以外に見られるの恥ずかしいのに、連載通ったら公開するけど。ううん、きっと迷惑フォルダに自動直行されちゃったのよ、加藤先輩のgmailのバカ!」って泣きながら、わかりにくい弊営業メールをちゃんと書き直してから。

 ええええ、どうせ私なんか、「自分が出したメールがわかりにくいことを疑ったほうがいい」組ですよ~だ!
 もうすっごい分かりやすくグレてやる!

 ピンポンパンポ~ン、ストーカー宣言中ですが、最新赤字情報をお知らせします。累積赤字が1000円と4ケタの大台に乗りました。

 あ、それがどうした? 経費? 人件費? コスパ?
 ガキの遊びじゃねんだよ、大人の遊びはよう。

 俺は未来のWEBメシ界と活字界を背負ってたつ男だぜ。
 来るべき評価経済社会とやらで、WEBメシ界の歴史に名を残すプレイヤーとして、とりあえず初代WEBメシ大統領の座に一気に登りつめる。
 ヨッ、WEBメシ大統領!

 いいか、いまだに活字を変にありがたがるから、活字が舐められて負けっぱなしなんだよ。
 本なんて投げ飛ばしたり、踏んづけたり、跨いで顔騎してやりゃいいんだよ、こんなもん。

 活字なんて見下して、チンコマンコだけ書いてりゃいいんだ。
 オカンに「そんなもん読むんじゃありません。不良になっちゃうわよ」って意見だけ言わせろ。

 いつまでもよう、俺の大事でかわいい活字ちゃんが、ゲームだテレビだ映画だ音楽だ芸術だスポーツだなんかに、負け続けてたまっかよ。

 俺は活字の商人だ。だから、活字で勝負して、天下獲んだ。
 その暁には、加藤先輩にまだ誰も見たことない活字世界を一番最初に見せてあげたいんだ、いや、WEBメシ界&活字界の頂きに一緒に立って、声を揃えて「ヤッホ~」って叫びたいんだ。
 やまびこ、カモン!「ヤッホ~ヤッホ~だから力を貸して欲しいヤッホ~ヤッホ~」。

 ふぅ~、危ねえ危ねえ、今、やまびこに「みんな、オラに元気を分けてくれ、ばいちゃ」ってサムいこと書きそうになっちゃった、セーフ!

 でも、アウトなこともある。
 実は粉飾決算してました。
 そう、隠し経費があったんです、いちいち書くのが面倒臭くて、ほら。

『武器としての書く技術 30万人に届けて月50万円稼ぐ! 新しい*文章術(俺注:「*」は「丸秘マーク」)』(イケダハヤト著 中経出版 1575円)

『評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている』(岡田斗司夫著 ダイヤモンド社 1575円)

『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』(岡田斗司夫・福井健策著 ダイヤモンド社 1470円)

『MEDIA MAKERS 社会が動く「影響力」の正体』(田端新太郎著 宣伝会議 1680円)

『新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする』(NHK「ジセダイ勉強会」編 NHK出版 1470円)

『AR三兄弟の企画書』(川田十夢著 日経BP社 1470円)

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』(堀江貴文著 ダイヤモンド社 1470円)

『英語耳 発音ができるとリスリングができる』(松澤喜好著 アスキー・メディアワークス 1680円)

『スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学』(吉本佳生著 ダイヤモンド社 1680円)

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海著 ダイヤモンド社 1680円)

『マイ・ドリーム バラク・オバマ自伝』(バラク・オバマ著 白倉三紀子/木内裕也訳 ダイヤモンド社 2520円)

『羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる』(梅田望夫著 中公文庫 840円)

『ルールを変える思考法』(川上量夫著 角川EPUB選書 1470円)

 以上、願いましては~、資料本13冊で、2万とんで580円。

『cakes』の購読料2ヶ月分1000円とあわせて、2万1580円の大赤字!
 キンドルなんたら買えたじゃん。

 このスタートダッシュ前の累積大赤字を見たら、もう後には引くに引けません。
 うちが国家ならとっくに破綻して、暴動が起きているレベルですよ。

 よかった~、うちはWEBで代々続く、老舗のWEBメシ屋さんで。
 ヨッ、『がんばれWEBメシ』屋!

 さあ、ドンドン元を取るぞ~。
 まずは、「WEB界のすべては、WEBメシのタネ!」を合言葉に、とりあえず営業メール弁慶から、『cakes』弁慶にレベルアップしようと思う。

 え、WEBは広い?
 知ってます、でもいきなり営業メールから、『cakes』すっ飛ばして、お外のWEB界に出ると怖いじゃん。

 だから、営業メール弁慶→ケイクス弁慶→WEB弁慶と、ちゃんと弁慶のABCの手順を踏んでからじゃないと。
 そんな、いきなりD弁慶とかホントありえないから、WEBメシ入り前の乙女中年男子がはしたない。

 とりあえず同じ『cakes』釜のWEBメシを食う『cakes』連載陣にからんでいきます。今、加藤先輩にからんでいる感じで。

 でも、一番好きなのは、ずっと加藤先輩に決まってるじゃん。
 ちょっと、もうナニ言わせんのよ。

 それに加藤先輩にとっても悪い話じゃありませんぜ。
 同じ『cakes』釜のWEBメシを食う仲間である、『cakes』連載陣同士が絡めば、間違いなく「ウィンウィンの関係」を、分かりました、書きますよ書けばいいんでしょ、「ウィ~ンウィ~ンの関係」を築けるのではないでしょうか!

 当然、『cakes』もそこに絡んでくるので、もうくんずほぐれつの三つ巴で、「ウィ~ンウィ~ンウィ~ンの関係」を一緒に築きましょう、ぶっといバイブみたいに長くて太くて固くて長持ちなトライアングルな絆を!

 その第一歩として、「キミとウィ~ンウィ~ンの関係を築きたいんだ」とメールすると怒りそうな『cakes』連載陣をコッソリ教えてください。

 ほら、そのへんはもう、私も世間の酸いも甘いも知り尽くしたアダルティですから、目配せひとつで、ツーと言えばカーです。

 シレっといつものようにWEBメシ大河ノンフィクションを謳いながら、我が『がんばれWEBメシ』はそのリスト片手に、激怒マークがついている順に「ウィ~ンウィ~ン」と突撃して行くのであった(完)

 まあ、当然終わらないわけですけどね、だって遠の昔に終わっているはずですから、リストの加藤先輩のとこに激怒マークがついてたら。

「ただ、あくまで中学時代の加藤先輩読者向けに書いているのでギリギリセーフかなあ、アウトセーフよよいのマンコ!
 ココだけの話、中坊なんてバカっすから、マンコマンコ言ってりゃ、OKっす!
 何の話でしたっけ、てか、大人の営業メール内でマンコ連呼するのはアウトセーフよよいのごマンなさい。」

 もちろんMAXでも上記の「」内程度に抑えるつもりです、およそで「ウィ~ンウィ~ン」するときは。

 と言ってもアレでしょうから、あらかじめ『がんばれWEBメシ』の作戦リストを加藤先輩にお渡ししますので、毎回ふたりっきりの作戦会議を経た上で、例の「ウィ~ンウィ~ン」を仕掛ける手筈で、よろしいでありましょうか!

 さっそく2、3「ウィ~ンウィ~ン」作戦をこしらえてみました!

○『がんばれWEBメシ コバンザメ商法編』
 いきなり『がんばれWEBメシ』を1本立ち連載させるのは不安という方向きの作戦です。

 まずコバンザメってご存知でしょうか?
 ええ、それなら話が早い。ま、そういうことです。

 最初は例えば、『川上量生の胸のうち』のケツあたりで、こっそり『がんばれWEBメシ』のコバンザメ連載をスタートする感じでしょうか。

 たぶん、川上氏にバレても、「親のしつけが悪い」って言われるくらいだから、きっと大丈夫希望です。
 もしアレでも、「でも、世間の親はみんな学がないんです。一緒にコンテンツ躾大学をやりましょう、目指せ、コンテンツ躾の東大!」とかなんとか言いながら、「WEBメシ」を仕掛けて誤魔化します。

 後、コバンザメ連載できそうなのは、石原まこちん先生の漫画のTシャツあたりに『がんばれWEBメシ』を載せて頂き、タッチすると拡大して読めるっていうハイテクコバンザメ連載もいけるって、加藤先輩が言ってました。

「新しい市場を創るデジタルコンテンツは新しい発想のもと作られなければいけないと思っています」
http://www.sbbit.jp/article/cont1/25240

「テクノロジーと情熱を組み合わせれれば、なんとでもなる、おもしろい時代がきていると思います」
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/107/107931/

 テクノロジーは関係ないですが、二村さんのとこもコバンザメ連載、イケそうですが、あそこはエロいから、うちのお堅いイメージ戦略的にはちょっとNGかな…。

 あ、そうだ、『がんばれWEBメシ』のイメージ的にピッタリなところがありました!
『彼女写真』です!

 いつだって『がんばれWEBメシ』は、いきなり高みにチャレンジし、おいしいWEBメシにありつくために、セクシーサバイバルするのが売りですから。
 いきなり社長相手とか人気連載相手とか気にしません。

 もちろん、ノーアイデアで『彼女写真』にコバンザメ連載させてくれなんて言いません。
 いいアイデア、いっぱいいるよ、シャチョさん!

 なんか『彼女写真』のふたりが、読者に内緒でこっそりと交換日記を始めましたって設定で、『がんばれWEBメシ』をふたりの交換日記として載せておけば、「これ、かわいいよね?」ってなります!

 てか、別にならなくてもいいから、『彼女写真』でコバンザメ連載したい。
 うん、そうしようそうしよう。


○『がんばれWEBメシ プロデューサー商法編』
 長きに渡る、くだらない冗談はこのへんにし、ようやく本題です。
 ずいぶんとお待たせ致しました。

 恐れ多くも今まで馴れ馴れしく加藤先輩呼ばわりさせて頂いたのも、実はすべてこの本題の伏線ゆえ、どうかお許しください。
 冒頭らへんの、加藤先輩が新潟の中3のとき、俺は岐阜の中1でしたってくだりが伏線でした。

『がんばれWEBメシ 彼女写真プロデュース編』と題して、新潟編2みたいに、岐阜編2をプロデュースさせてつかわさい!

 もちろん岐阜編1もよかったですが、もっとエロい、もとい、もっと大人の付き合いを楽しめるオススメデートコースがあるんです!

 もう、いくらジャンプしてパンツ見えたって問題ない穴場だらけです、穴開きパンツだって、ノーパンだって大丈夫!

 カモン、ジャンプ!
 ダイブ、長良川!
 もちろん水着はヘッドフォン型のビキニをご用意しておきます。

「ヘッドフォンをつけたまま、間違えて川にダイブした彼女。
 あれ~、どこかな。もう案の定です。
 必死に水の中をキョロキョロ探す彼女。もうあきらめようよ。
 パシャ。小さな水音と一緒に、彼女のヘッドフォンをくわえた鵜が水の中から現れた!!!
 びっくりしながらも、去り行く鵜さんにありがとうと手を振りおえ、またヘッドフォンを濡れ髪にまとう彼女」。

 ええ、鵜だって、やるときはやってくれますよ。
 私も東京上京物語してちょうど丸20年、この岐阜編2をプロデュースするために、高校卒業するまでの18年間、岐阜くんだりでエロロケハンを続けていたんだなあと、よく分からぬ感慨もひとしおです。
 はっきり言って、岐阜編30くらいまでプロデュースできる自信があります!!!!!

 ふぅ~、もう満足満足。
 ああ、例のがんばれなんたらの件ね。ま、適当に人気のある連載のところに、週替りのたらい回しでコバンザメ連載させる方向で処理して頂いて構いませんことよ。


○『がんばれWEBメシ 彼女社員編』
 ちなみに今さっき、彼女写真と打とうとして、間違えて彼女社員と打ってしまって産まれたのが、『がんばれWEBメシ 彼女社員編』です。

 同じ会社同士で不純異性交遊な関係じゃなければ、彼女の職場の姿なんて知らないわけじゃないですか。

「やめてください、課長」、「いいだろ、減るもんじゃないだろ、部長」って課長の彼女が、定年間近の部長にセクハラしてるオフィスな風景を激写!

「WEB関係ないじゃん」とお思いでしょうが、課長彼女の会社はちゃんとWEB系だから大丈夫です、その辺の抜かりだけはございません。


○『がんばれWEBメシ 週替りたらい回しのコバンザメ連載を探せ商法編』
 え~、只今の時刻、2014年2月14日の19時43分でございます。

 もう、そろそろ、加藤先輩にバレンタインメールでも送って、上がろうかしらと思い、ふと現在の『cakes』の最新ランキング1位を見ると、『アイデアは思いつくだけでは意味がない』!

 また神の差配!
 そう、アイデアは連載って形にしないと報われません。
 なので予定を急遽変更し、もうバレンタインデー、ギリギリまでイケるところまでイキます。
 尻切れトンボに終わったら、また今度の合図ってことで。

 さて、先程「ま、適当に人気のある連載のところに、週替りのたらい回しでコバンザメ連載させる方向で処理」となりましたが、もちろん『がんばれWEBメシ』が今回はどの連載にコバンザメしているとかは発表しません。サメにも読者にも。

 なので、サメが「あれ、俺って、こんなデベソだっけ」と思ったときにはもう手遅れです。
 連載のブランドや著者の威光なんてなんのその。
『がんばれWEBメシ』にコバンザメされたら、誰だって1週間は我慢して頂きます。

「うちの連載企画設定は「キメラ型WEBメシ連載」の世界の構造に対応しています」。
 なんてコバンザメした連載のにわか知識を、サメのドテっ腹から発信したりします。

 たぶん『がんばれWEBメシ』の少数精鋭のコアファンと、ウォーリーを探せファンが、毎回「今回の『がんばれWEBメシ』はどこだ」とアチコチの連載を探し回ります。

 ツイッターなどで読者同士が「いたいた、今週は『彼女写真』にコバンザメ連載してた」、「またそこかよ、週替りでたらい回しの件はどうなったんだよ、なう」って情報交換を交わすことでしょう。
 ただし、コバンザメされたサメは情報発信禁止ルール適用です。

 当然、情報に疎い読者はそうとも知らず、普段なら開きもしない連載ページを開きまくって、『がんばれWEBメシ』を探すことになるので、難しいハイテクで「あなたへのおすすめ記事」と出てきても読まず嫌いで開きもしなかった連載を始めて目にし、「へ~、意外とおもしろいじゃん。もう『ウェメシ』はいいや」と読者の新発見の踏み台にも人柱にもなります、うちの『がんばれWEBメシ』ちゃんは。

 週替りでたらい回しされては、行く先々で嫌われる、コバンザメ連載なドサ回り暮らし。
 いつか安住の地に、『がんばれWEBメシ』御殿をと夢見ながら。


○『がんばれWEBメシ 毎月21日はぬかづけの日編』
 カレンダーをご覧下さい。
 毎月21日の上は14日です。
 14日はイシの日と読めます。

 つまり頭に石の乗っている21日は、ぬかづけの日だ!
 ぬかづけといえば、手が汚れて臭くなるのもいとわずにグルグルかきまわすと、より一層おいしくなりますよね。

 もちろん誰もがやりたがらない、毎月21日だけぬかづけ扱いされる『cakes』をかきまわす汚れ仕事は、『がんばれWEBメシ』が一手に引き受けます。

 だもんで、毎月21日は『cakes』のケーキのロゴイラストを、ちょっくらぬかづけイラストに変えてくんさいなも。

 そうすれば、「今月ももう、ぬかづけの日か」と連載陣や読者も気づきやすくなり、今月の21日は『がんばれWEBメシ』は一体何をやらかしてくれるんだろうと楽しみにするはずです。
 月1日くらいなら、まあ、仕方ないかと。


○『がんばれWEBメシ 毎月22日はローソクの日編』
 今までの作戦は確かに『cakes』全体を活性化させて、絡んだ連載先とは「ウィ~ンウィ~ン」な関係を築くという一面はございましたが、すべて他の連載のおこぼれを貰おうとする、志の低いさもしい作戦ばかりでした。

 もう『がんばれWEBメシ『cakes』いいWEBメシ やりたいWEBメシ』とか言い出しません。
 深く反省しました。
 なので戒めをこめて,毎月22日は『がんばれWEBメシ』はローソクの日になります。

 カレンダーをご覧下さい。
 毎月22日の上は15日です。
 そして、15日はイチゴの日と読めます。

 つまり頭に苺の乗っている22日は、ケーキの日だ!
 順番は前後しましたが、ぬかづけの日がケーキの日を真似したんです!

 でも差別化をはかるため、まず苺を捨てて、22日はケーキのみ状態にします。
 その後、ローソクをご用意ください。

 毎月21日になると、ぬかづけイラストに乗っ取られる『cakes』のケーキイラストにある日、ふと気づくとローソクが立っているんです。

 目ざとい読者が「あれ、ろうそくなんてささっていたかなあ。そういや、『cakes1周年記念企画』(https://cakes.mu/series/1838)のときにささってたか。でも、あんなかわいいローソクじゃないぞ、このまがまがしくうねったローソク(http://item.rakuten.co.jp/hapipi/10001739/)は」とローソクイラストに触れるや否や、飛びます飛びます。

 飛ばされた先は、「裏『cakes』へようこそ。ココにはまだ『がんばれWEBメシ』しかないけど、ゆっくり遊んでいってね」と。

 表『cakes』に『がんばれWEBメシ』を置いておくのはアレでも、裏『cakes』なら置いてもらえるかなあと、けなげに考えて。

 どうせ、うちなんて裏『cakes』だ、『cakes』番外地扱いがお似合いです。
 もう二度と表『cakes』でコバンザメ連載するとか言いません。
 もちろん、してもいいならします、当たり前じゃん。

 いつかそんな日が来るまで、裏『cakes』の帝王として、迷い込んだ読者を飼い殺しにし、ココで一生をまっとうします。

 あ、言うの忘れてましたがもちろん、ココに迷い込んだ読者はもう二度と表『cakes』には戻れません。裏『cakes』の存在を知ってしまったから。

 そのうち、『cakes』で消える読者が続出しているという噂がたちます。
 その不安がピークに達したころ、「あれ~、どした?」とたまたま表『cakes』に出張に来ていた『がんばれWEBメシ』が事情を聞き、「ああ、そうなんだ、それは心配だね。ところで裏『彼女写真』って見たくね?」って勧誘を始めるんです。

 ちょっと待ってくださいね。今、2014年2月14日の23時48分なんですよね。
 さすがに、「裏『彼女写真』見たくね?」とか言ってる時間じゃない。

 備忘録代わりにあらすじだけ書いておくと、表『cakes』と裏『cakes』にトレード制が導入されることになりましてね…いや、だから、時間ないって、バレンタインデー終わっちゃうよ。
 それに裏『cakes』は存在も知られちゃいけないんじゃなかったのかよ。

 毎月22日の『がんばれWEBメシ』の営業日には、ケーキイラストにぶっさした、うねるローソクに火をともし、『cakse』をやさしく暖かくします。

 ま、そりゃ、たまにローソクの1滴や2滴は垂れますが、大丈夫大丈夫、うちのはプロ用の低温ローソクだから見た目ほど熱くない!
 心配ならあらかじめローションを塗ってから垂らすと全然熱くないぞ!
 だから、ぶっといローソクの小さな炎を消さないでぇ~。

 では、よきバレンタインデーを、後数分、間に合えば!

images.jpg

 あ、噂の加藤先輩にすぐ吹き消された……のか!?(続く)

【捨て】
○『がんばれWEBメシ クーリングオフ商法編』
 うちは営業メール界の『Javari』です。
 本家同様に返品し放題な上に、うちなら返品の郵送代もいらない!
 もしアレなら、逆に直接獲りにいく。
 ピンポーン、企画返しに貰いにきました。でも、手ぶらで帰りたくないなあ。

 さあ、なにをためらうことがあるんです。

「僕の編集者として関わってきた仕事は、大きく分けると、「語学」「お金」「コンピュータ」「WEBメシ」の4ジャンルがあります。ぶっちゃけ、最後のが一番好きだ」って加藤先輩に言わせたいだけなんです。

 まあ、これも何かのご縁ということで、せっかくなんで一回くらいうまいWEBメシでも食べにいきましょうよ?

「自分の名前や連絡先を出すのを怖がる風潮も、炎上をおそれた結果の弊害ですよね。僕自身は、ネットに携帯電話の番号も出していますけど。」(https://cakes.mu/posts/2351

 加藤先輩ひとり燃えさせませんよ。
 信じてついてきます、本名と電話番号です。
「●●●●、090-●●●●ー●●●●(追記:2014年4月14日(月)ですが、もうホワイトデーから1か月経ったし、そのうちコレもWEBメシのタネにしますので、伏字のモロ裏を見たい方はコッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)」。
 本気です。でも、ガラケーです。

 近日、『がんばれWEBメシ』、ローンチ予定! 乞うご期待!

『WEBメシのタネ⑰ ネタバレ注意! 最後の最後に見てね編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56119074.html

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)編』 第2回 企画案単体』

 2014年2月14日(金)に『cakes(ケイクス)』編集長の加藤先輩に送りつけ商法した、ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールの文中に、「企画案単体は『がんばれWEBメシのWEBメシのタネ倉庫みたいなところ?』って即席ブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami)に後で放り込んでおきます」と記載しましたが、ヤフーブログは文字制限がきついので、ヤフーブログの該当ページ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145686.html)等に記載した通り、文字制限がないコチラに記載しておきます。

●企画案単体
「1)企画名
『がんばれWEBメシ~6年間の育休帰りライターがWEBでメシを食うためにがんばって食探しする件まとめ?~』(略称案は『もしメシ』で)

2)企画趣旨
 WEBでメシを食っていく。
 そんな人類の新たな夢に挑むにふさわしき人体実験者が彗星のごとく現れた。

「2014年2月14日現在、ツイッターのフォロワー数0人(https://twitter.com/kogureookami)、フェイスブックの「いいね!」0個(https://www.facebook.com/ookami.kogure)」の輝かしい経歴を誇る、6年間の育休帰りのライター小暮大上がWEBメシの人体実験の生贄に名乗りをあげたのだ。

 右も左も分からぬWEB界で、時代遅れの昭和男子(ガラケー、XP、ブラウン管テレビ、ドラクエⅣ止まり、任天堂ディスクシステム止まり、CDウォークマン派)でも、ちゃんとWEBメシにありつけることを証明するため、体を張ってトライ&エラーを繰り返しながら、明るく楽しくセクシーサバイバル!

 かならずや、「コイツにWEBメシが食えるなら」と読者に夢と希望と「今、なんつった? てめえ、ナニ中だ、コラ!」を与えます。

 そして、当面の目標を掲げます。
 題して、『「フォロワー0人、いいね!0個」からの「フォロワー100万人、いいね!1日100マンコ!」』大作戦、作戦コードネーム・マンコ!

 ええ、知ってます、世の中は中学生読者ばっかじゃなく、オカン読者も!
 いや、ママ、違うんだよ、コレは。
 あの~、その~、ボクちゃんはイヤだったんだけど、加藤先輩が無理矢理言えって、「俺が中3のとき、お前は中1だったろ」とも。

 さて、オカンの意見を聞かず、企画名に「WEBメシ」って書いたせいで、がんばってWEBで稼いだゼニは、全部WEBでの買い食いに突っ込まざるを得ません。
 WEBメシっこは宵越しのWEBゼニはもたねえぜ。

 もちろんWEBゼニもWEBメシもすべて包み隠さずにさらけ出します! 加藤先輩のお許しが出れば「PVシェア」だってなんのその。
 もし問題があれば、「PVシェアの順位」だってなんのそのか、加藤先輩との恋の行方だってなんのそのかに変更する覚悟あり。

 そうやって地道にゲットしたWEBメシの証拠写真は言うに及ばず、稼いだWEBゼニも毎回毎回、1円単位違わぬ現ナマを用意し、「いいねえいいねえ、アルミの輝きがピカリとエロいよ。次、ジャンプしてみようか、1円玉ちゃん」とブツ撮り撮影会の段取りにも、ライターとしての丁寧な仕事ぶりをピカリと発揮。

 しかも撮影の腕だって、ビデオカメラマンとして300組以上の結婚式を昔、撮った杵柄です(←照れずに堂々と、親父ギャグもイケる口です)。

 更に、もっと言えば、「1円玉 アルミ エロ」でヤフー検索し(約67200件ヒット)、あやふやな知識の裏づけをちゃんと取る、ジャーナリスティックな調査報道を心掛ける一面は、俺の本職が戦場特派員だからである。

 ええ、もちろん全部本当ですが、いちいち書き出すとただでさえクソ長い企画趣旨が、どこまでも果てしなく長くなるので…じゃあ、詳しい諸々の説明は今度、加藤先輩とお会いした際にでも、え、会ってくれるの?

 じゃあ、もしよろしければ、『新婚さんいらっしゃい!』の「YES/NOマクラ」にインスパイアされて作った、メールの件名にコピペするだけで使える「YES!YES!YES!/YES!カイトウ」をご使用ください。

 具体的に言うと、メールの件名に「YES!YES!YES!」とコピペ、もしくは「YES!」とコピペするだけ(10秒でできます。前者が「あなたにおすすめです」。ほら、早く急いで!)

 どちらのご回答にも誠意を持って、「え~、どっしようかなあ。こう見えて、呼ばれてホイホイついていくような軽い男じゃないから。ま、一度会うくらいなら別にいいけど。加藤先輩の会社、見てみたいな。な~んちゃって、テヘペロ」ってウザい件名で返信します。
 どうか読まずに見捨てないで下さい。

 ワッ! びっくりした?
 …てか、加藤先輩、まだいる?
 大丈夫大丈夫、後ちょっとで終わるから、3・2・1、さようなら!


 いぇ~い、2回戦突入!
 てか、ココはどこだ? 営業メール内? 営業ブログ内?

 ああ、早くマイホーム連載が欲しいなあ。
 よし、まだまだがんばるぞ、そろそろ企画趣旨に戻るか。

 あ、そうそう、途中でも全然使えますから、「YES!YES!YES!/YES!カイトウ」は、どうぞご遠慮なさらずに。

 さて、既にご存知の通り、私は営業メール弁慶なので今は厚着してるように見えるかもしれませんが、実際にはアウラはまとってません、ほぼ全裸みたいなもんです。
 ええ実は、まだ企画趣旨に戻ってないんです。

 だからね、抑えきれない活字衝動に突き動かされてすぐに暴走しちゃう書き手を、上手に乗りこなせる腕のいい編集者がどこかにいないかなあって。
 K・Sか、S・K系イニシャルの編集者がいいなあ。

 とにかく早いとこ、ちゃんと捕まえて、ギュッとしててくれないと、「指をくわえて眺めている」とどっかいっちゃうぞ。

 とりあえずいい加減、企画趣旨に逃げます。
 えっ~と、なので、「今回のおじさん、どうやってWEBゼニを稼いだのかなあ。いくら稼いだかは、食べたWEBメシ写真で分かるはず。またチロルチョコ1個かよ、送料の方が高いだろ、マンモス受けるんですけど」ってJCやJKにキャーキャー言われること請け合いです。

「くそ~、いつかおまえらも食ってやる!」、「私たちは路上販売のみで~す。おじさんはWEBで買えるもの縛りがあるからムリじゃね?」、「え、そんなWEB縛り、いつの間に?」、「遅れてるぅ~」。

 そんな弱肉強食なWEBメシ界の生態を余すところなく、もう頭の中から財布の中まで全部オープン化し、後進のWEBメシ屋さんのために、生きて動くWEBメシの教科書をお披露目ショー!
 ほら、見てミソ!

「kogureookami@hotmail.co.jp様
cakes(ケイクス)をご利用いただきまして、ありがとうございます。
cakesの購読手続きが確認できましたので
ご案内いたします。
===================================
契約日:2014年01月20日
購読料: 500円 / 30日間(税込)
契約期間:2014年02月18日 23:59まで
     (最終日前日までに解約手続きのない場合は 500円 / 30日間 にて自動更新)
対応機器:PC・タブレット・スマートフォン
===================================」

 え~、願いましては、2014年2月14日現在、『がんばれWEBメシ』の売り上げは0円、必要経費は500円なので、スタート前から既に赤字です。

『cakes』は週150円から購入できますが、『株式会社がんばれWEBメシ』の経営者として、チマチマ週150円ずつ週払いで先行投資するのもアレなので、ド~ンと大人買いの月払い先行投資で大貨500円玉を突っ込んでやりましたよ。
 ハイリスクハイリターン! ま、501円以上稼いだら、俺のビジネスモデルの勝ちってことで。

 もちろん公文式上がりのビジネス感覚で、「週150円ずつの週払いだと、1週間は7日間だから、7日間×4週で28日間。週150円×4週で600円。つまり週150円ずつの週払いだと28日間で600円。

 それがなんと、奥さん、メモのご用意はいいですか?
 一括の月払いだと、ま、まさかの30日間で500円ポッキリ! つまり週払いより、2日間&100円もお買い得!

 これが100年間だと、ちゅうちゅうたこかいなで、週払いより月払いのほうが、2400日間&12万円もお得です! もう買いです、即買い、買い占めだ!

 え、宣伝の見返り? そんなの別にいいですよ、連載1コくらいで。

 それはそうとして、そうか、俺の契約期間終了まで残り4日間かあ。
 あ、別にそんな解約手続きの準備を整えるぞ系の脅しとかそういうつもりじゃ全然ないんで、いや~、読者ってホントわがままですね~。
 そこがまた、かわいいところですけど。

 でも、俺は今、読者兼営業メールマンなので、このまま自動更新し、2014年3月14日のホワイトデーまでは待ちます宣言!

 あ、別にバレンタインデーのお返しとかそんなの全然期待してないですから、お気になさらずに。
 そう言えば、関係ないんですけど、『cakes』って素敵なお店の連載がおいしいんですってよ、オホホ。
 あ、一旦、CMに入りま~す。

「(5)メールの返事が超早い
 上と関連していますが、メールの返事も超早いです。決断力もさることながら、非常にたくさんのメールを受け取るので、ためると破綻してしまうのです。彼らから返事がもらえないときは、単に忘れているか、あるいは自分が出したメールがわかりにくいことを疑ったほうがいいかもしれません。」(「超成果を出している人に共通する11の秘訣」(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/115/115080/)より引用)。

「加藤 それにしても、①の「原稿を受け取ったら1秒でも早く返信する」が一番グサッときました。これができるだけでも相当いい編集者ですよ」(「古賀史健×加藤貞顕【後編】信頼される編集者の条件」(https://cakes.mu/posts/849)より引用)

「cakesよくある質問の「4. コンテンツについて」の「4-3. 自分もcakesにコンテンツを掲載したい」に、「個別のご相談には応じていますので、コンテンツを掲載したいクリエイター・コンテンツホルダーの方は、info@pieceofcake.co.jpまでご一報ください。」との文言(https://cakes.mu/faq)」

 ハイ、妙にベストタイミングなCMは以上です!

 ちなみに、2014年3月14日のホワイトデーまでに加藤先輩から「YES!YES!YES!」も「YES!」のご連絡も頂けなかった場合は、『cakes』宛てに弊営業メールを送り直しさせて頂きます。

「もう、加藤先輩ったら、忘れん坊さんなんだから。こんなメール、加藤先輩以外に見られるの恥ずかしいのに、連載通ったら公開するけど。ううん、きっと迷惑フォルダに自動直行されちゃったのよ、加藤先輩のgmailのバカ!」って泣きながら、わかりにくい弊営業メールをちゃんと書き直してから。

 ええええ、どうせ私なんか、「自分が出したメールがわかりにくいことを疑ったほうがいい」組ですよ~だ!
 もうすっごい分かりやすくグレてやる!

 ピンポンパンポ~ン、ストーカー宣言中ですが、最新赤字情報をお知らせします。累積赤字が1000円と4ケタの大台に乗りました。

 あ、それがどうした? 経費? 人件費? コスパ?
 ガキの遊びじゃねんだよ、大人の遊びはよう。

 俺は未来のWEBメシ界と活字界を背負ってたつ男だぜ。
 来るべき評価経済社会とやらで、WEBメシ界の歴史に名を残すプレイヤーとして、とりあえず初代WEBメシ大統領の座に一気に登りつめる。
 ヨッ、WEBメシ大統領!

 いいか、いまだに活字を変にありがたがるから、活字が舐められて負けっぱなしなんだよ。
 本なんて投げ飛ばしたり、踏んづけたり、跨いで顔騎してやりゃいいんだよ、こんなもん。

 活字なんて見下して、チンコマンコだけ書いてりゃいいんだ。
 オカンに「そんなもん読むんじゃありません。不良になっちゃうわよ」って意見だけ言わせろ。

 いつまでもよう、俺の大事でかわいい活字ちゃんが、ゲームだテレビだ映画だ音楽だ芸術だスポーツだなんかに、負け続けてたまっかよ。

 俺は活字の商人だ。だから、活字で勝負して、天下獲んだ。
 その暁には、加藤先輩にまだ誰も見たことない活字世界を一番最初に見せてあげたいんだ、いや、WEBメシ界&活字界の頂きに一緒に立って、声を揃えて「ヤッホ~」って叫びたいんだ。
 やまびこ、カモン!「ヤッホ~ヤッホ~だから力を貸して欲しいヤッホ~ヤッホ~」。

 ふぅ~、危ねえ危ねえ、今、やまびこに「みんな、オラに元気を分けてくれ、ばいちゃ」ってサムいこと書きそうになっちゃった、セーフ!

 でも、アウトなこともある。
 実は粉飾決算してました。
 そう、隠し経費があったんです、いちいち書くのが面倒臭くて、ほら。

『武器としての書く技術 30万人に届けて月50万円稼ぐ! 新しい*文章術(俺注:「*」は「丸秘マーク」)』(イケダハヤト著 中経出版 1575円)

『評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている』(岡田斗司夫著 ダイヤモンド社 1575円)

『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』(岡田斗司夫・福井健策著 ダイヤモンド社 1470円)

『MEDIA MAKERS 社会が動く「影響力」の正体』(田端新太郎著 宣伝会議 1680円)

『新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする』(NHK「ジセダイ勉強会」編 NHK出版 1470円)

『AR三兄弟の企画書』(川田十夢著 日経BP社 1470円)

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』(堀江貴文著 ダイヤモンド社 1470円)

『英語耳 発音ができるとリスリングができる』(松澤喜好著 アスキー・メディアワークス 1680円)

『スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学』(吉本佳生著 ダイヤモンド社 1680円)

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海著 ダイヤモンド社 1680円)

『マイ・ドリーム バラク・オバマ自伝』(バラク・オバマ著 白倉三紀子/木内裕也訳 ダイヤモンド社 2520円)

『羽生善治と現代 だれにも見えない未来をつくる』(梅田望夫著 中公文庫 840円)

『ルールを変える思考法』(川上量夫著 角川EPUB選書 1470円)

 以上、願いましては~、資料本13冊で、2万とんで580円。

『cakes』の購読料2ヶ月分1000円とあわせて、2万1580円の大赤字!
 キンドルなんたら買えたじゃん。

 このスタートダッシュ前の累積大赤字を見たら、もう後には引くに引けません。
 うちが国家ならとっくに破綻して、暴動が起きているレベルですよ。

 よかった~、うちはWEBで代々続く、老舗のWEBメシ屋さんで。
 ヨッ、『がんばれWEBメシ』屋!

 さあ、ドンドン元を取るぞ~。
 まずは、「WEB界のすべては、WEBメシのタネ!」を合言葉に、とりあえず営業メール弁慶から、『cakes』弁慶にレベルアップしようと思う。

 え、WEBは広い?
 知ってます、でもいきなり営業メールから、『cakes』すっ飛ばして、お外のWEB界に出ると怖いじゃん。

 だから、営業メール弁慶→ケイクス弁慶→WEB弁慶と、ちゃんと弁慶のABCの手順を踏んでからじゃないと。
 そんな、いきなりD弁慶とかホントありえないから、WEBメシ入り前の乙女中年男子がはしたない。

 とりあえず同じ『cakes』釜のWEBメシを食う『cakes』連載陣にからんでいきます。今、加藤先輩にからんでいる感じで。

 でも、一番好きなのは、ずっと加藤先輩に決まってるじゃん。
 ちょっと、もうナニ言わせんのよ。

 それに加藤先輩にとっても悪い話じゃありませんぜ。
 同じ『cakes』釜のWEBメシを食う仲間である、『cakes』連載陣同士が絡めば、間違いなく「ウィンウィンの関係」を、分かりました、書きますよ書けばいいんでしょ、「ウィ~ンウィ~ンの関係」を築けるのではないでしょうか!

 当然、『cakes』もそこに絡んでくるので、もうくんずほぐれつの三つ巴で、「ウィ~ンウィ~ンウィ~ンの関係」を一緒に築きましょう、ぶっといバイブみたいに長くて太くて固くて長持ちなトライアングルな絆を!

 その第一歩として、「キミとウィ~ンウィ~ンの関係を築きたいんだ」とメールすると怒りそうな『cakes』連載陣をコッソリ教えてください。

 ほら、そのへんはもう、私も世間の酸いも甘いも知り尽くしたアダルティですから、目配せひとつで、ツーと言えばカーです。

 シレっといつものようにWEBメシ大河ノンフィクションを謳いながら、我が『がんばれWEBメシ』はそのリスト片手に、激怒マークがついている順に「ウィ~ンウィ~ン」と突撃して行くのであった(完)

 まあ、当然終わらないわけですけどね、だって遠の昔に終わっているはずですから、リストの加藤先輩のとこに激怒マークがついてたら。

「ただ、あくまで中学時代の加藤先輩読者向けに書いているのでギリギリセーフかなあ、アウトセーフよよいのマンコ!
 ココだけの話、中坊なんてバカっすから、マンコマンコ言ってりゃ、OKっす!
 何の話でしたっけ、てか、大人の営業メール内でマンコ連呼するのはアウトセーフよよいのごマンなさい。」

 もちろんMAXでも上記の「」内程度に抑えるつもりです、およそで「ウィ~ンウィ~ン」するときは。

 と言ってもアレでしょうから、あらかじめ『がんばれWEBメシ』の作戦リストを加藤先輩にお渡ししますので、毎回ふたりっきりの作戦会議を経た上で、例の「ウィ~ンウィ~ン」を仕掛ける手筈で、よろしいでありましょうか!

 さっそく2、3「ウィ~ンウィ~ン」作戦をこしらえてみました!

○『がんばれWEBメシ コバンザメ商法編』
 いきなり『がんばれWEBメシ』を1本立ち連載させるのは不安という方向きの作戦です。

 まずコバンザメってご存知でしょうか?
 ええ、それなら話が早い。ま、そういうことです。

 最初は例えば、『川上量生の胸のうち』のケツあたりで、こっそり『がんばれWEBメシ』のコバンザメ連載をスタートする感じでしょうか。

 たぶん、川上氏にバレても、「親のしつけが悪い」って言われるくらいだから、きっと大丈夫希望です。
 もしアレでも、「でも、世間の親はみんな学がないんです。一緒にコンテンツ躾大学をやりましょう、目指せ、コンテンツ躾の東大!」とかなんとか言いながら、「WEBメシ」を仕掛けて誤魔化します。

 後、コバンザメ連載できそうなのは、石原まこちん先生の漫画のTシャツあたりに『がんばれWEBメシ』を載せて頂き、タッチすると拡大して読めるっていうハイテクコバンザメ連載もいけるって、加藤先輩が言ってました。

「新しい市場を創るデジタルコンテンツは新しい発想のもと作られなければいけないと思っています」
http://www.sbbit.jp/article/cont1/25240

「テクノロジーと情熱を組み合わせれれば、なんとでもなる、おもしろい時代がきていると思います」
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/107/107931/

 テクノロジーは関係ないですが、二村さんのとこもコバンザメ連載、イケそうですが、あそこはエロいから、うちのお堅いイメージ戦略的にはちょっとNGかな…。

 あ、そうだ、『がんばれWEBメシ』のイメージ的にピッタリなところがありました!
『彼女写真』です!

 いつだって『がんばれWEBメシ』は、いきなり高みにチャレンジし、おいしいWEBメシにありつくために、セクシーサバイバルするのが売りですから。
 いきなり社長相手とか人気連載相手とか気にしません。

 もちろん、ノーアイデアで『彼女写真』にコバンザメ連載させてくれなんて言いません。
 いいアイデア、いっぱいいるよ、シャチョさん!

 なんか『彼女写真』のふたりが、読者に内緒でこっそりと交換日記を始めましたって設定で、『がんばれWEBメシ』をふたりの交換日記として載せておけば、「これ、かわいいよね?」ってなります!

 てか、別にならなくてもいいから、『彼女写真』でコバンザメ連載したい。
 うん、そうしようそうしよう。


○『がんばれWEBメシ プロデューサー商法編』
 長きに渡る、くだらない冗談はこのへんにし、ようやく本題です。
 ずいぶんとお待たせ致しました。

 恐れ多くも今まで馴れ馴れしく加藤先輩呼ばわりさせて頂いたのも、実はすべてこの本題の伏線ゆえ、どうかお許しください。
 冒頭らへんの、加藤先輩が新潟の中3のとき、俺は岐阜の中1でしたってくだりが伏線でした。

『がんばれWEBメシ 彼女写真プロデュース編』と題して、新潟編2みたいに、岐阜編2をプロデュースさせてつかわさい!

 もちろん岐阜編1もよかったですが、もっとエロい、もとい、もっと大人の付き合いを楽しめるオススメデートコースがあるんです!

 もう、いくらジャンプしてパンツ見えたって問題ない穴場だらけです、穴開きパンツだって、ノーパンだって大丈夫!

 カモン、ジャンプ!
 ダイブ、長良川!
 もちろん水着はヘッドフォン型のビキニをご用意しておきます。

「ヘッドフォンをつけたまま、間違えて川にダイブした彼女。
 あれ~、どこかな。もう案の定です。
 必死に水の中をキョロキョロ探す彼女。もうあきらめようよ。
 パシャ。小さな水音と一緒に、彼女のヘッドフォンをくわえた鵜が水の中から現れた!!!
 びっくりしながらも、去り行く鵜さんにありがとうと手を振りおえ、またヘッドフォンを濡れ髪にまとう彼女」。

 ええ、鵜だって、やるときはやってくれますよ。
 私も東京上京物語してちょうど丸20年、この岐阜編2をプロデュースするために、高校卒業するまでの18年間、岐阜くんだりでエロロケハンを続けていたんだなあと、よく分からぬ感慨もひとしおです。
 はっきり言って、岐阜編30くらいまでプロデュースできる自信があります!!!!!

 ふぅ~、もう満足満足。
 ああ、例のがんばれなんたらの件ね。ま、適当に人気のある連載のところに、週替りのたらい回しでコバンザメ連載させる方向で処理して頂いて構いませんことよ。


○『がんばれWEBメシ 彼女社員編』
 ちなみに今さっき、彼女写真と打とうとして、間違えて彼女社員と打ってしまって産まれたのが、『がんばれWEBメシ 彼女社員編』です。

 同じ会社同士で不純異性交遊な関係じゃなければ、彼女の職場の姿なんて知らないわけじゃないですか。

「やめてください、課長」、「いいだろ、減るもんじゃないだろ、部長」って課長の彼女が、定年間近の部長にセクハラしてるオフィスな風景を激写!

「WEB関係ないじゃん」とお思いでしょうが、課長彼女の会社はちゃんとWEB系だから大丈夫です、その辺の抜かりだけはございません。


○『がんばれWEBメシ 週替りたらい回しのコバンザメ連載を探せ商法編』
 え~、只今の時刻、2014年2月14日の19時43分でございます。

 もう、そろそろ、加藤先輩にバレンタインメールでも送って、上がろうかしらと思い、ふと現在の『cakes』の最新ランキング1位を見ると、『アイデアは思いつくだけでは意味がない』!

 また神の差配!
 そう、アイデアは連載って形にしないと報われません。
 なので予定を急遽変更し、もうバレンタインデー、ギリギリまでイケるところまでイキます。
 尻切れトンボに終わったら、また今度の合図ってことで。

 さて、先程「ま、適当に人気のある連載のところに、週替りのたらい回しでコバンザメ連載させる方向で処理」となりましたが、もちろん『がんばれWEBメシ』が今回はどの連載にコバンザメしているとかは発表しません。サメにも読者にも。

 なので、サメが「あれ、俺って、こんなデベソだっけ」と思ったときにはもう手遅れです。
 連載のブランドや著者の威光なんてなんのその。
『がんばれWEBメシ』にコバンザメされたら、誰だって1週間は我慢して頂きます。

「うちの連載企画設定は「キメラ型WEBメシ連載」の世界の構造に対応しています」。
 なんてコバンザメした連載のにわか知識を、サメのドテっ腹から発信したりします。

 たぶん『がんばれWEBメシ』の少数精鋭のコアファンと、ウォーリーを探せファンが、毎回「今回の『がんばれWEBメシ』はどこだ」とアチコチの連載を探し回ります。

 ツイッターなどで読者同士が「いたいた、今週は『彼女写真』にコバンザメ連載してた」、「またそこかよ、週替りでたらい回しの件はどうなったんだよ、なう」って情報交換を交わすことでしょう。
 ただし、コバンザメされたサメは情報発信禁止ルール適用です。

 当然、情報に疎い読者はそうとも知らず、普段なら開きもしない連載ページを開きまくって、『がんばれWEBメシ』を探すことになるので、難しいハイテクで「あなたへのおすすめ記事」と出てきても読まず嫌いで開きもしなかった連載を始めて目にし、「へ~、意外とおもしろいじゃん。もう『ウェメシ』はいいや」と読者の新発見の踏み台にも人柱にもなります、うちの『がんばれWEBメシ』ちゃんは。

 週替りでたらい回しされては、行く先々で嫌われる、コバンザメ連載なドサ回り暮らし。
 いつか安住の地に、『がんばれWEBメシ』御殿をと夢見ながら。


○『がんばれWEBメシ 毎月21日はぬかづけの日編』
 カレンダーをご覧下さい。
 毎月21日の上は14日です。
 14日はイシの日と読めます。

 つまり頭に石の乗っている21日は、ぬかづけの日だ!
 ぬかづけといえば、手が汚れて臭くなるのもいとわずにグルグルかきまわすと、より一層おいしくなりますよね。

 もちろん誰もがやりたがらない、毎月21日だけぬかづけ扱いされる『cakes』をかきまわす汚れ仕事は、『がんばれWEBメシ』が一手に引き受けます。

 だもんで、毎月21日は『cakes』のケーキのロゴイラストを、ちょっくらぬかづけイラストに変えてくんさいなも。

 そうすれば、「今月ももう、ぬかづけの日か」と連載陣や読者も気づきやすくなり、今月の21日は『がんばれWEBメシ』は一体何をやらかしてくれるんだろうと楽しみにするはずです。
 月1日くらいなら、まあ、仕方ないかと。


○『がんばれWEBメシ 毎月22日はローソクの日編』
 今までの作戦は確かに『cakes』全体を活性化させて、絡んだ連載先とは「ウィ~ンウィ~ン」な関係を築くという一面はございましたが、すべて他の連載のおこぼれを貰おうとする、志の低いさもしい作戦ばかりでした。

 もう『がんばれWEBメシ『cakes』いいWEBメシ やりたいWEBメシ』とか言い出しません。
 深く反省しました。
 なので戒めをこめて,毎月22日は『がんばれWEBメシ』はローソクの日になります。

 カレンダーをご覧下さい。
 毎月22日の上は15日です。
 そして、15日はイチゴの日と読めます。

 つまり頭に苺の乗っている22日は、ケーキの日だ!
 順番は前後しましたが、ぬかづけの日がケーキの日を真似したんです!

 でも差別化をはかるため、まず苺を捨てて、22日はケーキのみ状態にします。
 その後、ローソクをご用意ください。

 毎月21日になると、ぬかづけイラストに乗っ取られる『cakes』のケーキイラストにある日、ふと気づくとローソクが立っているんです。

 目ざとい読者が「あれ、ろうそくなんてささっていたかなあ。そういや、『cakes1周年記念企画』(https://cakes.mu/series/1838)のときにささってたか。でも、あんなかわいいローソクじゃないぞ、このまがまがしくうねったローソク(http://item.rakuten.co.jp/hapipi/10001739/)は」とローソクイラストに触れるや否や、飛びます飛びます。

 飛ばされた先は、「裏『cakes』へようこそ。ココにはまだ『がんばれWEBメシ』しかないけど、ゆっくり遊んでいってね」と。

 表『cakes』に『がんばれWEBメシ』を置いておくのはアレでも、裏『cakes』なら置いてもらえるかなあと、けなげに考えて。

 どうせ、うちなんて裏『cakes』だ、『cakes』番外地扱いがお似合いです。
 もう二度と表『cakes』でコバンザメ連載するとか言いません。
 もちろん、してもいいならします、当たり前じゃん。

 いつかそんな日が来るまで、裏『cakes』の帝王として、迷い込んだ読者を飼い殺しにし、ココで一生をまっとうします。

 あ、言うの忘れてましたがもちろん、ココに迷い込んだ読者はもう二度と表『cakes』には戻れません。裏『cakes』の存在を知ってしまったから。

 そのうち、『cakes』で消える読者が続出しているという噂がたちます。
 その不安がピークに達したころ、「あれ~、どした?」とたまたま表『cakes』に出張に来ていた『がんばれWEBメシ』が事情を聞き、「ああ、そうなんだ、それは心配だね。ところで裏『彼女写真』って見たくね?」って勧誘を始めるんです。

 ちょっと待ってくださいね。今、2014年2月14日の23時48分なんですよね。
 さすがに、「裏『彼女写真』見たくね?」とか言ってる時間じゃない。

 備忘録代わりにあらすじだけ書いておくと、表『cakes』と裏『cakes』にトレード制が導入されることになりましてね…いや、だから、時間ないって、バレンタインデー終わっちゃうよ。
 それに裏『cakes』は存在も知られちゃいけないんじゃなかったのかよ。

 毎月22日の『がんばれWEBメシ』の営業日には、ケーキイラストにぶっさした、うねるローソクに火をともし、『cakse』をやさしく暖かくします。

 ま、そりゃ、たまにローソクの1滴や2滴は垂れますが、大丈夫大丈夫、うちのはプロ用の低温ローソクだから見た目ほど熱くない!
 心配ならあらかじめローションを塗ってから垂らすと全然熱くないぞ!
 だから、ぶっといローソクの小さな炎を消さないでぇ~。

 では、よきバレンタインデーを、後数分、間に合えば!

images.jpg

 あ、すぐ消された…(続く)

【捨て】
○『がんばれWEBメシ クーリングオフ商法編』
 うちは営業メール界の『Javari』です。
 本家同様に返品し放題な上に、うちなら返品の郵送代もいらない!
 もしアレなら、逆に直接獲りにいく。
 ピンポーン、企画返しに貰いにきました。でも、手ぶらで帰りたくないなあ。

 さあ、なにをためらうことがあるんです。

「僕の編集者として関わってきた仕事は、大きく分けると、「語学」「お金」「コンピュータ」「WEBメシ」の4ジャンルがあります。ぶっちゃけ、最後のが一番好きだ」って加藤先輩に言わせたいだけなんです。

 まあ、これも何かのご縁ということで、せっかくなんで一回くらいうまいWEBメシでも食べにいきましょうよ?

「自分の名前や連絡先を出すのを怖がる風潮も、炎上をおそれた結果の弊害ですよね。僕自身は、ネットに携帯電話の番号も出していますけど。」(https://cakes.mu/posts/2351

 加藤先輩ひとり燃えさせませんよ。
 信じてついてきます。
「●●●●(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)、090-●●●●-●●●●」。
 本気です。でも、ガラケーです。

 近日、『がんばれWEBメシ』、ローンチ予定! 乞うご期待!

『WEBメシのタネ⑰ ネタバレ注意! 最後の最後に見てね編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56119074.html

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第3回 ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールの構成案というかラフというか下書きみたいなもん』

 …ココにも全文掲載できませんでした。
「シーサーブログは文字数無制限」って噂はウソでした。ワード先生によると、たかだか15万文字くらいなのに。

 これから文字数無制限のブログを探す旅に出ます。文字数制限なしのブログを見つけてかならず帰ってくる。途中でエロサイトにハマったりしたらその限りではない!

 あ、エロサイトにハマる前に、アッチの『WEBメシのタネ⑰ ネタバレ注意! 最後の最後に見てね編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56119074.html)で触れた、

「以上は一応、昔、公文式やっていたお神輿さんが、加藤式で諸々計算した厳然たる結果です。営業メールのどっかに計算式を書いたので探してみたんですが、「ああ、もう、なげえよ! 見つからない、もうバレンタインが終わっちゃう!」とのこと」

 でお馴染みの絶賛行方不明中だった加藤式の部数計算だけ、以下に披露しておきます。
 あくまで文系の頭がちょっとアレな人のアレ計算なので怒らないでくださいませ。
 まずは加藤先輩語録からどうぞ!

「ーー仕事をするうえで気をつけていることはなんですか?
マーケティング的に考えているのは「1%の法則」というものです。これは僕が自分で考えたあまり根拠のない仮説なのですが、経験的に結構うまくいっています。
どういう仮説かというと「本の部数はその本がターゲットとする潜在顧客数の1%が最大」というものです。たとえば、日本の全人口を1億人とすると、全員をターゲットにできる本なら、最高にうまくいくと100万部売れると考えます。具体的なテーマでいうと、親子の物語、青春もの、恋愛ものなどがそうです。たとえば『東京タワー』なんかがわかりやすい例です。あれは年齢も性別も関係なく売れた本だと思います。逆に言うとそうでないと100万には届かない。
ビジネス書でいうと、たとえば『英語耳』という本をつくるときは、こう考えました。日本の全人口で英語に興味がある人は4000万人くらいいるのではないか。そのなかでもリスニングに興味があるひとは半分の2000万人くらいはいるだろう。その1%となると20万部。すくなくとも、その半分の10万人が買ってくれる本をつくることができるのではないか。では、そのためにはどうしたらいいか? ……といった感じです。」
(ダイヤモンド社 加藤 貞顕さん vol.1 « 編集者.jp(http://www.henshusha.jp/2009/08/24/mrkato01/)より抜粋)

「僕は以前、過去にミリオンセラーになった本を調べたことがあるのですが、テーマはかなり限られていました。それは、家族、恋愛、青春、健康、お金です。過去のミリオンセラーはほとんどこれらのテーマか、あるいはその組み合わせで書かれています。どういうことかというと、これは1億人が興味があるテーマなんですよね。そういうテーマだけが100万部売れる可能性がある。
1億人が興味があるテーマで最高にうまくやると1%の100万人売れる。それならば、「本の市場の1%がその本の最大部数になる」という仮説が成り立つのではないかというふうに考えました。つまり、1,000万人がターゲットになる本なら、上手くやれば10万部売れる。ターゲットが100万人だったら最高で1万部売れるということです」(第6章 ベストセラーのつくり方「1%の法則」(http://www.academyhills.com/note/opinion/11051906_mosidora.html)より抜粋)。

『加藤先輩語録125~132 「部数計算(10万部)編」係』
http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145595.html

『加藤先輩語録133~139 「部数計算(100万部)編」係』
http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145641.html


*ふむふむ。
 じゃあ、「たとえば、日本の全人口を1億人とすると、全員をターゲットにできる本なら、最高にうまくいくと100万部売れると考えます」ちゅうことは、『がんばれWEBメシ』はこういうことになっちゃう。

 まず「メシ」は、日本人1人あたり1日3回メシを食べるから日本の全人口1億人×3回で、3億人。その1%で300万部。

 続いて「WEB」はパソコン、スマホ、アイパッドのいずれかを持っているのは日本の全人口1億人の半分5000万人として、その1%で50万部。

 最後、「がんばれ」は、日本の全人口1億人の半分5000万人がオリンピック中に「がんばれ(日本)」と思ったとして、その1%で50万部。

「日本の全人口1億人のうち、これからの時代、WEBで食っていく人は6000万人くらいいるのではないか。そのなかでも『がんばれWEBメシ』に興味があるひとは半分の3000万人くらいはいるだろう。その1%となると30万部。すくなくとも、その半分の15万人が買ってくれる連載をつくることができるのではないか」って計算もオマケで追加。

 現時点で、『がんばれWEBメシ』は「300万部+50万部+50万部+15万部」で415万部は固い。

 更に、100万部売れる本のテーマは「青春」、「恋愛」、「家族」、「お金」、「健康」の5つとのことだが、『がんばれWEBメシ』は5つのテーマの内、いくつが該当するだろう。

●「青春」(まだまだ産まれたばかりの若くてピッチピチのWEB業界で頑張っちゃうのが青春そのものさ。例えがんばっているのがJC・JK(女子中学生・女子高生)でなくDC(男子中年ブランド)だとしても)

●「恋愛」(先輩と後輩の禁断の恋模様。もちろん片思いだって恋だし、「兄貴になって欲しい」というゆがんだ家族愛まである。更に『がんばれWEBメシ』の表紙を「先輩に後輩がWEBメシを食べさせているところ」にすれば、女子読者の好きなベルバラ的新宿2丁目テイストも加味されて、しかも実は先輩の両手は骨折したので包帯でグルグル巻き設定なので、ノンケ読者も「怪我してるならしょうがないわね」と拾える)

●「家族」(同じcakes釜のWEBメシを食えば家族みたいなもんだ、しかもこれからみんなの大好きな大家族モノまっしぐらにドンドンビックになっていくばかり)

●「お金」(WEBでメシを食うってことは、まさにWEBで金稼ぎ、WEB錬金術に他ならない)

●「健康」(人間、うまいWEBメシさえたらふく食ってれば、心も体も元気になって健康に長生きできるってもんよ)

 100万部売れる本のテーマ、「青春」、「恋愛」、「家族」、「お金」、「健康」の5つを全制覇したので、『がんばれWEBメシ』は500万部追加、入りま~す。

 つまり、さっきの415万部と合わせて、915万部。もうすぐ1000万部だ、がんばれWEBメシ!

 じゃあ、例の4角関係のスター編集者4P祭りで、まず加藤先輩の力で100万部上乗せ、佐渡島後輩の力で100万部上乗せ、柿内後輩の力で100万部上乗せの計300万部を上乗せして、1000万部を軽く突破し、最終的に1215万部だ!

 ちょうど日本人1億2千万人の10人に1人が買えば、OKな感じです。
 40人クラスで考えると40人中4人買うだけ程度のブームです。

 キンケシブームやビックリマンチョコブームのときは40人クラス中男子全員20人は集めていたのを考えれば、40人中男子4人なんてちょろいもんです。

 小学校のとき、公文式をやってたから、この計算に間違いはございません。
 ついでにWEB発&初の未来の王道ノンフィクション(今はまだ色物ノンフィクション扱いですが)で大宅荘一ノンフィクション賞と、ついでに本屋大賞も取る。

 まとめますと、未来の王道ノンフィクション『がんばれWEBメシ』で「1215万部、大宅荘一ノンフィクション賞、本屋大賞」の三冠王になる。

 てか、紙のルールでヤルのもアレなので、別にWEBのまま1215万だか覗かれて、紙の賞をわざわざ貰ってやるのもアレだから、新しくWEB賞をでっちあげて貰ってやればいいさね。
 最終的には、なんたらミランあたりで玉蹴りでもしてやるぜ。

2014年03月13日

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き

 ちょっと、おトイレ休憩待ち中にどうぞ。

「秒読み中にトイレに行った相手に「塩を送って」敗れた全盛時代の大山」
http://tamarunoboru.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-adce.html

 お・ま・た、すっごいのが出たよ、カントンから。

 さて、以下は「『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き」である。

 もちろん明日、2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメールをバレンタインデーのお返しに貰うんだもん、と“通り魔的”マジチョコ女なら思うことでしょうよ。

 でも、残念ながら当方は、“通り魔的”マジメール男なので、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールも、「YES!」って件名のメールも、もしくは何かしらの正式のお返事すらも来ない場合をも冷徹に計算し、「『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き」を、謙虚に礼儀正しくけなげにも作っておいた次第でございます。

 ま、こんなもん、一生陽の目を見ることなく歴史の闇から闇へと葬りさられればいいさですが、制作過程も売りにするを盾に(「制作過程をオープン化するのは、そこに「コンテンツとしての価値」があるだけでなく、「前パブ(事前の宣伝活動)としての価値」もあるからなんです。単なる特典じゃない。そういった前パブ的な側面からも積極的に活用していこうというのは、他の業界でもあまりない新しいやり方ですよね」(堀江貴文 / cakes編集部 制作過程、すべて見せます!——堀江貴文氏単行本プロジェクト・ニコ生放送直前座談会(https://cakes.mu/posts/2091)より抜粋))ってことで、ホワイトデーの前日残り僅かに大公開しちゃいます。

 あくまで、「『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き」はタイトルの通り、まだ書きかけの下書きです。

 そんな明日の結果が出る前から、負け戦を前提にこんなもんをシコシコ清書するなんて、いくら私でもできないわ(あ、下書きと言えば、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第3回 ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールの構成案というかラフというか下書きみたいなもん』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390716802.html)の例のブログはまだ鋭意捜索中であります! ご迷惑をお掛けしますが、今しばらくお待ちくださいませ)。


【「『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き」の本文】

*もしも2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールも、「YES!」って件名のメールももしくは、何かしらの正式のお返事すらも来ない場合シリーズ、いってみよう!

 まず明日、2014年3月14日(金)のホワイトデーの23時59分59秒まで正座して待ちます。
 それまでに加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールも、「YES!」って件名のメールも貰えなかったら、コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami)にこう書き込みます(2014年3月15日になった瞬間か、もしくは傷心を装って、1週間後くらいに)。

「もう加藤先輩のイジワル! 仕方ねえ、約束通り、いや、宣言通りというか予想通り、加藤先輩の会社宛てにホワイトデーの表王手してきやしたぜ! 表があれば、裏がある。だもんで、コッチでもホワイトデーの裏王手だ~い!(『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第5回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の裏王手』(URLはまだよ、当たり前だのクラッカーでしょ! てか、こんなのがどうか産まれませんように))」

 というわけなのになぜか、ところ変わって、ココは『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第5回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の裏王手』(URLはまだよ、当たり前だのクラッカーでしょ! てか、こんなのがどうか産まれませんように))」です。

 あ、いらっしゃい、ホワイトデーの裏王手の方ですね。このウラ好きさんめ~。
 最初に言っておくぞ、もちろん裏王手ったって、「第1期WEBメシ名人戦七番勝負」のあくまで第1局の裏王手だかんな。
 まだ6番も勝負は残ってるもん、第1期の分で! そう、第2期7番勝負、第3期7番勝負、第1億期7番勝負とチャンスは無限大!

 ちなみに、ホワイトデーの表王手はこんな感じよ。
「(当然、今はまだ2014年2月13日(木)ですから、まだ一文字も書いてません)」

 未来話は後回しにして、「第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の棋譜(2014年2月13日(木)時点)」、「第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の感想戦(2014年2月13日(木)時点)」の順に現在話を進めましょう。

【第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の棋譜(2014年2月13日(木)時点)】
第1手▲(先手、加藤先輩) WEB上のアチコチにちらばる加藤先輩語録(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html
第2手△(後手、コグレ後輩) ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/auth/article_preview/

第3手▲(加藤先輩) 「加藤先輩ツイッターのひとりぶろぐ」ネタ、「加藤先輩フェイスブックのカナダ人」ネタ、「加藤先輩ツイッターの三国志」ネタ
第4手△(コグレ後輩) 「コグレ後輩ツイッターの「んもう~、了解」」ネタ、「目指せ、4101コの加藤先輩語録」ネタ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)。

第5手▲(加藤先輩) 「加藤先輩ツイッターの10年前の日記リツイート」ネタ
第6手△(コグレ後輩) 「10年前の牛丼原稿」ネタ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56134367.html

第7手▲(加藤先輩)「加藤先輩ツイッターのベゾス語録」ネタ(3/4(火))、「加藤先輩フェイスブックの既読スルー」ネタ(3/5(水))。
第8手△(コグレ後輩)『WEBメシのタネ 『ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)と題して、この時点までのまとめブログを作る。他に、新作の「加藤先輩語録」ネタ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)&その他の10年前の原稿(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)を追加披露。

第9手▲(加藤先輩)「加藤先輩ツイッターの椎名誠」ネタ(3/10(月))、「加藤先輩フェイスブックのクアッドコプター」ネタ(3/10(月))、「加藤先輩フェイスブックの男版siri」ネタ(3/11(火))、「加藤先輩ツイッターの真正か仮性か」ネタ(3/13(木))。
第10手△(コグレ後輩) 『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)。

【2014年3月14日(金)のホワイトデーまでに正式連絡があった場合】
第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事アリ。 
第12手△(コグレ後輩) お約束通り「え~、どっしようかなあ。こう見えて、呼ばれてホイホイついていくような軽い男じゃないから。ま、一度会うくらいなら別にいいけど。加藤先輩の会社、見てみたいな。な~んちゃって、テヘペロ」ってウザい件名のメールを加藤先輩のメルアドに送る。

【2014年3月14日(金)のホワイトデーまでに正式連絡がなかった場合】
第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事ナシ。
第12手△(コグレ後輩) 『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第5回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の裏王手』(URLはまだよ、当たり前だのクラッカーでしょ! てか、こんなのがどうか産まれませんように)』をロ~ン~チ!


【第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の感想戦(2014年2月13日(木)時点)】
第1手▲(先手、加藤先輩) WEB上のアチコチにちらばる加藤先輩語録(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html
第2手△(後手、コグレ後輩) ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/auth/article_preview/

 記念すべき、「第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局」の最初にして最大の山場は、WEB上にちらばる加藤先輩語録全部(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)を先手番、加藤先輩の第1手目と勝手にみなした後手番のコグレ後輩が2014年のバレンタインデーに『ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/389940627.html)を第2手目と称して、加藤先輩に送った直後に訪れた。

 だって、次の加藤先輩の第3手目は「お返事が来る」系と「お返事が来ない、読まずに食べた」系の二択じゃん、大きく分けて。

「お返事が来ない」場合のバリエーションは完全シカトか、質の悪いイタズラと判断されて返事は来ないけど警察が来るくらい。いや、警察と言うお返事だから、お返事が来るに仕分けされるのか???

 一方、「お返事が来る」場合はもう警察返事から、完全に危ない人扱い(もう!)で変な刺激をしないように「ありがとうございます、また機会がございましたら」的無難なお返事に、「YES!YES!YES!」返事までバリエーション豊富過ぎ。
 ああ、もう難しい計算に文系頭がいきなりパンクしそう!

 とりあえず、返事が来るのは1割、返事が来ないのは9割って感じかしら。
 男の勘よ、勘、裏筋の横っちょあたりにある。

 まあ、それを大前提に今後の計画を練って、粛々と進めればいいだけさ。
 結果は二の次三の次、だってまだ7番勝負の第1局目なんだから。後6番勝負も残ってるし~、しかもまだ第1期だし~。

 できれば勝ったり負けたりで最終戦の第7局目までもつれ込むのが理想だが、そこは大河ノンフィクションの『がんばれWEBメシ』、勝ち続けるかもしれないし、負け続けるかもしれないし、最初からまったく相手にされないかもしれないし、しっ~。

 とにかくWEBでメシを食うために「明るく楽しくセクシーサバイバル」を心がけてがんばっていきまっしょいまっしょい。

 という感じで、第2手を打った後、XPを開いたときのチェックリストは「コグレオオカミのメール」、「加藤先輩のツイッター」、「加藤先輩のフェイスブック」とする。
 まあ、どうせ1ヶ月くらいすることナニもねえんだろうなあとナメてたら、バレンタインデーの翌日に思わぬところから、加藤先輩が現れた!

●『WEBメシのタネ⑫ 『週刊プレイボーイ』の週刊連載『出張! ビンボー裁判』編』
http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56109130.html

 なんと上記の過疎ブログのコメント欄にコメントが! 加藤先輩しかいない! もう積極的屋さんなんだから!

「1997年の昔の集英社の「プレイボーイ」に、1996年秋、鶴田真由さんは、集英社の「プレイボーイ」に、鶴田真由さんは、横須賀の撮影に、行きましたか、鶴田真由さんは、ドレスを、着ていますか、胸を、見えましたか、写真を、撮りましたか。
2014/2/15(土) 午後 1:58 [ 五味 ] 」

 ・・・加藤先輩?
 かどうかを取り急ぎ調べてみたところ、他にも同じようなコメントをいろんなところに残されている方でした。

 え~っと、コレは「類は友をすぐ呼ぶ」というありきたりな結論が早々に出たので、おとなしく「参りました」をすればよろしいのでしょうか?

 もちろんこの方、五味さん(って書いて気付いたが、“五味さん”って、“ゴミ”さんなのね)の正体が加藤先輩、もしくは加藤先輩が五味さんのコメントを使って様子見を仕掛けてきたという可能性もございますね。

 五味さんは加藤先輩じゃなくて、俺の自作自演の可能性もございますが、別に鶴田真由好きじゃないし、1996年や1997年に『週刊プレイボーイ』読んでなかったし、てか、俺が同誌に執筆していた2002年~2007年の5年間以外は一切読んでないのは絶対内緒だぞ、五味さん。

 何にしろ、この五味さんのコメントが今回の記念すべきファーストコンタクトというか、ファーストアクションであるのは確かなところ。
 やれやれ先が思いやられるぜ。

 そうでもないかも。なんとモノホンの加藤先輩が放ったとおぼしき手が3連発も!


第3手▲(加藤先輩) 「加藤先輩ツイッターのひとりぶろぐ」ネタ、「加藤先輩フェイスブックのカナダ人」ネタ、「加藤先輩ツイッターの三国志」ネタ
第4手△(コグレ後輩) 「コグレ後輩ツイッターの「んもう~、了解」」ネタ、「目指せ、4101コの加藤先輩語録」ネタ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)。

 最初に加藤先輩の名誉のためだけにハッキリお断りしておきますが、現時点(2014年3月13日(木))で加藤先輩は公式というか、正式のお返事を一切出しておりません。「コグレ後輩」って名前すら呼んでくれないの、完全ピエロの一人相撲状態、ドス来い!

 だもんで、あくまで俺が自意識過剰丸出しで、加藤先輩のツイッターや加藤先輩のフェイスブックから、「わ~い、お返事だ」と思い込めるブツを適当に見繕って、ひとりで「加藤先輩からのお返事3連チャン!」とか騒いでいるだけですから。

 うん、別にそれでいいのどころか、ありがたやありがたや。
 だから、「ほら、ひとり相撲を取り続けろよ。そういうのが好きなんだろ、ん?」って加藤先輩の戦法に喜んで乗りますとも、嫌いじゃないぜ、そういうのも!

 加藤先輩からのお返事3連チャンの1発目は、「加藤先輩ツイッターのひとりぶろぐ」ネタです、どうぞ。
●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 2月15日
ためになりました。/ACアダプターつなぎっぱなし?MacBookのバッテリー劣化リスクを抑える画期的な方法 http://hitoriblog.com/?p=22866 @hitoriblogさんから」

「ためになりました」と渋く一言。
 最初は、「俺はWindowsXPのレッツノートだから、MacBookは関係ないや」とスルーしようとしましたが、一応念のためにリンク先をのぞきにいったら、ブログのタイトルが「ひとりぶろぐ」で大笑い。

 もう先輩ったら、イジワルさんなんだから。どうせうちは「ガジェット嫌いkogureookamiのブログ『ひとりぶろぐ』」のオナニーブログですよ~だ。
 でも、うちのひとりぶろぐ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami)ではグラスを2個、ご用意してお待ちしております。ひとりでチ~ンって乾杯は寂しいから、ふたりでチ~ンチ~ンってドンチャン騒ぎしましょ。

 ただ、そうなってくると「ためになりました」はコグレ後輩のバレンタイン告白に対する、よく言えばクールなコメント、アレで言えば、「やっぱちょっと怒ったかしら? メンゴ!」

 だって年に1度のバレンタインデーだし、明らかにド本命っぽいマジ営業ラブメールだから何しても大丈夫かなあと思ったけど、いくらなんでも無礼が過ぎたかしら。ええ、きっとね!

 ま、でも、そこは俺のあこがれの加藤先輩、「こんなの怒ったりシカトしたりする価値すらない」とみなしたか、「こんなのにちゃんとした返事はしてやんないけど、俺の返事は超早いぜ」というアダルト態度の表明等で、「ためになりました」ってお言葉と、「ひとりぶろぐ」ネタまで頂き、ありがとうございます!

 きっとコレが最初で最後の加藤先輩からのお返事らしきだろうから、さて、これだけをネタにどう料理しましょうかと思った翌日、加藤先輩からのお返事3連チャンの2発目、「加藤先輩フェイスブックのカナダ人」ネタが早くも投下された。

●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがリンクをシェアしました。2014年2月16日9時57分公開
すごいな。広告の新しい形。

【動画】これは見事なプロモーション! ヨーロッパに「カナダ人しか開けられない自販機」を設置したらみんな笑顔になった
http://rocketnews24.com/2014/02/14/413445/
rocketnews24.com
現在開催中のソチ冬季オリンピック、世界の目が各国選手の活躍に注がれているなか、カナダのビールメーカー「Molson...」

 単純に「広告の新しい形」との感嘆つぶやきかしらと当初は考えたが、でもツイッターじゃなくて、フェイスブックだし。
 純粋にツイッターとフェイスブックの使い分けの基準がよく分からない。そもそも、そんな基準なんてないのかって疑問は、『がんばれWEBメシ ツイッターとフェイスブックの使い分け方を手取り足取り学ぶwith加藤先輩先生編』あたりで解決します。

 営業メールも広告みたいなもんだし、「いい・悪い」だ、「好き・嫌い」だなどを別にすれば、例のは新しい営業メールではあるしとリンク先の記事を一読。

 う~ん、配役はこんな感じで合ってるかしら。
「自販機が『cakes(ケイクス)』」。
「ビールが『cakes(ケイクス)』での連載(俺の場合なら、『がんばれWEBメシ』の連載キボンヌ)」。
「ビールメーカー兼カナダ人の一人二役が加藤先輩」。
「カナダ人のパスポート役が中学時代の加藤先輩」。
「俺はタダでビールをゲットした人たちの一番乗り役(希望)」で、「自販機を開ける=加藤先輩の心を開ける」係。
 といったところでしょうか。

「開けた人はヒーローになる」、つまり自販機を開けたカナダ人役の加藤先輩もヒーローになるし、加藤先輩の心を開けた俺もヒーローになる、つまりウィンウィン、あ、要は「ウィ~ンウィ~ンの関係を築きたい」って俺の上のお口に言わせたかっただけ? もうドスケベカナダ人先輩!

 まとめると、「少なくても、営業メールの新しい形ってことだけは認めてもよくってよ」ってことかしら。
 もうそろそろ知らない仲じゃないんだから、そんな他人行儀に遠回しに言わなくてもいいのに。
「一体なんの話でしょうか。カナダ人にしか開けられない自販機に感心しただけですけど? 自意識過剰って日本語知ってます?」とか言われたら、そりゃその通りですけどね。もうカナダ人先輩ったら!

 ちなみに、このリンク先の記事を読み終えて、右上の「×」で閉じようとしたら、右上あたりに「ライター募集中!」ってのが出ているのに気づき、一瞬「カナダ人先輩は職安役も? そりゃ、確かに誰とでもデキるけど、別に誰とでもシタいわけじゃないし、加藤先輩とヤリたいんだからね、プンプンですぞ」と思ったり思わなかったりしたそうな。

 とりあえず、自意識過剰丸出しセレクトで、ひとりぶろぐネタ(2/15(土)午後)とカナダ人ネタ(2/16(日)午前)をゲットしたので、どう次の手を打とうかしらと思っていると、2/17(月)の朝加藤先輩ツイッターが加藤先輩からのお返事3連チャンの3発目を吐き出した!

●加藤先輩のツイッター (https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 2月17日
めちゃくちゃすごい。個人的な動機こそがすごいものをうみだすんだな。(もちろん出てすぐ買ってます)/ 制作期間2年以上、「三国志」LINEスタンプにかけた“原作厨”の情熱 “狂気の企画書”420ページ 「あのコマ」入らなかった理由は… http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1402/17/news038.html …」

 このネタは、カナダ人ネタみたいに素直に受け取っちゃいけない系かしらん、「いや~、それほどでも~、確かに「めちゃくちゃすごい」し、「個人的な動機こそ」だし、「すごいものをうみだすんだな」だけど」って。

 だって、「もちろん出てすぐ買ってます」じゃないからね、私の営業メールは。
 だから、夢にまで見たこんな具合は夢のまた夢が確定!

「著者の青山さんとは、1年半くらい前に出会いました。青山さん撮影の写真集『UWAKI』を見て、吉高由里子さんのかわいい写真のすばらしさにツイッター上でもだえていたら、コメントをいただいたのがきっかけです。
このツイートは金曜日だったんですが、次の月曜のお昼に、池袋の中華屋さんで二人で会うことになりました」(「中2魂を持つすべてのひとに。」(http://sadaakikato.com/2012/09/10/forthealdt/)より抜粋)

 この営業メールは金曜日だったんですが、次の月曜のお昼に、ひとりWEBメシさんでもだえてますからね。
 ムキッ~、『彼女写真』に負けた。『がんばれWEBメシ』は4年間池袋に住んでたこともあるし、1年半、池袋でバイトライターまでしてたのに。

 あ、営業メールに吉高由里子さんのかわいさ的なのが足りなかったのかしら。あ、そういえば、構成段階では吉高由里子さんネタも入れてたのに残せばよかった(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390716802.html)、五味さん的なんかをマシマシで増量せずに。

 とりま加藤先輩は『三国志』と『彼女写真』はすぐ買ったけど、『がんばれWEBメシ』はちょっとアレな理由を探るべく、リンク先の『三国志』原稿を読み込む。
 いくつか、『がんばれWEBメシ』がちょっとアレな理由が浮かびあがってきた。

 まず思うに「孔明のコスプレをしていない」から、後はとにかく「いやでございます」(孫権の親戚・孫韶が、孫権に反論するシーンから)ゆえ、ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/389940627.html)の冒頭に「むむむ」と書いたので、「なにがむむむだ!」(馬超のコマ)って言いたいの?

 ま、『三国志』は昔、吉川英治の小説版を全巻読んで金返せと思っただけだし、LINEスタンプどころかLINEすらやったことも見たこともないからいまいちピンと来ないので、『がんばれWEBメシ 漫喫でマンガ版三国志を全巻制覇編』、『がんばれWEBメシ どうしてもスタートLINEってダジャレが使いたい、後、スタンプのことスタンポとつい呼んじゃう編』で勉強し直します。

 さて、それらしき三羽烏、「ためになりましたでお馴染みのひとりぶろぐネタ」、「営業メールの新しい形ではあるが失敬だな、チミはでお馴染みのカナダ人ネタ」、「三国志LINEスタンプと『彼女写真』はもちろんすぐに買いましたでお馴染みの三国志ネタ」に対して、さあ、どうするべ。

 てか、もう詰んでね?「もちろん出てすぐ買ってます」じゃなかった時点で。 
 え、そうなの! でも、ちょっと遅かったよ。

 もう出ちゃったよ、ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールの際に作っておいたブログ、『がんばれWEBメシのタネ倉庫みたいなところ?』に、『加藤先輩語録32~4101(数値目標。後、ひとりでDIYカナダ人になる! がんばるぞ~、エイエイWEBメシ!)【「活字離れ」から「活字憑き」へ! WEBメシのゴールドラッシュが始まりそう!?】係』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56129778.html)ってのを。

 尚、上記は現時点(2014年3月13日(木))ではもうイジってます、「4101(数値目標。後、ひとりでDIYカナダ人になる! がんばるぞ~、エイエイWEBメシ!)」ネタの最新版は、最新加藤先輩語録まで(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)。

 んで、俺のこの一手の意味はねえ、通報レベルの赤の他人に、さりげなく構ってちゃんして頂き、ありがとうございましたの意を込めつつ、「4101(数値目標。後、ひとりでDIYカナダ人になる! がんばるぞ~、エイエイWEBメシ!)」ネタで、けなげにDIYでカナダ人になろうとしたり、ひとりでコツコツと加藤先輩語録を4101コも集めようとしてるんだから、「この際、もちろん出てすぐじゃなくていいから、買って買って~」の猛アピールですよ、後、この方が明るく楽しくバカバカしくセクシーサバイバル感が出るじゃん。

 この意を加藤先輩に伝えるため、まず加藤先輩の三国志ツイートに、「加藤先輩、ちょっくら三国志ツイートをお借りします」と一言添えて、リツイートしようとするも、一言も書けないままリツイートされちゃった。

 これまた、まず第一にリツイートのやりかた以前に、リツイートの意味をよく理解していません。
 もちろんリツイートの意味をネット先生で調べることは簡単ですが、それはホラ、『がんばれWEBメシ 加藤先輩のおうちでリツイートのお勉強会編』とかに取っておきたいじゃん。

 ま、すぐにこういうことを書くのが、次の月曜日に池袋の中華屋さんでランチできない理由の大きな要因のひとつでしょうそうでしょうでもやめないでしょう。

 でもね、無断拝借なんて乱暴狼藉を加藤先輩のツイートに働くわけにはいかないので、泣く泣く失敗リツイートを消して、

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 2月17日
リツイート失敗。んもう~、了解!」

 とだけツイート。
 これじゃあ、一体何のことだかサッパリ分かりませんが、きっと加藤先輩にはいつの日か(たぶん今日あたり)、「うわっ、また変なのが変なことを! 2014年3月14日のホワイトデーまではおとなしく待つんじゃなかったのかよ」となんとなく分かるんじゃないかしら。

 それにね、ふと加藤先輩に倣って、「べ、別に、加藤先輩に向けてのツイートじゃないんだからね」感を出したほうがいいのではと。
 そういう意味では先程の加藤先輩のリツイートが失敗で成功、不幸中の幸いだったと。

 そこでやめておけばいいものを、「やっぱ、ひとりぶろぐネタとカナダ人ネタと三国志ネタの件、感謝と了解の旨をツイッターでも表明したい」って気持ちがモリモリ山盛りに。

 というわけで、ひとりぶろぐとカナダ人と三国志の3つがまとめてある記事とかないか探したところ、ツイッターにて「バーでひとり飲みしてたら、カナダ人と三国志話で盛り上がって意気投合し、ヤッちゃった」と匂わせるツイートを大発見!

 今度は赤の他人のツイートを無断拝借するわけですから(もう加藤先輩とは赤の他人と赤の他人の関係の一線を越えてます宣言)、今度こそリツイートする際にご挨拶のひとつも書き込もうと思ったところ(こう見えて、どう見えて? ああ、やっぱそう見えちゃってる、アッチャ~。でね、実は俺、小中高と12年間も剣道をやっていたせいで、礼儀作法や挨拶、上下関係なんかには結構うるさい男ですから。まあ、加藤先輩に熱烈に片思いって設定で、こんな営業メール活動してますから一見すると、どっからどう見てもちょっとアレな人みたいですが、全部設定が悪い! 実際の俺はいたって普通のナイスガイさ。てか、この一連の営業メール活動ほど加藤先輩に敬意を称したもんはそうはなかなかないでしょ、ある意味、マジで、もちろん挨拶とか礼儀とかの件は抜きにしたらだけど。あ、勝手にヌイちゃいけなかったかしら。初期設定が間違ってることは内緒で!)、またしてもそのままリツイート。

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「HIDE118 ‏@HIDE118 2010年7月3日
昨日、バーで知りあったカナダ人と三国志話で意気投合した。彼は英訳本を読んでいるので人名は中国語発音だったが。」

 仕方ないから、すぐさまこうツイートして、フォローしておく。

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 2月17日
「HIDE118様、すいません、野暮用でツイートをお借りします」と無断拝借したツイートにリツイート形式でつぶやこうとしてまた失敗しましたので、改めてつぶやく次第です。拝借理由は「FBにも今、気づいたのですが、FBはもっと難しいから」で「いいね?」or人のふんどしでひとり相撲」

 いや~、改めて見ると、完全に五味さんしてるね、ゴミゴミです。ゴミんなさい。
 しかもKT(カッコつけて)、FB(フェイスブック)とか言っちゃってますが、BK(ぶっちゃけ)、俺のフェイスブックに俺のツイッターが、なぜか自動転載される設定になっているわけですが、ツイッターでちゃんと消したはずの加藤先輩の三国志リツイートや消したツイートも、フェイスブックの自動転載ツイッターの方にはそのまま残っていて、結局一発で決め打ちできない優柔不断さんみたいになっててカッコ悪いじゃない。
 でも消し方も再設定方法も分からないし、「WEBメシのオープン化推進」を理由にそのまま残しておこ(https://www.facebook.com/ookami.kogure)(追記:赤の他人や、赤の他人じゃない加藤先輩にも見えない設定になってました。てか、その設定のままです。いいんです、これぞ、究極の1人横綱相撲ですから)。

 ツイッターのリツイート同様、フェイスブックを調べて覚えることは簡単ですが、もったいないじゃん、せっかく大事に守ってきたツイッターほぼ童貞やフェイスブック完全童貞は『がんばれWEBメシ 加藤先輩とワンツーマンでフェイスブック個人塾編』とかで捨てたいじゃん。

 とりあえず、このツイッターでのグダグダぶりと、『加藤先輩語録32~4101(数値目標。後、ひとりでDIYカナダ人になる! がんばるぞ~、エイエイWEBメシ!)【「活字離れ」から「活字憑き」へ! WEBメシのゴールドラッシュが始まりそう!?】係』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56129778.html)が後手の第3手ってことで!

 尚リターン、上記は現時点(2014年3月13日(木))ではもうイジってます、「4101(数値目標。後、ひとりでDIYカナダ人になる! がんばるぞ~、エイエイWEBメシ!)」ネタの最新版は、最新加藤先輩語録まで(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)。

 以下、しばらく備忘録。
 元々、加藤語録は集めてあったの。当初の構成案では、加藤語録を軸に話を進めようと思っていたゆえ。
 つまり『ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/389940627.html)は第1局の第1譜の途中って設定でお送りしましたが、ホントは第1局~第7局まで全部載せてお送りするつもりでした。
 ちなみに構成案はこんな感じ。

●第1局
「加藤先輩に『cakes』で『がんばれWEBメシ』って連載をやらせておくれとおねだりショー」

●第2局
「私の恥ずかしい過去1と題して、バイトライター&フリーライター時代の話や過去原稿のお披露目会」

●第3局
「実は、『cakes(ケイクス)』と『コルク』と『ジセダイ』と俺で4角関係を築きたい。4角関係第1弾兼『cakes』への手土産代わりの『ジセダイ』の『第5回ミリオンセラー新人賞』に応募した『や~い、おまえの父ちゃん、子育て~』をどうぞ劇場」

●第4局
「私の恥ずかしい過去2と題して、育休中にコッソリとメルマガや電子書籍に手を染めてました。厳密にはフリーライター時代の途中から紙にバレないようにコソコソとWEBにちょっかい出し始めてましたけどライブ」

●第5局
「例の4角関係ですが、この後ちょっくら『コルク』にいってくらあ。手ブラってわけにはいかないから、『cakes』の新連載『がんばれWEBメシ』ネタくらい持参したいなあディナーショー」

●第6局
「私の恥ずかしい過去3と題して、そもそも本業は、職歴=戦場童貞歴15年の自称プロ戦場特派員なんですワンマンリサイタルショー」

●第7局
「表の目的は、例の4角関係をガッチリ築いて、300万部・大宅荘一ノンフィクション賞・本屋大賞の三冠をゲットすること。でも真の目的は・・・まだヒミツよ、ヒ・ミ・ツ! こんなところには書けない。加藤先輩の耳元でヒソヒソささやくならいいけどオリンピック」

 こんな構成案を元にざっくり書いた下書き段階で、とにかくもうキチガイ沙汰に長い長くて長すぎる、いくらなんでもトグロ巻き巻き巻き~、頭クルックルクル~パァ~。
 なので、作戦変更し、「WEBはコンパクト」、そして「まきをくべるようにプロモーション」作戦発動!

 そんな経緯で『ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/389940627.html)を第1局の第1譜の途中でリリースし、残りは『「がんばれWEBメシ」のWEBメシのタネ倉庫みたいなところ?』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami)で細切れにコンスタンスに発表していこうそうしよう。

 ついでに「WEBメシオープン化」草の根運動中なので、元の構成案にそった下書きをココに載せておきます(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390716802.html)。

*ココでストップ!
 確かに清書しないといいましたが、薄化粧くらいはさせてよ。
 以下はまだスッピン状態だから見ちゃだめよ。もし見たら、機織りにいくからね、加藤先輩宅へ。ギッタンバッコン。

第5手▲(加藤先輩) 「加藤先輩ツイッターの10年前の日記リツイート」ネタ
第6手△(コグレ後輩) 「10年前の牛丼原稿」ネタ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56134367.html

 さて、自意識過剰丸出しの1人横綱相撲を武器に、加藤先輩のツイッターやフェイスブックからネタを見繕っているわけですが、強引にこじつければ、全部が加藤先輩からのお返事と化します。
 例えば、

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 2月18日
これはすごい。 “@Yam_eye: いい! RT @monzaemonsan 仕事が昼で終わってしまったので作ってみた。手の感覚がない。 pic.twitter.com/pZSBR3NYnB”」

 リンク先の写真は、雪で作ったラピュタのかわいそうなロボットなわけですが、「ラピュタゴッコしたいなら、これくらいヤラないと」などと無理矢理読み取って、『ジセダイ』の『第5回ミリオンセラー新人賞』に2013年12月31日に応募した『や~い、おまえの父ちゃん、子育て』(http://ji-sedai.jp/school/application/post_158.html)のどっかにラピュタネタを書きましたと騒ぐこともできます。例のズベタは死にかけのロボット捨てて、男と逃げたよね。

 とまあ、こんな感じで、それこそプロ野球の一球速報みたく、加藤先輩の一ツイート速報もやれますが、既に五味さん扱いなのに、これ以上やったら、卒園式のコサージュ作り面倒臭いとか、お別れ遠足で山に登るのマジで嫌なんですけど(元山岳部談)とか、予定通り父子でインフルエンザに感染プレイとか、謝恩会でママ友たちと300Pになったらどうしようとかになっちゃうじゃん。

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕さんがリツイート
遠藤諭 ‏@hortense667 2月20日

10年前の日記見てる -- 2004年2月16日 東京地方はれ いま絶対売れそうな本の企画を思いついた。 『吉野家の味の牛丼が作れる本』 『松屋の味の牛めしが作れる本』 『神戸らんぷ亭の牛どんが作れる本』 三部作(牛丼、牛めし、牛どんの表記に注目)。」

 加藤先輩ったら、元上司らしき方のツイートを無断リツイート。
 それともリツイートってそういう無礼なもんなのか。

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 2月20日
10年前の牛丼原稿見てる。
--
『WEBメシのタネ番外 10年前の牛丼原稿2連発編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56134367.html …)」

 を緊急リリース。
 そういや、10年前といえば、『WEBメシのタネ② 電子書籍編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56106584.html)でも紹介した、『ブクログのパブー』にて、「山田夫妻」名義(http://p.booklog.jp/users/yamadafusai)で書いた、
『1億円ライター物語 ~2002年5月の章~』(ちなみに、パブーの4万冊目ゲット記念作)(http://p.booklog.jp/book/40000)がある。

「コレもわざわざ見てやったよ、早く続きを書けよ、読まないけど、おらおら」ってことかしら。
 でも、コレは2003年4月スタートの手帳が見当たらないのを理由に絶賛頓挫中です(後、何でも一人で完パケできちゃったら、かわいげがないじゃん。それなりに編集者のよさを知ってるから、あえてそういう余白は残しておいて、今はまだ見ぬ誰かさんと一緒に更なる高みを目指したいアピール用の羊頭のみ作戦だから。まっとうな編集者なら、そいつの完パケ原稿をいくつか見りゃ、未完成のラフ以前の代物でも一目見れば、ここからどこまでいけるか分かるっしょ。俺はその想像をはるかに超える原稿を仕上げる係だから、ただただおとなしく待ってます、牙を研ぎながら。でも研ぎすぎると牙がなくなっちゃうよ、早く!)

 尚、同じ「山田夫妻」名義で『12年前日記 1999年12月15日(水)』(http://p.booklog.jp/book/39985)、『13年前逆日記』(http://p.booklog.jp/users/yamadafusai/series)ってのもありますね。
 もちろん無料ゆえに未完設定! 完成版は有料です設定!

 うわ~、この辺、URLだらけだ。『がんばれWEBメシ URL編』のときにお勉強して、URLを言葉に埋め込んで、青い言葉を押すとリンク先に飛べるようになりたいと書いたけど、シーサーブログの題名をヤフーブログにコピペしたら(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)、全然勉強してないのに勝手にそうなった、俺って天才?
 でも、いつもの加藤先輩とカラむマンネリホモネタ忘れてるよ!

 ちなみに、10年前の過去原稿はフロッピーディスクに保存してあるんですが、「フォーマットしてください」って生意気ヌカして開けないのもあるの。
 これはどうしたらいいの。今時、わざわざ新しいフロッピーディスクシステムを買ったのに、同じ結果発表を聞く始末。
 もうこうなったら加藤先輩の好きな『発展小町』だか『発言小町』だかあたりに相談しようかしら。

 とりあえず、加藤先輩語録に引き続き、10年前の過去原稿も適当に見繕って発表会することにする。
 そうそう、最新加藤先輩語録にコレを入れたい。

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 2月27日
大橋仁さんといえば『そこにすわろうとおもう』の著者さんですよね。この本、23000円なんです。発売された時に「うわ、だれが買うんだろう?」と思ったんだけど、「あ、俺か」と思い直して買ったんだった。これもすごい本です。 http://matome.naver.jp/odai/2137750993628741301

「4101(数値目標。後、ひとりでDIYカナダ人になる! がんばるぞ~、エイエイWEBメシ!)」ネタに、「300P」ネタを追加して、「4101(数値目標。後、ひとりでDIYカナダ人になる! がんばるぞ~、ついでに300Pも、エイエイWEBメシ!)」ネタへとマイナーチェンジせんがためにの(当該ネタの最新版は、最新加藤先輩語録まで(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)。

 そして、「「うわ、だれが買うんだろう?」と思ったんだけど、「あ、俺か」と思い直して買ったんだった」と池袋の中華屋さんでシッポリいくためさ。

 そしたら、もう加藤先輩ったらせっかちさんなんだから、ツンツンとせっつかれるせっつかれる、もちそういう気に一人で勝手になっただけよ。
 私はゆっくり楽しみたいの、せっかく遊んでくれてるんだから。


第7手▲(加藤先輩)「加藤先輩ツイッターのベゾス語録」ネタ(3/4(火))、「加藤先輩フェイスブックの既読スルー」ネタ(3/5(水))。
第8手△(コグレ後輩)『WEBメシのタネ 『ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)と題して、この時点までのまとめブログを作る。他に、新作の「加藤先輩語録」ネタ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)&その他の10年前の原稿(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)を追加披露。

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月4日
「ジェフ、いつかわかる日が来ると思うが、賢くなるよりもやさしくなるほうがはるかに難しいことなのだよ」/「才能と選択の違いを知ること」 Amazon創業者ジェフ・ベゾスが卒業式で語った、道の切り開き方 | ログミー[o_O] http://logmi.jp/6726

 加藤先輩、その本、読みました! この後の『コルク』戦に備えて。

●佐渡島後輩のツイッター(https://twitter.com/sadycork)*ちなみに、佐渡島氏を後輩呼ばわりの理由はコチラ(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56109130.html)まで。
「佐渡島庸平 ‏@sadycork 1月15日
ベソスのこの本を読んでいる。 http://ow.ly/sAKCC  ベソスの意思の強さ、冷徹さの前に、身震いをする。本を読んで身震いをしてしまうなんて初めてのことだ。身震いをするのは、情けないことではなく、同じ土俵に立っているという僕の意識の現れだろう。」

 あ、そうそう、以下の件はこのタイミングで処理します。

『WEBメシのタネ⑰ ネタバレ注意! 最後の最後に見てね編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56119074.html)で触れた、「尚、2014年3月14日のホワイトデーに、『コルク』に「9番バッターになりたい。コルクのベストナインに入れて~」と営業ラブメール計画があるのはまだ極秘です」の変更点は以下の通り。

「やっぱ3月14日のホワイトデーより、4月1日のほうが新年度っぽくて、フレッシュなことを仕掛けるのにふさわしいし、何よりエープリルフールだし、ついでにうちのオカンの誕生日だからいいかなあと。
 それとも7年間の育休が完全に明ける、子供の小学校の入学式のある4月7日がいいかなあ。
 もしくは、4月はどこもなんやかんやでバタバタするから、GW明けくらいにのんびりと5月病を気取ってフラリと現れようかしら」。

 ま、こういう小ネタじゃなくて、本題は加藤先輩がイタコ役のベゾス記事のお口を借りて、何が言いたいかを当てる、読み取りテストってことですよね。
 よ~し、100点目指して、『がんばれWEBメシ』!

「これからご紹介する方のストーリーは、正しい時に正しいアイディアが正しい人の手に渡った時、世界中の人の生活を変えることになることを物語っています」

「失敗することは新しいものを生み出す為に必ず通らなくてはならない道だ。もし絶対に成功するとわかっていたらそれは何の挑戦にもならない。Amazonは私達が新しいことに挑戦し続けた結果である」

「でもだからといって、皆さんも452の目標を立ててそれに向かって行動せよ、と言っている訳ではありません」

「もうひとつの成功の秘訣、それは彼が商業とテクノロジーを画期的でクリエイティブな方法で融合させたことにあります。そして彼が失敗を恐れなかったことも忘れてはいけません。」

「今日この場で皆さんにお話したいのは、才能と選択の違いについてです。
賢さは生まれ持った才能ですが、やさしさは選択です。生まれ持った才能とは、言ってしまえば与えられたものなので努力を要しません。その反面、選択をするということ、これは難しいことなのです。気を付けなければ、才能は私達を傲慢にします。そして自分の才能にうぬぼれると正しい選択をすることが出来なくなります」

「私達人間は日々一歩一歩前に進んでいるわけですが、ある日ものすごいことを成し遂げるものです。」

「実現不可とも思えるビジョンです。しかしアルベルト·アインシュタインはこう言っています、「成功する可能性を秘めたアイディアとは、一見して突拍子もなく誰かに言うのもバカバカしいと感じるような大胆なものである」」

「あなたが何を選ぶか、あなたが下す決断が「あなた」をつくっていきます。
 あなただけの道を切り開いて下さい。」

 とまあ、こんなところでしょうか。
「どっちやねん」という印象をあえて与えるのは、加藤先輩のやさしさかしら。
 そうそう、リンク先の記事に「ログミーのライター募集中!」ってまたカナダ人先輩がハローワーク役まで、どうもです。

 で、五味さん臭がプンプンするベゾスのお口を借りて一番言いたかったのは、「あなただけの道を切り開いて下さい」→「ログミーのライター募集中!」でオッケ~牧場?

 だってさあ、俺だけの道の上に、この15年ばかし、前見ても横見ても後ろ見ても人っ子ひとりいねえ、茨の獣道によう、『cakes』山がドドド~ンって現れたんだから、先に進むためにも、これはもう登るしかないっしょ、加藤先輩と仲良くお手々をつないで。

 で、それに対する加藤先輩の答えがコレです。

●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんが田端 信太郎さんのリンクをシェアしました。 3月5日
これはすごい。

【MV】既読スルー [Team H] (Short ver.) / HKT48 [公式]
https://www.youtube.com/watch?v=VZ0ci2xi2d0
HKT48 3rd single「桜、みんなで食べた」 Type-A収録曲 作詞:秋元 康 作曲:伊藤寛之 編曲:佐々木 裕 歌唱メンバー Team...」

「これはすごい」の「これ」とは、「既読スルー」のこと?
 う~ん、やっぱLine用語は分からないわ。

 もし万が一、「既読スルーはすごい」、つまり「読んだけどすっごいシカトするね」ってことなら、次の月曜の昼に『彼女写真』みたいになれなかったときから薄々知ってるし、「すっごいシカト」はまだして貰ってません。

 あ、まさか「俺が加藤先輩の何かしらの新作を読んだのに、シカトしてるってことかしら。でも、誤読粘着することはあっても、既読スルーなんて大技はできない。もしかして、未読スルーがどっかにあるのかしら」

 それとも、加藤先輩の「そろそろ閉店どえ~す」したいんですけどアピール?
 じゃあってことで、

○コグレオオカミのツイッター
「加藤先輩のツイッターのベゾスネタをリツイート」
「佐渡島後輩のツイッターのベゾスネタをリツイート」

 と連続リツイートに挑戦した後、

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月8日
串カツをー。大阪ですからね。https://twitter.com/sadaaki/status/442159988518027265/photo/1

 を受ける感じで、

○コグレオオカミのツイッター
「あ~、どっこいっしょ! 長考の末、大阪と言えば王将(http://www.youtube.com/watch?v=z4t58R4pFRk)、王将と言えば王手(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html *コレの元みたいな王手)!」

 ってする気満々だったけど、ちょっと待った! ホワイトデーまでまだ9日間もあるじゃない、だから結局、

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 3月9日
う~ん、長考中、ってことで。とりあえず、お約束の新作加藤先輩語録と、お約束じゃない10年前原稿でも(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html …)」

 と積極的にお茶を濁しにいく。

 正直、シーサーブログに『がんばれWEBメシ』を作るのも、『ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』という公開前提とはいえ、加藤先輩宛ての私信を何の断りもなく、ホワイトデー前に転載するのも一見悪手疑問手に見えますが、そこはまあ、「WEBメシのオープン化」を謳っているわけですし、こんなとこ思いっきりWEB過疎地ですからという感じでうやむやに、計算高い通り!


第9手▲(加藤先輩)「加藤先輩ツイッターの椎名誠」ネタ(3/10(月))、「加藤先輩フェイスブックのクアッドコプター」ネタ(3/10(月))、「加藤先輩フェイスブックの男版siri」ネタ(3/11(火))、「加藤先輩ツイッターの真正か仮性か」ネタ(3/13(木))。
第10手△(コグレ後輩) 『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)。

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月9日
椎名誠さんの初期作品に、学生運動が出てこないという話、大好きで読んでたけど気づかなかった。なるほど。“RT 「茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第1190回「椎名誠さんの初期作品と、学生運動」」 http://togetter.com/li/640168 ”」

 これは最初迷ったんですが、自意識過剰丸出しセンサーが最後あたりを感知!

「(6)『哀愁の町に霧が降るのだ』には、ポストモダンな側面もあって、男たちが共同生活をする話が、なかなか始まらない。冒頭は、原稿を早く書けとクサリ鎌を振り回しながら迫る編集者から、当時の筆者(椎名誠)が、逃亡を図るところから始まり、なかなか「本編」が始まらない。そこも新しい。
kenichiromogi 2014-03-10 07:05:28」

 いや~、それほどでも。

「(7)椎名誠さんのデビュー作は、『さらば国分寺書店のオババ』、そして『わしらは怪しい探険隊』だが、これを読んだ編集者は、当時びっくりしたろうな、と思う。マリア・カラスが第一声を出したとき指揮者がびっくりしてタクトを落としたというが、それくらいの才能のきらめきがある。
kenichiromogi 2014-03-10 07:07:07」

 いや~、それほどでも。

「(9)(前略)書かないことの批評性。
kenichiromogi 2014-03-10 07:11:58」

 いや~、それほどでも。じゃなくて、イヤ~ン、加藤先輩のイ・ケ・ず!
 まあ、たまにはあっさりと次、いってみよう!

●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕 3月10日
小さなクアッドコプターを買って会社で飛ばしてたら、2回連続で大熊 信さんの机につっこんですごくいやがられました。ごめんなさい。」

「大熊 信 嫌がったというかめっちゃこわかったですw
3月10日 16:48 · いいね!」

 要は、ヘリコプターみたいにクルクルパー頭が、2014年3月14日(金)のホワイトデーにまたノコノコと二度目の飛来をしてくるみたい、キャ~、キモい、エンガチョみたいな。

 非公式には何度も来てんだから、それくらいでいちいちガタガタ騒ぐんじゃねえよ。そもそもてめえで、てめえのでっかい看板背負ったら、いつでもブスりとさされる覚悟くらい遠の昔にできてんだろ。

 と言う比喩さん、「擬人法さんも!」も何ですので、その分かりやすい大騒ぎはどうみてもフリですよね!「カモン、大きなアパッチ、バッチコ~イ!」って。
 んもう~、素直さんなんだから、ラジャ(^^ゞ よ~し、待ってろよ~。期待は裏切らないぜ(追記:コレがパンパン襲撃事件の最初の伏線でしたね。結局、あの日、玉は取り損ねましたけどね)

 そんなことより、ねえねえ、加藤先輩と大熊後輩ってこういう関係なんでしょ。

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕さんがリツイート
大熊 信(だいくま しん) ‏@die_kuma · 2月3日
ケイクス通信がリニューアルされました。今までほそぼそと編集Rいじりとか代表いじりとかして怒られたり怒られなかったりしてきましたが、今後も継続して行っていきたいです。 新ケイクス通信、新しい目次としてご活用いただければ幸いです。 https://cakes.mu/posts/4892

 代表のどこをどういじっているのか。
 連載とか関係なしに混ぜてくれと言いたいでごわす。

 他にも確か、加藤先輩が「コレ、見ておけよ」、大熊後輩が「はい、先輩」とラブラブなやりとりするのがツイッターかフェイスブックにあったはずだけど、今はちょっと見つからない。

 まさか、そんなノリで、俺が勇気を出して加藤先輩だけに送ったバレンタイン告白メールを大熊後輩に見せたんじゃ、「コレ、見ておけよ、キモいぞ」、「はい、先輩、キャッ、怖い」てか。
 う・ら・や・ま・し・い~!!!!!

 あ、そうそう、ふ~ん、加藤先輩って「三国志Lineスタンプ」とか「彼女写真」だけじゃなくて、小さなクアッドコプターもすぐ買うのね。
 じゃあ、大きなアパッチ型クアッドコプターもご一緒に、いかがっすか? もれなくオマケでWEB界のスーパーゼウスこと、『がんばれWEBメシ』もついてきます。

 さあ、まだまだいくよ~。

●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕 3月11日
男版siriに定番の問い合わせをした結果。
「“寂しい” 
「“尊く偉大なものはみな孤独である”と聞いたことがあります。では、あなたもその素晴らしい人たちの中の一人なんですね」」

 とにかく男版siriが男版尻としか読めなくてしょうがない。
 助けて、加藤先輩語録!

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 11月23日
そうです。ひとりでやればいいのなら、会社なんてわざわざつくりませんから。それ以上にやりたいことがあるから、ですよね。 @itoi_shigesato 「組織のあり方」と、「持続可能性」とが、興味の中心にありますよね。ぼくも、いまでも、そうです。@sadaaki @tsuda」

 と聞いたことがあります。
「あなたもその素晴らしい人たちの中の一人なんですね」って後半の質問らしきにつきましては、直接お会いした際に正解します。

 いや~、それにしても畳みかけてくるねえ。
 そんな別に全然怖くないよ、頭クルックル設定なだけだし。そういう初期設定するところがアレなのはまあ仕方ないかなって。
 でもそのうち、『がんばれWEBメシ 目指せ、PTA会長編』を執筆予定なくらい、ご近所の名士よ。
 って熱弁してるそばから、加藤先輩から追加爆撃が!

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月14日
めっちゃおもしろい。観察眼と文章力がすごいなあ。/その遊び人は、真性か仮性か? - ぼくら社Blog http://bokurasha.hatenablog.com/entry/2014/03/11/114612 …」

 ヤダ、下ネタじゃない。
 でも、私はカントンだから関係ないも~ん。
 それでもまあ、イタコ役をベゾスから、川崎貴子社長にチェンジ!(でも、川崎社長の妹の方がタイプかな(http://ameblo.jp/joyante/entry-11472591734.html)←なんかの伏線に張ったけど、伏線を忘れちゃった中)

「30代というのは、20代に比べれば色々と物は解って、しかし、優先順位が付かずに迷走する時期です」

「40代になると「この人はいらない。」「これはやらない!」という事が瞬時に選別できるようになります。 無駄な人付き合いも上手に断れるし、自分自身の時間も忙しいのに確保できる。
 自分の中で、不動の優先順位が出来上がるのです」

「女の30代は失敗に満ちています。失敗を繰り返し、自分は何に適していて何に適していないのかを身体を張って習得する時期なのでしょう」

「さて、そんな混乱期(でも色々決めなければならない時期)に本気になったお相手が「遊び人」だった。ドキドキした私、浮かれていた私の馬鹿!と後悔する気持ち、解ります。
○○さんのお相手だった「上級遊び人」は、「僕、遊び人です。」宣言をしてくれたのだから、未だ性質が良かった」

「要はそのボディタッチを断った時、真性の遊び人は、全く傷つかずに平然としています。
あたかも、「予定通りです。」と言わんばかりの横顔。よどみなく楽しい会話は続くのです。そこが「病的な真性」の太さであり、自信なのです。」

「②30歳を超えているのに「前のめり」」

「④3度目が無い。
真性のデートでは、初めてのデート、もしくは2度目で必ず「男女の関係」になるプランニング、もしくは口頭での打診が行われます。
で、ここで断る、もしくは脈無し(気持ではなくあくまでも肉体関係)だと、3度目のデートはなかなかありません。
次に控えているデート候補者がいっぱいいるので、つっかえてる場合じゃないのです。
真性は、如何に効率良く口説き落とし、如何に効率効良く女性達を回して行けるかを自分に命じているので、「滞りそう」と思ったらすぐ次に行きます。
解りやすいと言えば解りやすいので、これはありがたい習性」

「しかし、真性はデート中の会話で一切の約束をしません。(中略)そこを悪魔のように見つけて、「素敵だよ」と囁けるのは相当場数を踏まないとできない技。敵ながらあっぱれ!
と、最後褒めて締めくくろうと思いましたが、やはり「真性遊び人」は、本命になるのも、彼女候補になるのもきつそうで、30代の女性達には特におすすめできません」

「恋愛は常に、「男女平等な市場」であると私は思っています。
結婚詐欺や、金品の貸し借りのトラブル、「婚活サービスで出会ったのに遊び目的だった」以外、
「だました。」「だまされた。」は無い世界ではないかと」

「特に30代はもう「わたし、遊ばれた!」とは言えない年齢。
もし、デートを重ねた相手が真性遊び人だったとしても、互いの本命になれなかっただけ(なりたくもないけど)のお話。
そのデートを無駄とカウントするより、女として充電したわー、ユンケルだったわーと思って次への活力に致しましょう。」

「30代女性は是非とも、王子様なんか待っていないで自ら円熟し、きょとんと突っ立っている多くの男性達を迎えに行って欲しいと願います。
それこそ、颯爽と、白馬に乗って」

 あのねえ、この子宮で考えたリズム感バリバリ文章だと、コピペ構成がしずらい!
 後、やっぱ俺は真正でも仮性でもなく、カントンだから完全にはムケないなあ、コレじゃ。

 え~っと、後、コレもカナダ人先輩恒例の人買い役も兼ねているんでしょうか?
 正直、「ぼくら社」って「ぼんくら」みたいも含めて、今までで一番ちょっといいかなあって一瞬思ったけど、やっぱ加藤先輩がブッチギリよ。

 いやいや、だってさあ、加藤先輩、やっぱいい男だわ。俺は見る目があるねえ。
 もうさ、仕事とか連載くれとか野暮なこと一切抜きで、こうやってずっと遊んでて欲しいくらい。

 終盤の怒涛の波状ラッシュ攻撃(「加藤先輩ツイッターのベゾス語録」ネタ(3/4(火))、「加藤先輩フェイスブックの既読スルー」ネタ(3/5(水))、「加藤先輩ツイッターの椎名誠」ネタ(3/10(月))、「加藤先輩フェイスブックのクアッドコプター」ネタ(3/10(月))、「加藤先輩フェイスブックの男版siri」ネタ(3/11(火))、「加藤先輩ツイッターの真正か仮性か」ネタ(3/13(木)))にもちろん全弾被弾してますけど、全部芯は外して受けているからまだまだ戦えますよ、ユンケル飲んだし。

 ちなみに、2014年3月13日(木)現在、加藤先輩からの正式アプローチはこの1ヶ月間でやっぱ0。
 あ、こんなところでも『ゼロ』の宣伝! もう商売上手なんだから、それに非公式には何度も遊んで貰ったお礼に、もう一冊『ゼロ』を買います。
 だもんで、お会いした際に2冊の『ゼロ』に加藤先輩のサインしてください。

 かく言うコグレ後輩こと、私の正式アプローチは2014年3月13日(木)現在、この1ヶ月間で営業メールを1本(加藤先輩ブログに「お問い合わせ、企画のご提案、ご依頼などはお気軽にご連絡ください。」と公開されている加藤先輩のメルアド宛てに、2014年2月14日(金)にお送りした営業メール(通称:ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/389940627.html))。一ヶ月に1本ペース)。
 後はツイッターで1ヶ月間で7回つぶやいたり(4日に1回ペース)、ブログを1ヶ月間で計36記事アップしたり(1日1記事強ペース)。
 
 こうしてみると数は大したことない。まさかアレか、質がキモいのが問題なのか!
 でもね、この1ヶ月間の、一連の営業活動はご挨拶代わりのでっかい名刺みたいなもんですから、そりゃ人の数だけ名刺も量も質がキモいもいろいろとございますよ。
 ま、全部プリントアウトして、束にまとめて、はじめて俺の名刺が完成する感じです。

 米粒に字を書く人に頼めば、普通の名刺サイズにおさまるかもしれないけど。『がんばれWEBメシ 米粒に字を書く人に名刺を頼んでみた編』あたりで加藤先輩と一緒にヤリたいところ。

 突然ですが、「明るく楽しいサバイバル」はまだまだ始まったばかりで、『がんばれWEBメシ』には改良の余地しか残っておりません。

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 2月5日
一度悪いものをリリースして、あとから改良すると評判がよくなるとか、普通思いつきませんよ。[今だけ無料]【第3回】とんでもなく悪いUIには、だいたい僕が関わってる。|川上量生の胸のうち|川上量生|cakes https://cakes.mu/posts/4767

「大事なところだけまずは小さく作って、走りながら直していく(19 8 / 2012 注目を集める電子書籍プラットフォームのピースオブケイクにルーキーエンジニアが転職したよ!」(http://dojo.wantedly.com/post/29752031657?fb_action_ids=4000636827170&fb_action_types=og.recommends&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582)より抜粋)

 以下の【2014年3月14日(金)のホワイトデーまでに正式連絡があった場合】の未来と【2014年3月14日(金)のホワイトデーまでに正式連絡がなかった場合】の未来なら、前者がオススメです、是非お試しあれ!

【2014年3月14日(金)のホワイトデーまでに正式連絡があった場合】
第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事アリ。 
第12手△(コグレ後輩) お約束通り「え~、どっしようかなあ。こう見えて、呼ばれてホイホイついていくような軽い男じゃないから。ま、一度会うくらいなら別にいいけど。加藤先輩の会社、見てみたいな。な~んちゃって、テヘペロ」ってウザい件名のメールを加藤先輩のメルアドに送る。

【2014年3月14日(金)のホワイトデーまでに正式連絡がなかった場合】
第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事ナシ。
第12手△(コグレ後輩) 『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第5回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の裏王手』(URLはまだよ、当たり前だのクラッカーでしょ! てか、こんなのがどうか産まれませんように)』をロ~ン~チ!

 最後に、薄々お気づきかも知れませんが、今まで散々騒いできた『がんばれWEBメシ』に特にこだわっていませんので、加藤先輩の頭の片隅にキチガイライターをそっと置いてやってください。
 何かの機会に、「うちの大事な駒は使えないし、あ、そういえば、都合のいい捨て駒を持ってたっけ!」と思い出して、お声掛けください。

 じゃあ、いつにしようか? 声掛け運動は早いほうがいいから、明日のホワイトデー? あ、明日は子供の幼稚園の卒園式だからちょっとアレかしら。

 まあ、うちは『彼女写真 横浜編』のすぐ近くで、原宿まで約1時間なのでお気軽にお声掛け運動しちゃってください。

 そういえば、まだ「第1期WEBメシ名人戦七番勝負」の第1局の真っ最中ですが、ついでにいつの日か第2局のお手合わせもお願いします。
「あ、今ねえ、まあ、もし第1局に負けても、GW明けくらいにはほとぼりも冷めるんじゃねえ。5月病ってことで第2局を仕掛けりゃいいか」って思ったよ、忘れるといけないからメモっときますね。

 あ、それともバレンタインデーの新しい行事として定着するように、毎年バレンタインデーにチョコの代わりに営業メールを送ろうかしら。
 そうすると「第1期WEBメシ名人戦七番勝負」の第7局が終わるのは7年後の2021年か。加藤先輩が47歳、コグレ後輩が45歳のときですね。

 そんな遠い未来よりも、明日のホワイトデーの未来が大事! 


【捨て】
「もちろん勝てば嬉しいし、負ければ悔しいということはあります。でも、長い年数やっているので、大舞台で特別な力が出るっていうことはないと思っていて、自分のできるかぎりのことに力を注ごうと思っているんです。切り替えはとても大事なことで、結果にかかわらず次に向かっていく姿勢は、どんなに実績があっても失ってはいけないことなんですよね」
常にフラットであるべき、闘志など持たずに平常心を貫くべき、というふうに解釈しようとした瞬間、羽生は「でも・・・」と続けた。
「達観とは言わないまでも、達観に近いような心境になることは必ずしもいいことばかりではない、というのも間違いないですよね。ある種の貪欲さというか、なんて言うんでしょうかねえ、ギラギラしたものをどこかの部分で持っていないといけないということはあると思います。ええ。際どい勝負をする時には、そういう気持ちの在りようは確かに大きいかなと思います。ロジックだけで説明できない部分はやはりあります。大山(康晴)先生や米長(邦雄)先生には、棋譜で見ると平凡であるはずの一手なのに、実戦ではすごい圧力感を受ける一手というものがありました。もちろん、どこまでが技術で、どこからが技術以外なのか線引きするのは難しいので、メソッドを作りづらいところではあるんですけど」
「過去と比べても今が最強なのか」
子どもじみた問い掛けには、こんなふうに語ってくれた。
「定跡が進みました、選択肢へのアプローチが増えました、という意味では今がいちばん方法論があると思います。七冠時代の自分と比較しても、ひとつの局面を見る能力は上がっていると思います。ただ、それがイコール棋力ではないというのが将棋の難しいところなんです。経験を積む難しさはあります。経験がプラスになるかどうかわかりませんし、むしろマイナスになったり足枷になったりもする。昔の自分のようには指せないんです。これをやったら咎められるとか、これをしてはいけないとか、やってみたらうまくいくような時でも考えてしまいますから。大切なのは、情報技術の発達とか今現在の外的な要因に対して、自分の持っているものをいかにうまく生かし切れるかということ。自分のスタイルや持ち味を、いかに使っていけるかということを常に考えていないといけないと思っています。だから、七冠時代の自分と7番勝負をやったら勝てるか、という意味では、やってみないとわからないというのが正直なところなんです」
(第18回 闘志について語るときに羽生の語ること(http://www.mishimaga.com/isasaka-kouki/018.html)より抜粋)

『がんばれWEBメシ』のコバンザメ商法編は、商社マン商法編に改名。

フォロワーの多い人に時限無料の著者URLを「俺の電通マンになってくれ。じゃあ、俺のURL貸すから、上手に宣伝しといてちょ。マーケティングフィーの取り分は折半でどうよ?」という『がんばれWEBメシ 電通マン商法編』。

2014年03月19日

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』 

 本回は『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)の続きです。

 いくぜ、プップゥ~。
 2013年3月13日(木)の夜に、10手目△(コグレ後輩)の『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)を打つ。

 上記の文中にて、この第10手に対する、「▲(加藤先輩)の第11手」はこう読んでいた。

【2014年3月14日(金)のホワイトデーまでに正式連絡があった場合】
第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメール(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/389940627.html参照)か、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事アリ。 
第12手△(コグレ後輩) お約束通り「え~、どっしようかなあ。こう見えて、呼ばれてホイホイついていくような軽い男じゃないから。ま、一度会うくらいなら別にいいけど。加藤先輩の会社、見てみたいな。な~んちゃって、テヘペロ」ってウザい件名のメール(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/389940627.html参照)を加藤先輩のメルアドに送る。

【2014年3月14日(金)のホワイトデーまでに正式連絡がなかった場合】
第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事ナシ。
第12手△(コグレ後輩) 『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第5回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の裏王手』(URLはまだよ、当たり前だのクラッカーでしょ! てか、こんなのがどうか産まれませんように)』をロ~ン~チ!

 さてはて、実際には、この第10手に対する、「▲(加藤先輩)の第11手」は如何に!
 はじまりはじまり~。
 の前に【第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の追加棋譜(第11手~第14手)】からどうぞ。

【第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の追加棋譜(第11手~第14手)】
第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事アリの「もしくは何かしらの正式のお返事アリ」系としての、「加藤先輩フェイスブックの“S”コインスペース」ネタと「加藤先輩ツイッターの悪い男のキス」ネタ。 
第12手△(コグレ後輩) お約束通り「え~、どっしようかなあ。こう見えて、呼ばれてホイホイついていくような軽い男じゃないから。ま、一度会うくらいなら別にいいけど。加藤先輩の会社、見てみたいな。な~んちゃって、テヘペロ」ってウザい件名のメールを加藤先輩のメルアドに送るってのに該当するほどアレじゃないけど、「もしくは何かしらの正式のお返事アリ」として”S”返事は貰ったことにしたから、「コグレオオカミツイッターでSつぶやき2連発」後、加藤先輩のメルアドに「12手目、第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の王手!」を送る。

第13手▲(加藤先輩)「加藤先輩フェイスブックのクロケッテシュ」ネタと「加藤先輩ツイッターのうまい?うまい?」ネタ、最後に「加藤先輩ツイッターの痛い女」ネタ。
(とココまでリライトしたのを見直し中、加藤先輩ツイッターを確認したところ、2014年3月20日(木)16時55分時点の速報です、加藤先輩ツイッターですっごいSを大発見! わ~いわ~い! でも、ケリをつけて撤収宣言の次回こと、週末の春一番の新作企画案の大幅変更が決定! わ~いわ~い! から9時間後、ただいま2014年は3月21日の2時18分。18時過ぎには加藤先輩の会社宛てにまともなメールを、その後コグレオオカミツイッターで一騒ぎ。いや~、なんかもったいなくてさあ、書くの、週末に一段落しちゃうなんてさみしいじゃん。あはは、なんちゅう本音だ。さ、そろそろやりますか)
第14手△(コグレ後輩) 「コグレオオカミツイッターで王手別S取り」ネタ後、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)を発表会し、「コグレオオカミツイッターでレッツ、バスロマン!」ネタ。

 では、順にみていきましょう。
【第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の感想戦(第11手~第14手)】
第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事アリの「もしくは何かしらの正式のお返事アリ」系としての、「加藤先輩フェイスブックの“S”コインスペース」ネタと「加藤先輩ツイッターの悪い男のキス」ネタ。 
第12手△(コグレ後輩) お約束通り「え~、どっしようかなあ。こう見えて、呼ばれてホイホイついていくような軽い男じゃないから。ま、一度会うくらいなら別にいいけど。加藤先輩の会社、見てみたいな。な~んちゃって、テヘペロ」ってウザい件名のメールを加藤先輩のメルアドに送るってのに該当するほどアレじゃないけど、「もしくは何かしらの正式のお返事アリ」として”S”返事は貰ったことにしたから、「コグレオオカミツイッターでSつぶやき2連発」後、加藤先輩のメルアドに「12手目、第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の王手!」を送る。

 心清らかに「今日のホワイトデーは、加藤先輩からどんなバレンタインのお返しが貰えるかなあ、何も貰えないかなあ、塩くらい恵んで貰えるかなあ。ていうか、園長、話長げえよ」と子供の卒園式で座して待っていたら、加藤先輩からこんなもんが届いていたよ。

●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんが山口 豪志さんのリンクをシェアしました。3月14日

これすごくいいなあ。似たようなのがむちゃくちゃ増えそうな予感。

コインスペース 東急プラザ 渋谷店
coinspace.jp

コインスペース 東急プラザ 渋谷店 2014年2月11日(火)JR 渋谷駅西口バスターミナル前、東急プラザ...」

 さてさて、恒例のリンク先の記事に飛びますか。
 の前からすぐ目についた、『コインスペース』のロゴに大注目!

 そのロゴとはアルファベットの“S”を“○”で囲んだ、“○Sマーク”(以下、“S”と表記)で、『コインスペース』の「スペース(Space)」の頭文字“S”から取ったようである。
 
 ちなみに、アルファベットの“S”は、「スペース」だけでなく、「塩(Sio、Salt)」の意味もあり、塩のロゴにも“S”が使われることもある(例えば、『財団法人 塩事業センター』(http://www.shiojigyo.com/)のロゴ)。

 なぜ、どうでもよさげな、しょっぱい塩話をしているかというと、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)の冒頭で、「秒読み中にトイレに行った相手に「塩を送って」敗れた全盛時代の大山」(http://tamarunoboru.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-adce.html)をさりげなく紹介し、それとなく塩をおねだりしておいたのだ、もちろんしおらしくね!

 つまり『コインスペース』の“S”は、加藤先輩が敵に送った塩、ちょっと待ってね、まず俺は敵じゃないから、Sはちゃんと貰うけど。

 ふん、どうせアタイなんて早く消えてなくなればいい、キモいナメクジキャラ扱いだから(合ってる!合ってる!何ですって!)、会社じゃなくて、“S”なんでしょうけどね。
「会社には来るな!」ってSをまかれた感とかは気にしない気にしない。
 原宿の玄関、渋谷あたりに盛りS系とかも考えない考えない(追記:もうどっかに書きましたが、加藤先輩の会社が原宿にあると最初勘違いしてました。途中で正しくは渋谷と気づきましたが、もしかしたら加藤先輩から直接指摘があるかもしれないので放置プレイしてましたが、永遠に放置プレイのままのようなので一応、1人相撲で間違いを指摘訂正しておきましたとも!)。

 あ~、とろけそう~。
 だって、そんなナメクジ扱いだって、このSのお返事は、「第11手▲(加藤先輩) 2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事アリ」の「もしくは何かしらの正式のお返事アリ」に該当するからね。
 だって、「正式」→「正しき」→「正S」→「正塩」のお返事だもん(追記:正しくは、「正式」→「せいしき」→「SS」→「塩塩」じゃない? 「さしすせそ」のさ行を、S変換してるんだから)。

 我田引水とか無理矢理過ぎとかそんな細かいことはどうでもいい、もうナメクジ頭はSでいっぱいさ!
 だからもう、続いての

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月14日
「悪い男性」のキスをする技がすごいです。そうだったのか![今だけ無料]キスをする方法、されない方法|ワイングラスのむこう側|林伸次 @bar_bossa |cakes(ケイクス) https://cakes.mu/posts/5253

 なんて、キスがキSにしか見えない、さ行のさしすせそが全部Sに見えちゃうからもう読み取れない! そんな気もない! し、辛抱たまらん! S、S抱たまらん!
 というわけで、2014年3月14日(金)はホワイトデーの夜に、

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 3月14日
ワ~イ、バレンタインのお返しで正式、正S、正塩のお返事を貰っちゃった。ありがとうございます、なんかS促したみたいで、Sいません。やっぱホワイトデーのお返しは塩に限るね、白いし。でもまあ、「会社には来るな手を出すな」ってことみたいですので、Gmail宛てにSぐ直メします、キS!」

「小暮大上 ‏@kogureookami 3月14日
あ、SうSう、キSとか言ってて、最後に貼り忘れてました。http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00A7PH2X6/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_2?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B0012Z79YW&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0VETBFD89T2ZQFG12FST …」

 ツイッターにて2連チャンでS、Sつぶやいた後、2014年2月14日(金)のホワイトバレンタインデー以来、2度目となる直メを加藤先輩の公開メルアドに送る。

 ただ、加藤先輩の11手目で、「2014年3月14日(金)のホワイトデーに、加藤先輩から「YES!YES!YES!」って件名のメールか、「YES!」って件名のメール、もしくは何かしらの正式のお返事アリ」と書いた、「もしくは何かしらの正式のお返事アリ」らしきを一応貰ったみたいだけど、あくまでお情けの補欠合格的Sお返事だった模様のくせに、主席合格級お返事同様、「お約束通り「え~、どっしようかなあ。こう見えて、呼ばれてホイホイついていくような軽い男じゃないから。ま、一度会うくらいなら別にいいけど。加藤先輩の会社、見てみたいな。な~んちゃって、テヘペロ」ってウザい件名のメールを加藤先輩のメルアドに送る」ってのもアレだし、12手目は妥協手として、上記のコグレオオカミツイッターのSつぶやき2連発と加藤先輩のメルアドに以下のような件名で、加藤先輩のメルアドにメールをお送りする。

●件名
12手目、第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の王手!

●本文
『株式会社ピースオブケイク』代表取締役CEO加藤貞顕様

前略
 まずはこの1ヶ月間、いろいろとご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません、そして何度も構って頂き、誠にありがとうございました。

 改めまして、コグレオオカミこと、●●●●(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)と申します。

 改まっていられるのは3分間くらいですので、さっそくSの件でございますが、もし本当によろしいようでしたら、さっそく段取りをさせて頂ければ幸いです。

 もちろんSの件がもしアレでしたら、スルーして頂いて構いません。
 いつものように。アチラで「Sだけに、Sルーされた」等騒いで、ネタにさせて頂きますので、お気になさらないでください。

 まずSの場所は『S コインスペース 東急プラザ渋谷店』でよろしいでしょうか?

 日時につきましては、加藤様のご都合のよろしいときをご指定頂ければと思っております。

 ただ大変恐縮ですが、「3/22(土)~3/30(日)は岐阜の実家に帰省」、「4/7(月)は子供の入学式」と予定が入っておりますが、それ以外でしたら、いつでもお時間を合わせられます。

 また、Sは「通常料金12分100円から」とのことですので、最低12分間、お時間を頂ければ幸いです。
 尚、東急プラザの建て直し工事が2015年度に着工される予定みたいですので、できましたら、2014年中のどこかで12分間お時間を頂ければ幸いです(http://www.shibukei.com/headline/9095/

 さて、12分間でナニする? ダメダメ、改まって改まって、『S コインスペース 東急プラザ渋谷店』は「お客様のスタイルに合わせ自由にご利用いただける!!」と謳っており、スタイル的には「●ビジネス 商談場所、会議室として打合せの「スキマ時間」に仕事場としてパソコンやiPadを使いたい時に
※会議室は空いていれば2名でも利用可能」が一番フィットしますので、12分間で商談をさせて頂ければと思っております。

 もちろん「2名でも利用可能」にこだわりませんので、ボディーガード的な方も一緒に連れてきて貰って構いません。

 後、私の個人情報は履歴書で言えば、右側の情報ばかり披露して参りましたので、履歴書の左側の情報も以下に書いておきます。
(*履歴書の左側を見せるのは加藤先輩だけ。って大義名分で、履歴書の左側部分だけ、加藤先輩のブログ『sadaakikato.com』(http://sadaakikato.com/profile/)のマネして、堂々と改変します!)(追記:更に堂々の大改変でもくらえ!)

profile
名前:●● ●●(●●●●・●●●)(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)
職業:自称プロ戦場特派員
略歴:
1975年 岐阜県●●●生まれ(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)。
1999年 ●●●大学商学部卒業(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)。
1999年 自称プロ戦場特派員を開業。開店休業状態なので、副業でビデオカメラマンにも携わる。
2002年 副業をライターに鞍替えする。本業の自称プロ戦場特派員は相変わらず。
2007年 7年間の育休に突入。子育ての合間に、メルマガや電子書籍などに携わる。本業の自称プロ戦場特派員は相変わらず。
2014年 7年間の育休が終了。副業のライターの復帰舞台をWEB界と決め、『ジセダイ』、『cakes(ケイクス)』、『コルク』にちょっかいを出し始める。本業の自称プロ戦場特派員は相変わらず。

くわしくはこちら(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)に。

contact
お問い合わせ、取材・執筆のご提案、ご依頼などはお気軽にご連絡ください。
mail:kogureookami@hotmail.co.jp
twitter:https://twitter.com/kogureookami
facebook:https://www.facebook.com/ookami.kogure
cell phone:090-●●●●-●●●●(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)

 以上です。もしご希望がございましたら、住民票や卒業証明書などもSの際に持参致しますので、あらかじめその旨お伝えください。

 ホワイトデーもそろそろ終わりそうですので、取り急ぎ以上です。
 もしお気が向きましたら、お時間ある際にご返信頂ければ幸いです。
 何卒よろしくお願い致します。草々宣言!


 以上です。さあ、王手の行方はどうなる!?
 遂に感動のご対面! となるのか!?
 Sでの12分間のS談で『がんばれWEBメシ』の連載を勝ち取れるのか!?
 加藤先輩の13手目を乞うご期待!

第13手▲(加藤先輩)「加藤先輩フェイスブックのクロケッテシュ」ネタと「加藤先輩ツイッターのうまい?うまい?」ネタ、最後に「加藤先輩ツイッターの痛い女」ネタ。
第14手△(コグレ後輩) 「コグレオオカミツイッターで王手別S取り」ネタ後、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)を発表会し、「コグレオオカミツイッターでレッツ、バスロマン!」ネタ。

 週明けの、3/17(月)に来ましたよ、それらしきが!
●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがデジタルコンテンツ配信プラットフォームcakes(ケイクス)さんの写真をシェアしました。3月17日
これは週末につくらないとですよ。

彩り豊かなポルトガル料理をあなたの食卓にも。バダサオリさんが綴る、酒とつまみの垂涎レシピ連載。
おつまみにもぴったりの元祖牛肉コロッケ「クロケッテシュ」
https://cakes.mu/posts/5247?r=20140315fb

 最初はこれ、「自意識過剰丸出しを武器に、加藤先輩のツイッターや加藤先輩のフェイスブックから、「わ~い、お返事だ」と思い込めるブツを適当に見繕う」系とは思わなかった。
 第一印象では、「おぉ~、あの第12手にも乗って来ないか」ってゾクゾクして、「じゃあ、次はどうしてくれよう」ってワクワクドキドキ、「もうやめようよ~、結果がどうであれ、バレンタインデーからホワイトデーまでの間って最初に決めたじゃん。第12手がダメなら、2014年12月31日まで待って、2015年の元旦に「まいりました」って年賀メール出す手筈で、さっきその年賀メールの下書きも書いたじゃん」との仕事早いアピール声を聞き流し、一応リンク先の記事を一読。

 最初は、おつまみにもぴったりの元祖牛肉コロッケ「クロケッテシュ」の連載タイトル『とりあえずビール』って線かと読み、確かにSこと、『コインスペース』は「飲み物食べ物持込OK」で、「おつまみと缶ビールを買ってきて、お手軽飲み会」もできるみたいと読み進めたが、日程も読み取れない。

 でも、途中であれれ~と別のことに気づく。
 う~ん、やはり12手目で王手は早かったか。そもそも、そんな簡単に王将は獲らせないだろうし。
 でも、王は取れなかったが、別Sはゲットできたかも。

 今回の加藤先輩語録は「これはSゅう末につくらないとでSよ」のみ。
 まず「これ」とは「クロケッテシュ」のこと。
「クロケッテシュ」とは「ワインの「コルク」ぐらいに細長くて小さな牛肉コロッケ」のこと。
「週末」とは「3/17(月)時点の週末だから、3/22(土)、23(日)」のこと。

 なぜ「これ」を「週末」に「つくらないとですよ」なのか?
 教えて、おSゃれな美人店員Sん先輩! 「春本番の4月より、春を待つ3月の今頃の方が、春の新作が一番売れるんですよー」。

 コルク戦の別Sアドバイス通り、日程変更します。ありがとうございます!
 で、正解かしら?

 何の話かと言うと、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)より抜粋披露しますね。

「『WEBメシのタネ⑰ ネタバレ注意! 最後の最後に見てね編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56119074.html)で触れた、「尚、2014年3月14日のホワイトデーに、『コルク』に「9番バッターになりたい。コルクのベストナインに入れて~」と営業ラブメール計画があるのはまだ極秘です」の変更点は以下の通り。

「やっぱ3月14日のホワイトデーより、4月1日のほうが新年度っぽくて、フレッシュなことを仕掛けるのにふさわしいし、何よりエープリルフールだし、ついでにうちのオカンの誕生日だからいいかなあと。
 それとも7年間の育休が完全に明ける、子供の小学校の入学式のある4月7日がいいかなあ。
 もしくは、4月はどこもなんやかんやでバタバタするから、GW明けくらいにのんびりと5月病を気取ってフラリと現れようかしら」」

 というわけで、「エープリルフールだから別にいいだろ」ネタや「子供の入学式の日くらい別にいいじゃん」ネタに、「5月病だから別にいいかなって」ネタは使えませんが、「3/22(土)、23(日)は岐阜で『彼女写真 岐阜2』用の追加エロロケハン予定」を変更して、岐阜の漫喫あたりで『がんばれWEBメシ! コルク編』をします!

 でも、まだどこか釈然としない気持ちが残ったまま。
 じゃあ、気持ちの整理をしてみましょう。

「SはSルーで、別SにSルーパS! そんないきなりCなんて。おとなしく2014年12月31日までSの12分間を待ちます」とカマトトぶろうとして、「あ~、でも、加藤先輩のところもCじゃん」とすぐ気づき、「ははん、さては4P祭りの前夜祭で3C祭りがヤリたいんだな」とピンコ勃ちで、「わかる。わかるなー、それ」状態ですよ。
 コレは問題なし。

 別SにSルーパSって言うか、正しくは、別CにSルーパSって、あ、まさかこのツイートと関係あるんじゃ。

●佐渡島後輩ツイッター(https://twitter.com/sadycork
「佐渡島庸平 ‏@sadycork 3月10日
曽田さんの最新作「テンプリズム」の担当編集者は、僕の他にもう一人。業界的には、ちょっとビックリする人に、4月からのコルクへの入社を決意してもらえたので、その人物による会社内での化学変化も楽しみ。」

 そういえば、「コルクス」ネタ(「cakes(ケイクス)×代官山蔦屋書店コラボ企画 津田大介×速水健朗×加藤貞顕トークライブ 」(https://cakes.mu/posts/549)より)ってのもあったから、エープリルフールに向けての大掛かりな仕込みのナニかかしら。

 さすがに深読みしすぎか。
 どっちにしろ「コルクス」を体現するのは俺だ、厳密には「ジセコルクス」か「コルクスダ~イ」、もしくは「ケイクダイ」とかですがね、4P祭りのお神輿さん的には。

 それとも、単に「Sだけに、Sルーされた」と言わせたいのだろうか、おSゃれな美人店員Sん先輩は。もうドSさんなんだから。

 なんてグズグズしていると、

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月17日
@fukayatsu おお。うまい?うまい?」

 ムキィ~、加藤先輩ったら、今度は大熊後輩と別の後輩とのイチャイチャを見せつけて!
 俺には「会社には来るな手を出すな、その代わり、Sをやろう、いつの日か。だって、そもそもWEBメシだろ、WEB界の外に出てくんなよとSの12分間もお預け状態。そりゃもちろん「スルーして頂いて構いません。Sだけに、Sルーされたって騒いでネタにしますから」と一方的に言いましたし、あくまで「できましたら、2014年中のどこかで12分間お時間を頂ければ幸いです」って言いがかりレベルですが、加藤先輩に何の問題も落ち度もないと結論は出てますが、2014年12月31日までまだまだ日はあるからいいもん」

 それともすっごい遠回しというか深回しに、『Wantedy』経由で『cakes』の連載募集中って出したタイミングで会社訪問に来いと?
 でもね、『Wantedy』の最初のとこ、Facebookマークの“f”が、Wantedlyマークの“W”に変わるのが怖くて、意味分かんなくて、とてもひとりじゃ無理よ、そんなハッカーみたいな真似は。 

 あ、まさか、別CにSルーパSするってことは、妬いてるの? 私が『ジセダイ』や『コルク』とイチャイチャしてるのの当てつけね。

「別Cのところに早く行きたいんでしょ、ほら、もうCのことなんてもういいから放っといて、餞別に別C用の別Sアドバイスあげるから」って、「追いかけて来ないで!」って言われて、素直に額面通りにその言い草を受け取って、追いかけないと失敗する系の奴か?

 ち・な・み・に、『WEBメシのタネ⑫ 『週刊プレイボーイ』の週刊連載『出張! ビンボー裁判』編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56109130.html)にこう書いた通り、「いきなり結果発表! おめでとうございます、加藤先輩、『cakes』(https://cakes.mu/posts)が優勝です!(中略)実は、例の『cakes』が優勝したとき、最後まで優勝を争っていたのが『ジセダイ』と『コルク』(http://corkagency.com/)でした。
 ゆくゆくは『cakes』と『ジセダイ』と『コルク』と私で四角関係(後略)」

 もう忘れん坊さんなんだから、今もずっと加藤先輩が一番だよ。それに4P祭りなんだから。
 C王手別C取りも、3C祭りも4P祭りもなんでもござれ!

 あ、「もしかしておSゃれな美人店員Sん先輩も春一番の新作の先物買いとかする?」
 当然しますよね、「3月の女の儀式」だから。

 よし、「Cの春一番の新作企画」と「別Cの春一番の企画」を週末につくらないとですよ、だって「春本番の4月より、春を待つ3月の今頃の方が、春の新作が一番売れるんですよー」ですから。
 と結論を出した春一番さんはこうしました。

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 3月18日
「あ~、またこんなにS噴いちゃったねえ~、ヘイ、お待ち!」(SS屋の大将が鯨をさばきながら言いそな下ネタ)。Sょう棋用語でいうところの“王手別S取り”になった模様ゆえ、別S、毎度! Sも別Sも「おお。うまい!うまい!」、それとも別Sだけで2度うまいのか? ちょっと、おフロ休憩へ」

 なんて春一番を言いつつ、ざっくりと仕上げて、清書はお風呂に入ってからと、湯船で金玉を眺めながら、「あ、加藤先輩がまた妬いちゃうから、週末に先駆けて、とりあえず春一番の新作企画案の第一弾を加藤先輩だけに発表しないと」なんていい気分になりながら、寝ちゃったみたいで気づいたら朝風呂!
 水中にユラユラ浮かぶ金玉は催眠効果があるから、見つめすぎは要注意だぞ、クション!

 じゃあ、風邪をひくまえに、さっそく春一番の新作企画案の第一弾、いってみよう!

●春一番の新作企画名
『レッツ、バスロマンインタビュー』(別名『がんばれWEBメシ レッツ、バスロマンインタビュー編』)
●春一番の新作企画趣旨
 今年の春は、7年間の育休から仕事復帰するブームが来そうなヨ・カ・ン!
 例えば、細川ふみえ女史のみ!

「2007年4月に不動産会社の社長A氏と結婚したが、当時はA氏に妻がいたため、離婚後の11月に正式入籍。12月に男児を出産したが、夫の経営する会社が倒産し、巨額の負債を抱えたこともあり、2009年12月に離婚した。(中略)7年間は「子どもが反抗期になったときに言い返せるように、愛情を持ってやってきた」と自負するなど、子どもと向き合うことを第一に生活してきた。その間、生活保護受給スレスレの生活レベルと週刊誌に報じられたこともあったが「お金は…本当に貯金を少しずつ崩してやっていました」とギリギリの生活を送っていることを明かした。(中略)グラビアについても「うまく撮ってもらえれば何とかなるかもしれない」と意欲を見せた」(『細川ふみえ「貯金崩して…」7年間の生活涙の告白!「90センチ」健在でグラビアにも意欲』(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140316-00000027-dal-ent)より抜粋)。

 そんな細川ふみえ女史の7年間の育休時代にスポットをあて、肉薄インタビューで、母乳派だったかミルク派だったか、どこのオムツを使っていたか、おすすめの赤ちゃん休憩室はどこかしらなどを聞き出したりする。
 もちろん、インタビュー役は昨今の7年間の育休事情にも精通しているコグレオオカミが適任かと。

 また、細川ふみえ女史は再起をかけてグラビアにも意欲を見せているようですので、まずその第一歩として、ワンルームのユニットバスの湯船あたりで「レッツ、バスロマンインタビュー」と題して、例のダンスを踊りながら(http://www.youtube.com/watch?v=okfV4rk1ahg)、インタビュー&撮影に挑んで頂く。
 オマケのメーキング映像として、動画も撮影しておく。

「ただ、雑誌とかと比べると、インタビューや対談ものが多めかもしれません。Webではそういうものが読みやすいなと、編集の過程を通じて再認識しました。インタビューって、いろんな面白い人から伺った濃い話をまとめるのに適した形だし、特にアーカイブされていった時に新たな価値が出てくる。なので、そこは意識的に増やしていこうと考えています。(中略)Webの強みを生かして、写真にも力を入れています。」(『【加藤貞顕氏インタビュー】デジタルコンテンツの時代に対応したプラットフォーム「cakes(ケイクス)」の目指すもの』(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25508)より抜粋)。

 ということでしたら、「レッツ、バスロマンインタビュー」だけでなく、「レッツ、バスロマン対談」形式もいけます。
 昔、『Hush!』(日本ジャーナル出版)という雑誌で、『巨乳エレベーター対談』、『パンチラエスカレーター対談』、『おっぱい丸出し動く歩道対談』という対談3部作に関わった過去があるので、対談のプロです。

 さっそく、細川ふみえ女史のシングル「ポチに八つ当り」(http://www.youtube.com/watch?v=qcX6TpGHehA)の作詞は『cakes』にも縁ある大槻ケンヂ氏なので、せまいユニットバスでふたりで対談してもらいましょう。

 また同曲の作曲は『ビートたけし』氏にも縁あるグレート義太夫氏なので、連続対談形式もしくは、ユニットバス三者座談会と化し、最後は「ポチに八つ当たり」を合唱して、大団円。
 めでたしめでたしとのナレーションとともに細川ふみえ女史が胸に巻いていたバスタオルがはらりと落ちて、オマケ動画も終わる。

 一応、上記の企画がアレだったりNGだった場合に備えて、春一番の新作企画案の補欠ものっけておきます。
●春一番の新作企画名
『活字いいんよインタビュー』(もしくは『がんばれWEBメシ 活字いいんよインタビュー編』)
●春一番の新作企画趣旨
 いや、もう読んで字の如く、活字相手に「いいんよ」こと「引用」インタビューをします。
 例えば、本物の細川ふみえ女史のインタビューも対談もNGだったとしても、細川ふみえ女史の過去のインタビュー記事などをかき集めて、活字の細川ふみえ女史相手に、まったく新しいインタビューを切り貼り引用というか、まるでモザイク模様のように美しくコラージュしながら作り上げます。
 本物インタビューと妄想インタビューの狭間を狙った隙間産業的インタビュー企画です。

 その上級者バージョンが、まさに今のコレですね。
 実際に加藤先輩にインタビューどころか、会話すら交わしていないのに(もちろん魂の会話はビンビン交わしていますが)、ここ一ヶ月くらい活字の加藤先輩相手に一人相撲インタビュー的な粋なことをしてるわけですから。
 要は、活字の加藤先輩相手にしつつ、生の加藤先輩が遠回しに構ってくれるという、まるで録画番組中に生中継のライブがサブリミナルされる感じなので、コレも『活字いいんよインタビュー』の立派なお仲間、トップクラスです。

 とココまで書いて、ながら加藤先輩ツイッターしてみたら、

●加藤先輩ツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月19日
このかたの文章、毎回すごいです。深い洞察とやさしさと。/孤独の闇に訪れる、痛い女というシャドウ - ぼくら社Blog http://bokurasha.hatenablog.com/entry/2014/03/18/115928 …」

 と川崎社長ネタが新しく投下されていましたが、えっと、まず石切り得意です。後は、あ、もう大丈夫です、次回で「痛い大阪のおばちゃん」は一段落します。
 こういう手を打たせて、すいませんでした。

 では、次回こと、週末にまた春一番の新作企画案の第2弾をお送りさせて頂きます、もちろん別Cより先に!

 と発表会後、すぐさま、

●コグレオオカミツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 3月19日
レッツ、バスロマン!(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html …)。いや、ね、ふと気づいたら、朝風呂になってましてね。いろいろホントもうすいません。でも大丈夫大丈夫、ちゃんと週末でケリつけてキレイに撤収します宣言!」

 と突然のようやくの終わりを匂わせる急展開に!?

2014年03月22日

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第6回 まいりました幽霊が出た!』

 今回はこの世に存在しないはずの幽霊原稿です、うらめしや~、うらWEBメシ屋~。

 第14手△(コグレ後輩)で、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)を発表会し、「コグレオオカミツイッターでレッツ、バスロマン!」ネタを披露した後から、「『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』 」(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)の【第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の追加棋譜(第11手~第14手)】の第13手▲(加藤先輩)のところに、「とココまでリライトしたのを見直し中、加藤先輩ツイッターを確認したところ、2014年3月20日(木)16時55分時点の速報です、加藤先輩ツイッターですっごいSを大発見! わ~いわ~い! でも、ケリをつけて撤収宣言の次回こと、週末の春一番の新作企画案の大幅変更が決定! わ~いわ~い!」と追記したところまで、つまり2014年3月19日(水)の昼頃~同年3月20日(木)の17時頃までに書いた、春一番の新作企画案の第二弾が幽霊原稿の正体です。
 なぜ幽霊原稿かと言うと、大幅変更しちゃうと原型をとどめずほとんど消えちゃうから。

 ちなみに、すっごいSの正体はコレです。
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月20日
cakesでは、インターンとアルバイトを募集しています。仕事の内容は、編集補助や各種雑務です。編集やライターの志望のかた、ぜひご応募ください。経験者やフルタイム希望の方、大歓迎です! ご応募はinfo@pieceofcake.co.jpまでー。」

 もう水戸泉先輩なんだから!

 豪快な供養代わりに、「2014年3月19日(水)の昼頃~同年3月20日(木)の17時頃までに書いた、2014年3月23日(日)の夜に出す予定だった春一番の新作企画案第二弾」のご冥福をお祈りしましょう。

【幽霊原稿】
 第16手△(コグレ後輩)、まいりました!

 ホントは、まだまだ「まいりました」を後生大事に取っておくつもりでした、加藤先輩のメルアドに「12手目、第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の王手!」を送った後、Sでの12分間のS談のお返事を2014年12月31日まで、約9か月間気長に待ち続けながら。
 それでも結局、加藤先輩からお返事がなければ、2015年の元旦に「まいりました」って年賀メールを出す手筈も整えていました。

 なのに、もうまいりましたの怪!
 元々、持ち時間はバレンタインからホワイトデーまでの29日間と決めていましたし、加藤先輩からわざわざ敵にSを送って貰っての第12手でダメだったら、このまま続けても一発逆転の手でも見つからない限り、千日手まっしぐらなのは分かっていた。

 いやいや、そうなら、第16手じゃなくて、第14手でもっと早くまいりましたしてないと!
 うるせえ、そんな屁理屈知ったことか!
 だって加藤先輩の第13手も魅力的だったんだもんと第14手でもがむしゃらに押しの一手。

 でも、一気の押し一人相撲中、なんか臭ってきたんだよね。第13手の「加藤先輩ツイッターのうまい?うまい?」ネタが難しいというか怪しいというかヤバいから取扱い注意というかなんというか。
 そういうときは日本古来のしきたりにのっとり、押してもダメなら引いてみな作戦に急ブレーキでドリフト方向転換し、第14手の最後あたりにその旨を漂わす。

 もちろん引くときも本気、第1期WEBメシ名人戦七番勝負の第1局はもう負け戦覚悟で、この第16手に取り掛かる、未来の第2局に備えて。

 きっと「まいりました、出直します」と言ったお口で、「じゃあ、第1期WEBメシ名人戦七番勝負の第2局いってみよう」とか言いだしそうなのは当然加藤先輩に読まれているだろうから、負けたら自主謹慎の意も込めてこの『がんばれWEBメシ』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/)や『がんばれWEBメシ』のWEBメシのタネ倉庫みたいなところ?(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami)、『「『がんばれWEBメシ』のWEBメシのタネ倉庫みたいなところ?」の臨時出張所!』(http://kogureookami.tumblr.com/)などを一旦閉鎖します!

 cakes戦は2014年2月14日(金)~同年3月23日(日)までの38日間でしたので、ああ、まだ倍返しはアリね、じゃあ、最低でも今日(2014年3月23日(日))から38日間の倍、76日間、6月6日まで自主謹慎します。

 …やっぱ5日間だけオマケして貰って、自主謹慎期間は71日間で、6月1日に復活でもよろしいですか? ほら、6月1日は衣替えの日だから、なんか心機一転っぽいし!

 いやいや、ホント反省してますって、ええ。せっかく別Sで週末アドバイス頂いた別C戦も第1局を負けたペナルティとして、自主謹慎明けの6月1日だか6月6日だかの週末にしたりしなかったり。
 もちろん自主謹慎明け早々に「大丈夫、C戦の第2局も忘れてないぜ」とかついでに言い出しません。

 ウソ偽りはございません。あ、そうそう、ウソ偽りと言えば、どうでもいいXPネタのことですが、自分専用パソコンは確かにXPですが、実はもう1台のワイフパソコンはWindows7でした。だってXPで『cakes』を見ると10年モノのレッツノートのせいか動きが重いし~、パソコン1台しか持ってないなんて言ってないもん。

 という系統のどうでもよくないコネタもありますが、そういや、このコネタを椎名誠ネタのときに使おうとしてやっぱやめたのも、今やいい想い出です。

 あ、そうそう、いい想い出と言えば(コレがもうホント最後です)、あの~、まさか『WEBメシのタネ 『ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)や、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)に、加藤先輩が「いいね!」してくれましたか?

 ある日、ふと気づいたわけ。誰からも一度も貰ったことない「いいね!」がついていることを!
 ちなみに、『WEBメシのタネ 『ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)だけ、「いいね!」が2コも。もう1コは五味さんか?
 てか、全部五味さんか? ひとりで1記事に対して何個も「いいね!」できるのか? 

 その辺の確信が持てないこともあり、とりあえず温めてきましたが、もし万が一、「いいね!」の真犯人が加藤先輩でしたら、直接アクションを3回も、ありがとうございました。
 そして、「いいね!」どころじゃないいっぱいを、加藤先輩、ありがとうございました。

 すっごい楽しかったです。スター編集者の戦い方、凄みにゾクゾクしました。
 う~ん、実にしっかりと、広々とアチコチまで根っこが、奥深くまではって絡まってるねえ。美しい。 
 いや~、やっぱ俺は少なくとも見る目はあるねえ。

 これからも加藤先輩を陰ながら(ストーカーって意味じゃないぞ、もう!)、微力ながら応援します、あ、微力ってのはね、毎月500円也のことで、ってことをわざわざ書くから、アレな人扱いなんですよね。
 でも、ま、しょうがないじゃん、そういうキャラ設定なんだし、そういうキャラ設定しちゃう人が、がんばれWEBメシ!(完)


 ハイハイ、(第1期WEBメシ名人戦七番勝負の第1局は)まいりました原稿は、以上以上。
 まだまだ先は長いんだから押し押しの押せ押せでいくよ~。
 続いて以下は、俺の今後の計画表代わりのメモ書きを原稿風にリライトしたものでございます。

 とまあ、まいりました原稿は書いたけど、さてこの後どうしましょうか、まずは第1期WEBメシ名人戦七番勝負の第2局。
 いやいや、当然っしょ、俺の問題の根は次はまもなくブラジル~ブラジル~に到着する勢いだからさ。
 もちろん約束した通り、諸々はちゃんと一時閉鎖されて、6月1日だか6月6日まで自主謹慎します、WEB界では。

 あ、そうだ、紙界から加藤先輩に手のひとつもふって、びっくりさせようそうしよう。
 まず加藤先輩の読んでいる雑誌で、この手のことに使えそうなのは、『ビックコミックスピリッツ』だ!  最近、同誌には巻末コラム3本をいろんな書き手が、「インハイスピリッツ」ってコーナーがある。

 実は私も『スピリッツ』を中学時代からず~っと、もう20年以上読んでいる。
 だから、『スピリッツ』でコラム連載してから、前園真聖や桜庭和志が本業が急にダメになって、コラム連載も尻つぼみで終わったのも知っている。

 でもプロスポーツ選手じゃなくて、自称プロ戦場特派員だからいいやと『スピリッツ』編集部の『インハイコラム』担当者宛てに完成原稿を送りつければいいさ。
 一応、ソレならギリギリWEBメシっしょ。
 んで、以下みたいな感じかしらとざっと下書きをば。

【『スピリッツ』のインハイコラムの原稿】
 がんばれWEBメシ! ウワッ、いきなりそんな変な応援をされてもびっくりしてる場合じゃないんです。
 もっと驚愕の事実があります。な、なんと今まで不毛の大地と呼ばれてきたWEB界で最近メシを食えるようになってきたらしいんです。
 そういえば、『スピリッツ』もオフィシャルサイト『Spinet』に、無料WEB漫画サイト『やわらかスピリッツ』とWEB界にも着々と進行中だ。本誌の発行元小学館も昨年9月に人気ファッション誌9誌の電子雑誌も始めた。
 コレは「みんなでWEBにメシでも食いに行かね」という大きな流れがきているのか。
 その波は本誌で『キミ!さいよー』を連載中の石原まこちん氏にもザブ~ン。氏の自伝的漫画『GENGO』を『cakes(ケイクス)』でWEB連載しているのだ。
 な~に、そのケーキっぽいのは?『cakes(ケイクス)』とは『もしドラ』などを手掛けた編集者加藤貞顕氏がダイヤモンド社を辞めて、2012年9月11日に立ち上げた簡単に言えば、電子雑誌、難しく言えば定額課金型コンテンツ配信プラットフォームである。
(もし可能ならば、石原まこちん氏に「『やわらかスピリッツ』ではなく、『cakes』でWEB漫画連載をさいよー」した理由などを取材し、ココに氏のコメントを入れる)

 幽霊原稿は以上です!
 だって、「まあ、たぶん、まこちん氏は『SPA!』つながりだろうな」とか考えていたときに(創作秘話。基本的にエンジンかかるまで何本か並行して原稿書いてるの。で、エンジンかかった原稿一本に絞る感じ)、「とココまでリライトしたのを見直し中、加藤先輩ツイッターを確認したところ、2014年3月20日(木)16時55分時点の速報です、加藤先輩ツイッターですっごいSを大発見! わ~いわ~い! でも、ケリをつけて撤収宣言の次回こと、週末の春一番の新作企画案の大幅変更が決定! わ~いわ~い!」って状況となり、この幽霊原稿ができあがった次第でございます。

 ちなみに、スピリッツ幽霊原稿はこの後、「紙vsWEB 誌上プロレス」あたりを繰り広げる体で、紙とWEBのそれぞれのメリットデメリットを具体例をあげつつ実況中継し、その後もう一ネタくらいかぶせてから、結論として「ぶっちゃけ、読者にとっては紙でもWEBでもどっちでもいい。おもしろければどっちも応援しちゃう。きっと今は読者にとって一番おいしい時代なのかもしれない。紙だけじゃなくてWEBも楽しめちゃうんだから。じゃあ、WEBメシも食えるようになってきたってことで、がんばれ紙&WEBメシ!」って定番締めが骨組みかな。
 後は、骨組みにおいしそうな贅肉を2、3追加して、体のバランス整えて、キレイなべべを着せてあげる感じかしら。

 かしらとか言ってる場合じゃないかしら、でも、まだ2014年3月22日(土)の昼12時だから、週末は始まったばかり(昨日はあくまで祝日で、週末ではない設定)。

 今度は大幅変更した春一番の新作企画案の第二弾を「週末につくらないとですよ」、「週末にださないとですよ」。後、「週末に『彼女写真 岐阜編2』のエロロケハンしないとですよ」に、「週末にいつの日か表の面接だかS談だかに万が一呼ばれた場合に備えてネタを仕込まないとですよ」くらいかしら。

 次は、2014年3月23日(日)の夜23時59分というギリギリ週末あたりに~、急げ急げ楽し楽し。

2014年03月23日

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第7回 まいります!』

 まいります!

 ???「まいりました」の進化系?「ノイローゼでまいります!」?「cakesにまいります!」?
 謎を解明するため、先に進みましょう。

 △(コグレ後輩)の第14手として、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)を発表会し、コグレオオカミツイッター(https://twitter.com/kogureookami)で
「小暮大上 ‏@kogureookami 3月19日
レッツ、バスロマン!(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html …)。いや、ね、ふと気づいたら、朝風呂になってましてね。いろいろホントもうすいません。でも大丈夫大丈夫、ちゃんと週末でケリつけてキレイに撤収します宣言!」
 とつぶやいた、約24時間後の「第15手▲(加藤先輩)」から新展開が始まった。

●加藤先輩ツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月20日
cakesでは、インターンとアルバイトを募集しています。仕事の内容は、編集補助や各種雑務です。編集やライターの志望のかた、ぜひご応募ください。経験者やフルタイム希望の方、大歓迎です! ご応募はinfo@pieceofcake.co.jpまでー。」

 なんじゃこりゃ~!!!!!
 いやいや、これまた、すごい手を。この手は読んでなかったなあ。文章上はどうであれ、いつも淡々と書いてるわけですが、さすがにびっくりしたわ。

 でも、コレは素直に「さすがお塩先生先輩! ありがとうございます」と喜んでいいのかしら。
 会社には手を出すな、Sに来いって感じだった気がしたけどいいのかしら。ま、時期的に春一番だし、たまたま募集の時期とかぶったという可能性もあるないあるないあなる。
 一応、「経験者」には該当するから、連載希望経験者枠でいけるっしょ。「インターン(38歳)」もトレンディドラマのタイトルみたいでいいけど。

 とりあえず「第16手△(コグレ後輩)」の第一弾として、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)の「第13手▲(加藤先輩)「加藤先輩フェイスブックのクロケッテシュ」ネタと「加藤先輩ツイッターのうまい?うまい?」ネタ、最後に「加藤先輩ツイッターの痛い女」ネタ」のところにこう追記した。

「(とココまでリライトしたのを見直し中、加藤先輩ツイッターを確認したところ、2014年3月20日(木)16時55分時点の速報です、加藤先輩ツイッターですっごいSを大発見! わ~いわ~い! でも、ケリをつけて撤収宣言の次回こと、週末の春一番の新作企画案の大幅変更が決定! わ~いわ~い!)」

 というわけで、善とSは急げとばかりに、手を出しちゃいけないはずの加藤先輩の会社のアドレスに会社訪問、俺のメールが一足お先にね!(「第16手△(コグレ後輩)」の第二弾)

●件名
フリーライターの●●●●(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)と申します。

●本文
『株式会社ピースオブケイク』御中

謹啓
 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 私、フリーライターの●●●●(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)と申します。
 貴社の代表取締役CEO加藤貞顕様の仕事募集のツイッターを拝見し、ご連絡させて頂きました。

 実は、フリーライターと申しましたが、2007年5月から育休を取っておりますので、約7年間のブランクがございます。来月、子供が小学校に上がるので仕事復帰を考えております。

 
 育休前は『週刊プレイボーイ』を中心に週刊誌や月刊誌などで取材・執筆をしておりました。
 過去原稿ファイル及び、貴社でやらせて頂きたい企画案なども持参致しますので、実際にご高覧頂ければ幸いです。

 以下に、私の簡単な履歴書を記載させて頂きます。
 
 もしご興味を持たれましたら、ご連絡頂ければ幸いです。
 それでは何卒よろしくお願い致します。 謹白

(*第12手同様、履歴書の左側を見せるのは加藤先輩だけプラス加藤先輩の会社だけ。って大義名分で、履歴書の左側部分だけ、加藤先輩のブログ『sadaakikato.com』(http://sadaakikato.com/profile/)のマネして、堂々と改変します!)(追記:更に改変だい改変だ~い!)

profile
名前:●● ●●(●●●●・●●●)(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)
職業:自称プロ戦場特派員
略歴:
1975年 岐阜県●●●生まれ(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)。
1999年 ●●●大学商学部卒業(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)。
1999年 自称プロ戦場特派員を開業。開店休業状態なので、副業でビデオカメラマンにも携わる。
2002年 副業をライターに鞍替えする。本業の自称プロ戦場特派員は相変わらず。
2007年 7年間の育休に突入。子育ての合間に、メルマガや電子書籍などに携わる。本業の自称プロ戦場特派員は相変わらず。
2014年 7年間の育休が終了。副業のライターの復帰舞台をWEB界と決め、『ジセダイ』、『cakes(ケイクス)』、『コルク』にちょっかいを出し始める。本業の自称プロ戦場特派員は相変わらず。

くわしくはこちら(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56145720.html)に。

contact
お問い合わせ、取材・執筆のご提案、ご依頼などはお気軽にご連絡ください。
mail:kogureookami@hotmail.co.jp
twitter:https://twitter.com/kogureookami
facebook:https://www.facebook.com/ookami.kogure
cell phone:090-●●●●-●●●●(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)

 以上です。
 何卒よろしくお願い致します。


 と至ってマジメに普通になんとか書き切る。「ちょうど『cakes』さんっていいなあと思っている矢先に、貴社の社長さんの募集ツイッターに出会って、運命を感じました」程度も削ったからね、ふぅ~。
 応募した旨をコグレオオカミのツイッターでつぶやく前に、加藤先輩のフェイスブックを確認したら、いっぱいアップされてるじゃん!(「第15手▲(加藤先輩)」の仲間たちということで)

●加藤先輩フェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがデジタルコンテンツ配信プラットフォームcakes(ケイクス)さんのリンクをシェアしました。3月20日

仲暁子 vol.1 人生一度きり。無駄にしてる時間はない。 | イケてる経営者が日本を救う | 藤野英人 | cakes(ケイクス)
https://cakes.mu/posts/5202
ファンドマネージャーの藤野英人さんが、イケてる日本の経営者にインタビューする対談シリーズ。今回のゲストは、Facebookでつなが...」

 加藤先輩は無言で記事紹介のみ。
 ココはシンプルに「人生一度きり。無駄にしてる時間はない。」でしょうか。
 だって、「それともすっごい遠回しというか深回しに、『Wantedy』経由で『cakes』の連載募集中って出したタイミングで会社訪問に来いと?」(『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)より抜粋)って書いたから。
 もしくはタイトルの「イケてる経営者が日本を救う」かしら、もうイケてる白馬の王子様先輩なんだから、私も救って!

●加藤先輩フェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがリンクをシェアしました。3月20日
これはやばい。めちゃおもしろい。

黒田勇樹のハイパーメディア人生相談 | 黒田勇樹(くろだゆうき) |
第22回 この逆境をどう打開しますか? - ハイパーメディアフリーター 俳優 黒田勇樹の人生相談
http://happyhotel.jp/hyper/pc_index.jsp

 加藤先輩語録は「これはやばい。めちゃおもしろい」。
 つまり「いろんなところに書き手をたくさん囲っているぜ。そんな俺のハーレムの一員になりたいのかい。でも、お前は俺一筋じゃなきゃダメだぜ」って、「それでもいいから、なりたいわよ」ってナニ言わすのよ、このドスケベ発展家束縛先輩!
 後、「この逆境をどう打開しますか?」ってあたりかしら。
 ちなみに、黒田勇樹後輩は、『がんばれWEBメシ』仲間でもありますよね。浮気じゃありませーん!

●加藤先輩フェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがリンクをシェアしました。 3月20日

『タモリ論』はじめに【前編】 「タモリ=絶望大王」説 | サングラスの奥に隠された狂気とその神髄——『タモリ論』序論 | 樋口毅宏 | cakes(ケイクス)
https://cakes.mu/posts/2502
タモリの本当の“凄さ”って何だろう。なぜ30年以上も毎日、生放...」

 加藤先輩の無言記事紹介方式で。
「自分で言うのも何ですが、好きな人はすごく好きだけど、嫌いな人は僕の名前を口にするもの嫌だというぐらい、非常に好き嫌いが分かれる本を書いています」。
「常人離れしたあなたの狂気や神髄に触れたくて、日夜研究しているウォッチャーがいることを、お忘れなきよう」。

●加藤先輩フェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがリンクをシェアしました。 3月20日
川田十夢(AR三兄弟 長男)→山戸結希(映画監督)Vol.2 「どんな映画を撮りたいですか?」 | いま、僕たちが話を聞きたい人 | カンバセーションズ | cakes(ケイクス)
https://cakes.mu/posts/5235
今回インタビュアーを務めるのは、テレビ、雑誌、映画、ファッシ...」

 恒例の加藤先輩語録抜きの記事紹介!
 あ、インタビュアー、別C(別T?)の人だ!
 そうそう、後で春一番の新作企画案の第2弾をまとめて発表しますが、ココで1コだけ先行発表!

●春一番の新作企画名
『勝手に他人のインタビューに答える!』
●春一番の新作企画名
 説明不要な気もしますが、他の誰かにされたインタビューの質問に勝手に答える企画で、具体的にはこんな感じです。

Q.山戸監督は、これまでどんな映画を観てきたのですか?
コグレ後輩:山戸監督じゃないです! 生理的に映画は受け付けません。強制的に2時間座りっぱが耐えられない。でも、映画本は好きで小林信彦、町山智浩、中原昌也あたりのは結構読んでます。映画を見たい気持ちはなぜかあるので昔、仕事になったら映画を見るかなと思い、『週刊他人の映画』って週刊連載を始めて(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56109466.html)、半年間は毎週1本映画を見てましたが(ビデオで)、一度もぶっ続けの通しで見たことはない。ストップボタン片手に、細切れで見てたけどとにかくきつかった。ただ、昔からなぜか『男はつらいよ』だけは平気なんですよね。

Q. 例えば、以前に僕がインタビューをした本広克行監督の「踊る大捜査線」シリーズなどは観ていますか?
コグレ後輩:観てませーん、非国民でーす!

Q.「踊る大捜査線」はそれこそ国民全員をターゲットにしているような規模の作品ですが、山戸監督は自分の作品を観る人たちの層や人数などはどの程度意識していますか?

コグレ後輩:だから山戸監督じゃないですって!『東海道中膝栗毛』みたいに嫌がらせで後世に残り、子孫に「江戸の人ってバカじゃないの。ホモでウンコチンチンなことしか書いてないじゃん」って思われるみたいに、「平成の人ってバカじゃないの。先輩でチンコマンコなことしか書いてないじゃん」って子孫に言われたいので、江戸人なんかに負けてたまっかよ、子孫全員をターゲットにできる普遍的なテーマしか扱ってないつもりです。同時代で言うと、『男はつらいよ』や『こち亀』みたいなところを目指していると言い続けているのに、冗談か嫌味としか思われません。

Q. 「踊る大捜査線」のような作品は、いま山戸監督が撮っているような世界からは遠いものだと思いますが、いずれ大きな作品も撮ってみたいという思いはありますか?

コグレ後輩:あ、間違えて1コ前のところで答えちゃった。あ、そうそう、誰が山戸監督やねん!

Q. いざ大きなメガホンやアンプをポンと渡された時に、何をやっていいかわからなくなってしまう人もいると思うんですね。でも、監督の場合はそうじゃないと思うし、大きなメガホンを渡されたら、それに見合った大きな映画を作ってくれるんだろうなと。それは勝手に楽しみにしています。

コグレ後輩:おう、任せとけ、楽しみに待っとけや。で、メガホンはいいとして、アンプちゅうんはナニに使うんじゃ? (でっかいメガホンに口をつけて)でもがんばれWEBメシ!<続く>

 ま、こんな感じです、いろいろと。

 とりあえず加藤先輩のフェイスブック4連発にざっと目を通してから、

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 3月20日
浮気も無駄も絶望も映画もしませーん! バカ、最初からずっとお前だけさ。と言いつつ、すっごいSを拾ったからと理由をつけて、会社に手出しちゃった。ソレとか今のコレは週末の春一番の新作企画とは別モノね。でも、別Cに週末浮気はしない。週末は『彼女写真 岐阜2』のエロロケハンさ。忙し忙し。」

 とつぶやく(「第16手△(コグレ後輩)」の第三弾)。
 その後、また『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)の「第13手▲(加藤先輩)「加藤先輩フェイスブックのクロケッテシュ」ネタと「加藤先輩ツイッターのうまい?うまい?」ネタ、最後に「加藤先輩ツイッターの痛い女」ネタ」にこう追記の追記をば(「第16手△(コグレ後輩)」の第四弾)。

「(とココまでリライトしたのを見直し中、加藤先輩ツイッターを確認したところ、2014年3月20日(木)16時55分時点の速報です、加藤先輩ツイッターですっごいSを大発見! わ~いわ~い! でも、ケリをつけて撤収宣言の次回こと、週末の春一番の新作企画案の大幅変更が決定! わ~いわ~い! から9時間後、ただいま2014年は3月21日の2時18分。18時過ぎには加藤先輩の会社宛てにまともなメールを、その後コグレオオカミツイッターで一騒ぎ。いや~、なんかもったいなくてさあ、書くの、週末に一段落しちゃうなんてさみしいじゃん。あはは、なんちゅう本音だ。さ、そろそろやりますか)」

 んで、またまたたくさんな加藤先輩フェイスブックと加藤先輩ツイッターに(「第17手▲(加藤先輩)」)、構って頂く(「第18手△(コグレ後輩)」の第一弾)。

●加藤先輩フェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがリンクをシェアしました。3月20日
cakesで連載していただいた本が3冊もはいってます! ありがとうございます。

ビジネス書大賞
http://biztai.jp/prize_nominate.html
「ビジネス書大賞」は、1年間を代表するビジネス書を選出し表彰する日本初のビジネス書のアワードです。「ビジネス書のプレゼンスをさらに大きなものとすることで、出版業界の活性化に貢献するとと...」

 おめでとうございます!
 おっ、めずらしく普通にできた!

●加藤先輩フェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがリンクをシェアしました。3月20日
昨日、Canonの6Dをお借りして撮影をしてたら、すごくいいカメラでほしくなった。でも、なかなかのお値段。こんなの買ったら、いいレンズをあと2本くらい買っちゃうから、計50万円くらい飛ぶよなあ。それくらいなら買わないほうが……でもなあ……(←今ここ)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009C6VADE/

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D
www.amazon.co.jp
◆35mmフルサイズセンサーならではの高画質と豊かな表現力◆携帯性に優れる世界最軽量35mmフルサイズデジタル一眼レフカメラ◆EOS シリーズ初、Wi-Fi 対応の無線LAN 機能・GPS...」

 加藤先輩語録から「それくらいなら買わないほうが……でもなあ……(←今ここ)」をピックアップし、コメントから「細川 壮 買わないで後悔するより、買って後悔しよう!<するはずない!!!」と「フェルディナント ヤマグチ 迷ったら買い!大人のキホン!」をセレクト。

●加藤先輩フェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕さんがデジタルコンテンツ配信プラットフォームcakes(ケイクス)さんの写真をシェアしました。3月20日

年度末がせまり、お忙しく過ごしている方も多いのではないでしょうか。
ときどきはゆっくりと心を休めてくださいね。
写真は祐天寺[Arancia]のベイクドチーズケーキです。」

 わ~、おいしそ~なSじゃなくて、CもしくはBTC。
 とにかくケーキもやさしい先輩も大好き~。
 ちなみに、遠回しに「もっと『がんばれWEBメシ』したら、今度は祐天寺のケーキじゃなくて、原宿の本物のケーキをあげるよ」ってことかしら、馬の目の前にニンジンをブラさげるみたいに。馬並み~。

●加藤先輩ツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月20日
異常におもしろい。“@muzzlin: 【おしらせ】独身OLのすべて、新しいの更新されました!今回はえげつないです。女子会に夢を持ってるボウヤ達は見ないでください→独身OLのすべて/まずりん 第23話 独身OLと女子会 http://www.moae.jp/comic/dokushinol/25/1 …”」

 女子会の立ち位置で言うと、ノブ子ズビジョン派ですね。
 ネコで言うと、ネコまっしぐら派。

●加藤先輩ツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月21日
フェル先生の人生相談。今回は好きな人が見つからない女性の相談にお答えいただいてますよ。【第72回】結婚は親孝行?|フェル先生のさわやか人生相談|フェルディナント・ヤマグチ @gogoferdinand |cakes(ケイクス) https://cakes.mu/posts/5287

 加藤先輩語録、「フェル先生の人生相談。今回は好きな人が見つからない女性の相談にお答えいただいてますよ。」ということは、質問の2ですね。

 ああ、大丈夫大丈夫、もし「Q2. 自分に好意を寄せてくれた相手に興味が持てません。逆に自分には全く興味を示さない男性ばかりに惹かれてしまいます」だとしても、ハーレムにはいろんな男を囲んでおけるんだから、好き嫌い言わずに手広くいかないと。

 それとも、「A2. あなたは典型的な「追っかけ型」の女性です。追いかけ振り向かせることに情熱を燃やし、それが我が物になると急に熱が冷めてしまう。こうした体質の方は、相手が妻子持ちだと意外と長く続いたりします。なにしろそう簡単には手に入らないわけですから、嫉妬と(盗み食いに因る)満足感が入り混じった複雑な感情に刺激されつつ、ズブズブと泥沼にはまっていく訳です」だとしても、相手がハーレム持ちなら無問題!

●加藤先輩ツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月21日
この人すごいなあ。目の前の相手とフラットにやりとりするには、謙虚さと自信の両方が必要ですよね。[今だけ無料]プライドを懸けた静かな戦争|ワイングラスのむこう側|林伸次 @bar_bossa |cakes(ケイクス) https://cakes.mu/posts/5320

 さ~て、今回の加藤先輩語録は、「この人すごいなあ。目の前の相手とフラットにやりとりするには、謙虚さと自信の両方が必要ですよね」ですね。

「この人」は「音楽評論家」。察するに、きっと男子会の立ち位置で言うと、私と同じノブ男ズビジョン派ですね。
 この手の男子は狙った男の前では無理してでもカッコつけがち、だ・か・ら、マスター逃げて~、感心してると「音楽評論家」にヤラれちゃうよ~。
 てか、どうせ「この人」も加藤先輩のハーレムの一員か一員候補なんでしょ、んもう~!

 ちなみに、「謙虚さと自信の両方」って、「知名度も仕事も連載も本もない飛車角に金銀落ちの大ハンデ戦でございますが、あ、そんなけでハンデ足りる? まだまだ余裕で、他のハーレムの一員の誰にも負ける気しねえなあ。ああ、もう面倒臭いから、束になってかかってこいよ! レベルの違いなんてケチ臭いもんじゃなく、次元の違いの分かる大人の男にしてやるぜ。あ、もちろん、うちの土俵の上で戦うならって意味でございますよ、ええ。ちなみに、うちのちっぽけな土俵の定員は1名で~す」って頭がアレなお痛さんの価値基準のでもいいのかしら。

 と、なかなか先に進まないので、このあたりでコッチより先に書いて、2014年3月22日(土)の昼12時にコッソリ発表した、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第6回 まいりました幽霊が出た!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392198535.html)でもどうぞ(「第18手△(コグレ後輩)」の第二弾)。

 そこの最後に「今度は大幅変更した春一番の新作企画案第二弾を「週末につくらないとですよ」、「週末にださないとですよ」。後、「週末に『彼女写真 岐阜編2』のエロロケハンしないとですよ」に、「週末にいつの日か表の面接だかS談だかに万が一呼ばれた場合に備えてネタを仕込まないとですよ」くらいかしら。
 次は、2014年3月23日(日)の夜23時59分というギリギリ週末あたりに~、急げ急げ楽し楽し」と書いた通り、そろそろ締め切りのお時間なので、まずは「春一番の新作企画案の第2弾」からいってみよう!(「第18手△(コグレ後輩)」の第三弾)

●春一番の新作企画名
「編集者番付 ~書き手が編集者を選ぶ時代が本格的に到来す~」
●春一番の新作企画趣旨
 毎回、編集者経験の豊富な書き手に「まず今までの編集者経験人数を教えてください。うわっ、3ケタって、ヤリ書き手じゃないですか。で、どの編集者が一番上手でしたか? そ、そんな編集テクまで持ってたんすか? 実はその編集者、密かに狙ってたのに、なんかイメージと違う~。ええ、その編集者は知ってますけど。え~、マジっすか、俺を担当編集したときはそこまで、こう枕編集的なことはしてくれませんでしたよ、いいなあ~」とインタビューし、編集者番付を作成する連載企画です。
 ええ、将棋やWEBメシだけでなく、編集者も知のオープン化時代ですから。いつまでも陰の功労者面はしてられないぜ。
 これからの書き手は、この編集者番付を編集者カタログとして閲覧し、自分好みの編集者をマッチングする時代が来るでしょう。
 ゆくゆくは、私は敏腕編集者エージェントとして、加藤先輩の一大書き手ハーレムに負けないくらいの一大編集者ハーレムを築きあげ、いろんな書き手に「今日はこの編集者がおススメですよ、どうっすか、安くしときますよ」とやり手ババアみたいに営業します!
 でも、もちろん私の一大編集者ハーレムのトップに君臨するのは加藤先輩に決まってます! 他の書き手には絶対貸してやんないもん!
 とまあ、いつもの加藤先輩ネタ(嘘嘘、本気本気)として書き始めたんですけど、普通にこの企画おもしろそうじゃないですか?
 書き手に編集者のことだけインタビューするってありそうでなかったようなあったような、加藤先輩の引き出しになければ初物ですね。
 ま、もし二番煎じ、3匹目のどじょうでもいいや、コレは是非ヤリたいから。
 7年間の育休ブランクのおかげで、何のしがらみもない今しか、俺にしかできない企画です! この企画のせいで、全編集者から嫌われたって構うもんか、加藤先輩さえいれば大丈夫!


●春一番の新作企画名
「ハイ、そこ、WEBに落ちてる変なものを拾わない!」
●春一番の新作企画趣旨
 今までWEBで拾った一番変なものを自慢大会する、読者投稿連載企画です。
 例えば、加藤先輩の場合なら『がんばれWEBメシ』でしょうし(あ、まだ拾ってませんでしたっけ?)、私の場合なら、ん? 無修正モノを自慢大会するのはアリなのか? 加藤先輩に要確認!


●春一番の新作企画名
「WEBの新サービス体験記」
●春一番の新作企画趣旨
 ちょっと『がんばれWEBメシ』臭がしますが、WEBの新サービス、『ツイッター』(あの福山雅治が先日、3月15日にTwitterを開設)や『フェイスブック』、『Wantedly』に『schoo』、そして『cakes』とWEB素人童貞が毎回、WEBの新サービスに挑み、いい具合だったとかを上手にルポする連載企画です。


●春一番の新作企画名
「いやいや、ちょっと見て公開するだけだから、別にいいじゃないですか、お気に入りフォルダくらい、死ぬわけじゃあるまい」
●春一番の新作企画趣旨
 自分の本棚を他人に見せる以上の羞恥プレイ、それがお気に入りフォルダ露出プレイではないか。
 そんなお気に入りフォルダ内が加藤先輩関連の記事だらけと公開露出プレイされた日には、もう恥ずかしくてお外を歩けない。
 昆虫標本みたいに、採集日と簡単なスペック(年齢・性別・職業くらい)だけ載せて、『お気に入りフォルダ図鑑』を作る連載企画です。


●春一番の新作企画名
「はじめまして、赤ペン先生です」
●春一番の新作企画趣旨
 プロ、素人を問わずWEBで見かけた文章を「はじめまして、赤ペン先生です。今日はよろしくね」なんて言いながら、ほめたりけなしたり勝手に添削したりとある意味、殴り込み的道場破りな連載企画です。
 俗に言う、赤ペン無頼って奴ですね。後、赤ペンの“赤”は、炎上の“赤”です。
 一重に、活字界を活性化させて、活字界全体を更なる高みに登らせたいという純粋な起爆剤魂の発露企画です。この企画のせいで、全書き手から嫌われたって構うもんか、加藤先輩さえいれば大丈夫!


 後、本回の「加藤先輩フェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato)の川田十夢(AR三兄弟 長男)→山戸結希(映画監督)Vol.2 「どんな映画を撮りたいですか?」 | いま、僕たちが話を聞きたい人 | カンバセーションズ | cakes(ケイクス)」のところで、春一番の新作企画案の第2弾の先行発表と題して、以下を記載済みです。
●春一番の新作企画名
『勝手に他人のインタビューに答える!』
●春一番の新作企画趣旨
(上記に記載済みゆえ略)

 本回のこの先のところ、「既に発表済みの「春一番の旧作企画案」のまとめ」にもこんな春一番の新作企画案の第2弾があります。
●春一番の新作企画名
『目指せ、コンテンツ躾の東大!』
●春一番の新作企画趣旨
 2007年5月の頃、これから育休の合間に引っ越し先のWEBでメシを食おうという元プロが、無料で記事を書くとかありえない、武士は食わねど高楊枝だと気取っていましたが、その約3年前、2004年2月頃から本格的にWEBで無料エロスを楽しむようになっていた。
 実は、2004年2月頃まで、エロのエロビデオ部門だけで、毎週1000円は使っていた(『ゲオ』の5本で1000円レンタルで)。
 だから毎月最低でも4000円以上(もう忙しくて1本も見るヒマがなくても、返すヒマすらなくて延滞料を払ってでも、まるで修行のように毎週毎週AVのみ5本で1000円を4年間借り続けた。その前、上京物語した1994年4月~2000年2月までの間も毎月4000円くらいはエロビデオに正当な対価を支払っていた)、年に換算するとエロのエロビデオ部門だけで年5万円以上散在していた。エロのその他部門は内緒! 計算するのが怖い!
 しかし、ちょうど2004年2月頃に近所に『ゲオ』がないところに引っ越したこともあり、またけしからんことにWEBに無料エロスが増えてきたせいで、エロビデオ部門にこの10年間で1円も使っていない。
 つまりこの10年間でエロビデオ業界は俺だけで50万円は損し、俺業界は50万円は得したエロ計算になる。
 えっと、何の話でしょうか、コレは。ああ、コンテンツ躾大学の件ですね。
 つまりコンテンツ教育をまったく受けていない昭和生まれの人間はこうなるって見本です。エロでこうなら、他のWEBに金など払うわけがない。
 そんな無コンテンツ学な昭和生まれ男子を体育館に集めて、川上氏に「せめてWEBでエロスを楽しむなら、WEB以前に支払っていたエロビデオ代くらい払いましょう」とかなんとかコンテンツ教育を躾けて貰い、コンテンツ躾の東大を目指す企画です。


 続いては、発表済みの「春一番の新作企画案の第1弾」を『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)よりヌキヌキ!

●春一番の新作企画名
『レッツ、バスロマンインタビュー』(別名『がんばれWEBメシ レッツ、バスロマンインタビュー編』)
●春一番の新作企画趣旨
 今年の春は、7年間の育休から仕事復帰するブームが来そうなヨ・カ・ン!
 例えば、細川ふみえ女史のみ!

「2007年4月に不動産会社の社長A氏と結婚したが、当時はA氏に妻がいたため、離婚後の11月に正式入籍。12月に男児を出産したが、夫の経営する会社が倒産し、巨額の負債を抱えたこともあり、2009年12月に離婚した。(中略)7年間は「子どもが反抗期になったときに言い返せるように、愛情を持ってやってきた」と自負するなど、子どもと向き合うことを第一に生活してきた。その間、生活保護受給スレスレの生活レベルと週刊誌に報じられたこともあったが「お金は…本当に貯金を少しずつ崩してやっていました」とギリギリの生活を送っていることを明かした。(中略)グラビアについても「うまく撮ってもらえれば何とかなるかもしれない」と意欲を見せた」(『細川ふみえ「貯金崩して…」7年間の生活涙の告白!「90センチ」健在でグラビアにも意欲』(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140316-00000027-dal-ent)より抜粋)。

 そんな細川ふみえ女史の7年間の育休時代にスポットをあて、肉薄インタビューで、母乳派だったかミルク派だったか、どこのオムツを使っていたか、おすすめの赤ちゃん休憩室などを聞き出したりする。
 もちろん、インタビュー役は昨今の7年間の育休事情にも精通しているコグレオオカミが適任かと。

 また、細川ふみえ女史は再起をかけてグラビアにも意欲を見せているようですので、まずその第一歩として、ワンルームのユニットバスの湯船あたりで「レッツ、バスロマンインタビュー」と題して、例のダンスを踊りながら(http://www.youtube.com/watch?v=okfV4rk1ahg)、インタビュー&撮影に挑んで頂く。
 オマケのメーキング映像として、動画も撮影しておく。

「ただ、雑誌とかと比べると、インタビューや対談ものが多めかもしれません。Webではそういうものが読みやすいなと、編集の過程を通じて再認識しました。インタビューって、いろんな面白い人から伺った濃い話をまとめるのに適した形だし、特にアーカイブされていった時に新たな価値が出てくる。なので、そこは意識的に増やしていこうと考えています。(中略)Webの強みを生かして、写真にも力を入れています。」(『【加藤貞顕氏インタビュー】デジタルコンテンツの時代に対応したプラットフォーム「cakes(ケイクス)」の目指すもの』(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25508)より抜粋)。

 ということでしたら、「レッツ、バスロマンインタビュー」だけでなく、「レッツ、バスロマン対談」形式もいけます。
 昔、『Hush!』(日本ジャーナル出版)という雑誌で、『巨乳エレベーター対談』、『パンチラエスカレーター対談』、『おっぱい丸出し動く歩道対談』という対談3部作に関わった過去があるので。

 さっそく、細川ふみえ女史のシングル「ポチに八つ当り」(http://www.youtube.com/watch?v=qcX6TpGHehA)の作詞は『cakes』にも縁ある大槻ケンヂ氏なので、せまいユニットバスでふたりで対談してもらいましょう。

 また同曲の作曲は『ビートたけし』氏にも縁あるグレート義太夫氏なので、連続対談形式もしくは、ユニットバス三者座談会と化し、最後は「ポチに八つ当たり」を合唱して、大団円。
 めでたしめでたしとのナレーションとともに細川ふみえ女史が胸に巻いていたバスタオルがはらりと落ちて、オマケ動画も終わる。

 一応、上記の企画がアレだったりNGだった場合に備えて、春一番の新作企画案の補欠ものっけておきます。
●春一番の新作企画名
『活字いいんよインタビュー』(もしくは『がんばれWEBメシ 活字いいんよインタビュー編』)
●春一番の新作企画趣旨
 いや、もう読んで字の如く、活字相手に「いいんよ」こと「引用」インタビューをします。
 例えば、本物の細川ふみえ女史のインタビューも対談もNGだったとしても、細川ふみえ女史の過去のインタビュー記事などをかき集めて、活字の細川ふみえ女史相手に、まったく新しいインタビューを切り貼り引用というか、まるでモザイク模様のように美しくコラージュしながら作り上げます。
 本物インタビューと妄想インタビューの狭間を狙った隙間産業的インタビュー企画です。

 その上級者バージョンが、まさに今のコレですね。
 実際に加藤先輩にインタビューどころか、会話すら交わしていないのに(もちろん魂の会話はビンビン交わしていますが)、ここ一ヶ月くらい活字の加藤先輩相手に一人相撲インタビュー的な粋なことをしてるわけですから。
 要は、活字の加藤先輩相手にしつつ、生の加藤先輩が遠回しに構ってくれるという、まるで録画番組中に生中継のライブがサブリミナルされる感じなので、コレも『活字いいんよインタビュー』の立派なお仲間、トップクラスです。

 以下は、既に発表済みの「春一番の旧作企画案」のまとめです。

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第1回 ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメール』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/389940627.html)より、春一番の旧作企画案もピックアップし、改めてココにまとめて再掲載しておきます。

○『がんばれWEBメシ コバンザメ商法編』
 いきなり『がんばれWEBメシ』を1本立ち連載させるのは不安という方向きの作戦です。

 まずコバンザメってご存知でしょうか?
 ええ、それなら話が早い。ま、そういうことです。
 最初は例えば、『川上量生の胸のうち』のケツあたりで、こっそり『がんばれWEBメシ』のコバンザメ連載をスタートする感じでしょうか。

 たぶん、川上氏にバレても、「親のしつけが悪い」って言われるくらいだから大丈夫です。
「でも、世間の親はみんな学がないんです。一緒にコンテンツ躾大学をやりましょう、目指せ、コンテンツ躾の東大!」とかなんとか言いながら、「WEBメシ」を仕掛けて誤魔化します。

 後、コバンザメ連載できそうなのは、石原まこちん先生の漫画のTシャツあたりに『がんばれWEBメシ』を載せて頂き、タッチすると拡大して読めるっていうハイテクコバンザメ連載もいけるって、加藤先輩が言ってました。

「新しい市場を創るデジタルコンテンツは新しい発想のもと作られなければいけないと思っています」
http://www.sbbit.jp/article/cont1/25240

「テクノロジーと情熱を組み合わせれれば、なんとでもなる、おもしろい時代がきていると思います」
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/107/107931/

 テクノロジーは関係ないですが、二村さんのとこもコバンザメ連載、イケそうですが、あそこはエロいから、うちのお堅いイメージ戦略的にはちょっとNGかな…。

 あ、そうだ、『がんばれWEBメシ』のイメージ的にピッタリなところがありました!
『彼女写真』です!

 いつだって『がんばれWEBメシ』は、いきなり高みにチャレンジし、おいしいWEBメシにありつくために、セクシーサバイバルするのが売りですから。
 いきなり社長相手とか人気連載相手とか気にしません。

 もちろん、ノーアイデアで『彼女写真』にコバンザメ連載させてくれなんて言いません。
 いいアイデア、いっぱいいるよ、シャチョさん!

 なんか『彼女写真』のふたりが、読者に内緒でこっそりと交換日記を始めましたって設定で、『がんばれWEBメシ』をふたりの交換日記として載せておけば、「これ、かわいいよね?」ってなります!

 てか、別にならなくてもいいから、『彼女写真』でコバンザメ連載したい。
 うん、そうしようそうしよう。

(*追記。『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)の文末で、『がんばれWEBメシ』のコバンザメ商法編は、商社マン商法編に改名されました。
 その際、ついでに「フォロワーの多い人に時限無料の著者URLを「俺の電通マンになってくれ。じゃあ、俺のURL貸すから、上手に宣伝しといてちょ。マーケティングフィーの取り分は折半でどうよ?」という『がんばれWEBメシ 電通マン商法編』」も披露。)

(*また追記。「最初は例えば、『川上量生の胸のうち』のケツあたりで、こっそり『がんばれWEBメシ』のコバンザメ連載をスタートする感じでしょうか。
 たぶん、川上氏にバレても、「親のしつけが悪い」って言われるくらいだから大丈夫です。
「でも、世間の親はみんな学がないんです。一緒にコンテンツ躾大学をやりましょう、目指せ、コンテンツ躾の東大!」とかなんとか言いながら、「WEBメシ」を仕掛けて誤魔化します。」ということみたいなので、スピンオフ企画誕生!

●春一番の新作企画名
『目指せ、コンテンツ躾の東大!』
●春一番の新作企画趣旨
(上記に記載済みゆえ略)


○『がんばれWEBメシ プロデューサー商法編』
 長きに渡る、くだらない冗談はこのへんにし、ようやく本題です。
 ずいぶんとお待たせ致しました。

 恐れ多くも今まで馴れ馴れしく加藤先輩呼ばわりさせて頂いたのも、実はすべてこの本題の伏線ゆえ、どうかお許しください。

 冒頭らへんの、加藤先輩が新潟の中3のとき、俺は岐阜の中1でしたってくだりが伏線でした。

『がんばれWEBメシ 彼女写真プロデュース編』と題して、新潟編2みたいに、岐阜編2をプロデュースさせてつかわさい!

 もちろん岐阜編1もよかったですが、もっとエロい、もとい、もっと大人の付き合いを楽しめるオススメデートコースがあるんです!

 もう、いくらジャンプしてパンツ見えたって問題ない穴場だらけです、穴開きパンツだって、ノーパンだって大丈夫!

 カモン、ジャンプ!
 ダイブ、長良川!
 もちろん水着はヘッドフォン型のビキニをご用意しておきます。

「ヘッドフォンをつけたまま、間違えて川にダイブした彼女。
 あれ~、どこかな。もう案の定です。
 必死に水の中をキョロキョロ探す彼女。もうあきらめようよ。
 パシャ。小さな水音と一緒に、彼女のヘッドフォンをくわえた鵜が水の中から現れた!!!
 びっくりしながらも、去り行く鵜さんにありがとうと手を振りおえ、またヘッドフォンを濡れ髪にまとう彼女」。

 ええ、鵜だって、やるときはやってくれますよ。
 私も東京上京物語してちょうど丸20年、この岐阜編2をプロデュースするために、高校卒業するまでの18年間、岐阜くんだりでエロロケハンを続けていたんだなあと、よく分からぬ感慨もひとしおです。

 はっきり言って、岐阜編30くらいまでプロデュースできる自信があります。

 ふぅ~、もう満足満足。
 ああ、例の件ね。ま、適当に人気のある連載のところに、週替りのたらい回しでコバンザメ連載させる方向で処理して頂いて構いませんことよ。


○『がんばれWEBメシ 彼女社員編』
 ちなみに今さっき、彼女写真と打とうとして、間違えて彼女社員と打ってしまって産まれたのが、『がんばれWEBメシ 彼女社員編』です。

 同じ会社同士で不純異性交遊な関係じゃなければ、彼女の職場の姿なんて知らないわけじゃないですか。

「やめてください、課長」、「いいだろ、減るもんじゃないだろ、部長」って課長の彼女が、定年間近の部長にセクハラしてるオフィスな風景を激写!

「WEB関係ないじゃん」とお思いでしょうが、課長彼女の会社はちゃんとWEB系だから大丈夫です、抜かりはございません。


○『がんばれWEBメシ 週替りたらい回しのコバンザメ連載を探せ商法編』
 え~、只今の時刻、2014年2月14日の19時43分でございます。

 もう、そろそろ、加藤先輩にバレンタインメールでも送って、上がろうかしらと思い、ふと現在の『cakes』の最新ランキング1位を見ると、『アイデアは思いつくだけでは意味がない』!

 また神の差配!
 そう、アイデアは連載って形にしないと報われません。
 なので予定を急遽変更し、もうバレンタインデー、ギリギリまでいきます。
 尻切れトンボに終わったら、また今度の合図ってことで。

 さて、先程「ま、適当に人気のある連載のところに、週替りのたらい回しでコバンザメ連載させる方向で処理」となりましたが、もちろん『がんばれWEBメシ』が今回はどの連載にコバンザメしているとかは発表しません。サメにも読者にも。

 なので、サメが「あれ、俺って、こんなデベソだっけ」と思ったときにはもう手遅れです。
 連載のブランドや著者の威光なんてなんのその。
『がんばれWEBメシ』にコバンザメされたら、誰だって1週間は我慢して頂きます。

 うちの連載企画設定は「キメラ型WEBメシ連載」の世界の構造に対応しています。
 なんてコバンザメした連載のにわか知識を、サメのドテっ腹から発信したりします。

 たぶん『がんばれWEBメシ』の少数精鋭のコアファンと、ウォーリーを探せファンが、毎回「今回の『がんばれWEBメシ』はどこだ」とアチコチの連載を探し回ります。

 ツイッターなどで読者同士が「いたいた、今週は『彼女写真』にコバンザメ連載してた」、「またそこかよ、週替りでたらい回しの件はどうなったんだよ、なう」って情報交換を交わすことでしょう。
 ただし、コバンザメされたサメは情報発信禁止ルール適用です。

 当然、情報に疎い読者はそうとも知らず、普段なら開きもしない連載ページを開きまくって、『がんばれWEBメシ』を探すことになるので、難しいハイテクで「あなたへのおすすめ記事」と出てきても読まず嫌いで開きもしなかった連載を始めて目にし、「へ~、意外とおもしろいじゃん。もう『ウェメシ』はいいや」と読者の新発見の踏み台にも人柱にもなります、うちの『がんばれWEBメシ』ちゃんは。

 週替りでたらい回しされては、行く先々で嫌われる、コバンザメ連載なドサ回り暮らし。
 いつか安住の地に、『がんばれWEBメシ』御殿をと夢見ながら。


○『がんばれWEBメシ 毎月21日はぬかづけの日編』
 カレンダーをご覧下さい。
 毎月21日の上は14日です。
 14日はイシの日と読めます。

 つまり頭に石の乗っている21日は、ぬかづけの日だ!

 ぬかづけといえば、手が汚れて臭くなるのもいとわずにグルグルかきまわすと、より一層おいしくなりますよね。

 もちろん誰もがやりたがらない、毎月21日だけぬかづけ扱いされる『cakes』をかきまわす汚れ仕事は、『がんばれWEBメシ』が一手に引き受けます。

 だもんで、毎月21日は『cakes』のケーキのロゴイラストを、ちょっくらぬかづけイラストに変えてくんさいなも。

 そうすれば、「今月ももう、ぬかづけの日か」と連載陣や読者も気づきやすくなり、今月の21日は『がんばれWEBメシ』は一体何をやらかしてくれるんだろうと楽しみにするはずです。
 月1日くらいなら仕方ないかと。


○『がんばれWEBメシ 毎月22日はローソクの日編』
 今までの作戦は確かに『cakes』全体を活性化させて、絡んだ連載先とは「ウィ~ンウィ~ン」な関係を築くという一面はございましたが、すべて他の連載のおこぼれを貰おうとする、志の低いさもしい作戦ばかりでした。

 もう『がんばれWEBメシ『cakes』いいWEBメシ やりたいWEBメシ』とか言い出しません。
 深く反省しました。

 なので戒めをこめて,毎月22日は『がんばれWEBメシ』はローソクの日になります。

 カレンダーをご覧下さい。
 毎月22日の上は15日です。
 そして、15日はイチゴの日と読めます。

 つまり頭に苺の乗っている22日は、ケーキの日だ!
 順番は前後しましたが、ぬかづけの日がケーキの日を真似したんです!

 でも差別化をはかるため、まず苺を捨てて、22日はケーキのみ状態にします。
 その後、ローソクをご用意ください。

 毎月21日になると、ぬかづけイラストに乗っ取られる『cakes』のケーキイラストにある日、ふと気づくとローソクが立っているんです。

 目ざとい読者が「あれ、ろうそくなんてささっていたかなあ。そういや、『cakes1周年記念企画』(https://cakes.mu/series/1838)のときにささってたか。でも、あんなかわいいローソクじゃないぞ、このまがまがしくうねったローソク(http://item.rakuten.co.jp/hapipi/10001739/)は」とローソクイラストに触れるや否や、飛びます飛びます。

 飛ばされた先は、「裏『cakes』へようこそ。ココにはまだ『がんばれWEBメシ』しかないけど、ゆっくり遊んでいってね」と。

 表『cakes』に『がんばれWEBメシ』を置いておくのはアレでも、裏『cakes』なら置いてもらえるかなあと、けなげに考えて。

 どうせ、うちなんて裏『cakes』だ、『cakes』番外地扱いがお似合いです。

 もう二度と表『cakes』でコバンザメ連載するとか言いません。
 もちろん、してもいいならします、当たり前じゃん。

 いつかそんな日が来るまで、裏『cakes』の帝王として、迷い込んだ読者を飼い殺しにし、ココで一生をまっとうします。

 あ、言うの忘れてましたがもちろん、ココに迷い込んだ読者はもう二度と表『cakes』には戻れません。裏『cakes』の存在を知ってしまったから。

 そのうち、『cakes』で消える読者が続出しているという噂がたちます。
 その不安がピークに達したころ、「あれ~、どした?」とたまたま表『cakes』に出張に来ていた『がんばれWEBメシ』が事情を聞き、「ああ、そうなんだ、それは心配だね。ところで裏『彼女写真』って見たくね?」って勧誘を始めるんです。

 ちょっと待ってくださいね。今、2014年2月14日の23時48分なんですよね。

 さすがに、「裏『彼女写真』見たくね?」とか言ってる時間じゃない。

 備忘録代わりにあらすじだけ書いておくと、表『cakes』と裏『cakes』にトレード制が導入されることになりましてね…いや、だから、時間ないって、バレンタインデー終わっちゃうよ。
 それに裏『cakes』は存在も知られちゃいけないんじゃなかったのかよ。

 毎月22日の『がんばれWEBメシ』の営業日には、ケーキイラストにぶっさした、うねるローソクに火をともし、『cakse』をやさしく暖かくします。

 ま、そりゃ、たまにローソクの一滴や二滴は垂れますが、大丈夫大丈夫、うちのはプロ用の低温ローソクだから見た目ほど熱くない!
 心配ならあらかじめローションを塗ってから垂らすと全然熱くないぞ!

 では、よきバレンタインデーを、後数分、間に合えば!


○『がんばれWEBメシ クーリングオフ商法』
 うちは営業メール界の『Javari』です。
 本家同様に返品し放題な上に、うちは郵送代もいらない!
 もしアレなら、逆に直接獲りにいく。
 ピンポーン、企画返しに貰いにきました。でも、手ぶらで帰りたくないなあ。
 
(*追記。『Javari』って、『Zappos』みたいなもの?(『Amazon.comが屈した史上最強の顧客主導型企業「Zappos.com」』(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/28/news009.html))

「例えば「ザッポス(Zappos)」っていうアメリカにある超イケてる靴の通販サイトがあるんだけど、その会社での唯一の指標は売り上げとかじゃなくて、顧客に「Wow!」って言わせたかどうかなの。」(『チームラボ・猪子氏「言葉でしか良さを説明できないものはウンコ」 “非言語”が生む新しい価値とは?』(http://logmi.jp/5454)より抜粋)

 ということで、「Wow!」って言わせるだけの企画です、『がんばれWEBメシ』も。)

 さてさて、続いては、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 幻の第4回 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の10手目△(コグレ後輩)の裏王手』の下書き(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390787359.html)から抜粋した春一番の旧作企画案です。
 ま、単なるネタですので(ま、全部ネタですが)、企画名のみ列挙しておきます。

○『がんばれWEBメシ ツイッターとフェイスブックの使い分け方を手取り足取り学ぶwith加藤先輩先生編』

○『がんばれWEBメシ 漫喫でマンガ版三国志を全巻制覇編』

○『がんばれWEBメシ どうしてもスタートLINEってダジャレが使いたい、後、スタンプのことスタンポとつい呼んじゃう編』

○『がんばれWEBメシ 加藤先輩のおうちでリツイートのお勉強会編』

○『がんばれWEBメシ 加藤先輩とワンツーマンでフェイスブック個人塾編』

○『がんばれWEBメシ URL編』(でも、いつもの加藤先輩とカラむマンネリネタ忘れてるよ!)

○『がんばれWEBメシ 目指せ、PTA会長編』

○『がんばれWEBメシ 米粒に字を書く人に名刺を頼んでみた編』

○『がんばれWEBメシ コバンザメ商法編改め、商社マン商法編』*上記に転載済み。

○『がんばれWEBメシ 電通マン商法編』*上記に転載済み。

 以上が、「春一番の新作企画案の第2弾」、「春一番の新作企画案の第1弾」、「春一番の旧作企画案」のまとめでした。
 さあ、なにをためらうことがあるんです。
 ねえねえ、どれがいい、気に入ったのがなければ、アノ日に第3弾を持っていきますよ、加藤先輩語録!

「何を載せてもいいと思っています。cakes自体はコンテンツプラットフォームで、僕自身もいろんな人にコンテンツをそこに載せていただいてメディアを運営します。」(「まつもとあつしのそれゆけ! 電子書籍」 【第17回】cakes(ケイクス)でコンテンツのネット購買をとことん考えた(http://ddnavi.com/serial/82025/)より抜粋)

「これは仕組みとも関係しているわけですけど、エッジが立ったものがいろいろあったらいいなと思うのです。なぜかと言うと、cakesは読者の好みに応じて記事がソーティングされる仕組みになっているので、とんがったものでもそれが好きな読者に届きやすくなっているんです。」(【加藤貞顕氏インタビュー】デジタルコンテンツの時代に対応したプラットフォーム「cakes(ケイクス)」の目指すもの(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25508)より抜粋)

「コンテンツの読まれ方についてのデータを結構取っています。そもそも、意識してかなり幅広いコンテンツを置いてみているんですよ。」(第5回:加藤貞顕(cakes)3/5|インタビュー連載「これからの編集者」(http://dotplace.jp/archives/2175)より抜粋)

「自社メディアでは、「明るく楽しいサバイバル」をテーマに、個人を応援するようなコンテンツを配信していきたいです。」(『【加藤貞顕氏インタビュー】「もしドラ」の編集者が手掛ける、新しいデジタルコンテンツの舞台』(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25240)より抜粋)

「そんな中、ユーザーから求められるのは、「面白くて、役に立つコンテンツ」と「面白いけど、役に立たないコンテンツ」です」(【加藤貞顕氏インタビュー】「もしドラ」の編集者が手掛ける、新しいデジタルコンテンツの舞台(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25240)より抜粋)

「もっと根本的なところでいうとね、「ぼくが読みたいもの」って、「ぼくがまだ読んだことのないもの」なんですよ。」(【 第3回】検索の時代からパーソナルソーティングの時代へ。(https://cakes.mu/posts/113より抜粋)

「ネット怖いみたいな。でも、みんな慣れてきて、紙がそれどころじゃなくなってきてるってところもあって、全ての条件が揃ってきたのでそろそろウェブいけんじゃないのと思って始めたんですね。よくわかんないまま始めてみたんですが。」(「電子書籍をどこで売る?」【cakes加藤×ハフポスト松浦】http://www.huffingtonpost.jp/2013/05/17/story_n_3296160.htmlより抜粋)

「今まで新聞、雑誌、テレビなどの既存メディアで活躍していた人たちが、最近になってウェブに進出してきたのはすごくいい流れだと思っています。僕が「ネットに賭けてみよう」と思った理由は、そういった活気と勢いがあったからです。(中略)せっかく勝負するなら、勢いのある場所で戦いと思いました」(「 紙」のノウハウを生かしてウェブを作る——ハフィントン・ポスト編集長・松浦茂樹インタビュー(https://cakes.mu/posts/1940)より抜粋)

「本の原稿を作る過程をcakesに載せて、それが本になってベストセラーになっている。これは前倒しして、クリエイティブとマーケティングを同時にやっているのと一緒ですよね」(第5回:加藤貞顕(cakes)1/5|インタビュー連載「これからの編集者」(http://dotplace.jp/archives/2167))

「制作過程をオープン化するのは、そこに「コンテンツとしての価値」があるだけでなく、「前パブ(事前の宣伝活動)としての価値」もあるからなんです。単なる特典じゃない。そういった前パブ的な側面からも積極的に活用していこうというのは、他の業界でもあまりない新しいやり方ですよね。昔は、雑誌連載が前パブの機能を果たしていました。でも、最近は雑誌に元気がなくなっているので、それが厳しくなってきています。」(堀江貴文 / cakes編集部 制作過程、すべて見せます!——堀江貴文氏単行本プロジェクト・ニコ生放送直前座談会(https://cakes.mu/posts/2091)より抜粋)

「ウェブをうまく活用していけば、クリエイターに対する前パブとアドバンスを絡めた還元の仕組みを確立できるんじゃないかと。そこからさらに踏み込んで制作過程まで見せてしまおう、それをコンテンツにして、前パブにもしてしまおう、という堀江さんのアイデアはほんとうに画期的だと思います。」(堀江貴文 / cakes編集部 制作過程、すべて見せます!——堀江貴文氏単行本プロジェクト・ニコ生放送直前座談会(https://cakes.mu/posts/2091)より抜粋)

「インターネットには、まだ世界のかなりの部分がのっかっていませんよね。旧来のビジネスのなかで、のっかっていないものが実はまだまだたくさんある。そして、1番相性の良いコンテンツが実はまだのっかっていないという不思議な状況にある。相性が良すぎるゆえ、なのかもしれませんが。しかし、タブレット端末がもっと出てきたり、そのための仕組みが整備されれば、後は……という段階に来ていると思います」(【加藤貞顕氏インタビュー】デジタルコンテンツの時代に対応したプラットフォーム「cakes(ケイクス)」の目指すもの(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25508)より抜粋)

「──cakesという場が、メジャー・マイナー問わず、新作発表の場としてごく当たり前の選択肢とならないと、加藤さんの目指しているcakesにはならないわけですね。
加藤氏■それを実現させることが、本当の意味で「Webでメシを食っていく」ことになるんじゃないかなと。そこはとても大事なことだと思っています。」(【加藤貞顕氏インタビュー】デジタルコンテンツの時代に対応したプラットフォーム「cakes(ケイクス)」の目指すもの(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25508)より抜粋)

「これは雑誌を作るときに似てますが、いろんなひとが混じると面白いと思うんですよ。具体的には3種類の人がいたらいいかなと思っていて、(中略)そんなに有名じゃないけれどもすごく面白い人が、cakesで売れていくという感じがいいなと。ぼくはダイヤモンド社で本を作っていたときも、担当した人の多くは、初めて本を出す人だったんですよね。まさに『もしドラ』もそうですし。」(『Webに、超一流作家のコンテンツを出せる場所を――cakes代表・加藤貞顕氏インタビュー 』(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1209/28/news026.html)より抜粋)

「一般的に、本を出すような人というのは、突出した能力や経験がある方々です。ただ、そういうすごい人たちのすごさというのは、そのままだと本(=商品)にするのは難しいことがあります。すごいというだけで商品になってしまう場合もたまにありますが、存在のすごさと商品としてのすごさは必ずしも一致しないのです。

 『天才! 成功する人々の法則』(マルコム・グラッドウェル著)というベストセラーがあります。そこに書いてあるのは、ある物事に対して1万時間費やすのが、プロフェッショナルになるための必要条件だということです。1万時間というと、一日3時間で約10年かかります。普通に暮らしながらでは、なかなか大変なことです。

 すごい人たちは、その1万時間を、だれにも注目されていないときから費やしています。例えばイチローのバッティングは、子供の頃からお父さんと練習を繰り返す中で、年月をかけて身につけたものです。すごいプログラマーのひとも、子供のころからプログラミングをやっているひとがたくさんいます。20代なのにキャリアは10年というのはよく聞きます。

 じつは、突出している人というのは、ある日突然すごくなっているのではありません。今は誰にも注目されないことを続けている人が、しばらく先に“すごい人”として登場することになるのです。つまり、すごい人は、社会が求めているからではなく、勝手にすごい人になります。ほとんどの場合、自分がそのことを好きだから楽しくてひたすらやっていて、しばらくして気づいたらいつのまにかすごい人になっているのです。

 こういうひとのすごさは、突出してればしてるほど、新しい分野であればあるほど、そのままでは伝わりません。社会から独立したものだから、わかってもらいにくいのです。じつは、ここからが編集者の腕の見せ所です。ぼくたちは、その人のすごさを、社会といかに結びつけるのかを考えます。これが冒頭に書いた「コンテクストをつくる」ということです。」(『想いをつなぐ編集力 コンテクストをデザインする』(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/103/103068/)より抜粋)

「やっぱりね、人やものを好きになることの醍醐味って〈出会い〉にあると思うんですよ。(中略)その運命とか偶然にゆだねられていた〈出会い〉の喜びを、最先端のアルゴリズムによってうまくセッティングしてあげたいんです。」(【 第3回】検索の時代からパーソナルソーティングの時代へ。(https://cakes.mu/posts/113)より抜粋)

「cakes は会員制の有料サイトなので、ログインしてからコンテンツを読んでもらうことになります。すると、その人の閲覧履歴を独自のアルゴリズムによって解析し、「こんな記事も好きかも」「こっちにも興味あるかも」とオススメのコンテンツを上のほうに表示するようになっているんです。
 読めば読むほどその人の好みがわかってオススメの精度は上がっていくし、コンテンツが埋もれることもなくなる。本人にとってどうでもいいコンテンツは上がってこないから、ノイズやストレスも少ない。
 読者は自分が読みたいコンテンツに出会えるし、クリエイターは読んでもらうべき人にコンテンツを届けられる。自分の大切なコンテンツが、埋もれてしまうこともなくなる。いわば、読者とクリエイターの〈出会い〉を演出する場、ということですね。(中略)「あなただけの空間」がそこにはある。高精度のパーソナライズとソーティングを実現するために、世界的な天才統計学者にもチームに入ってもらって、かなり画期的なアルゴリズムを組み込むことができました。ここについては、とてもいいものができたとぼく自身、興奮しています。
 ただ、読者の立場からするとそんな技術的な話は関係ないし、それを意識させちゃダメなんですよね。要するに「いつでもおもしろいコンテンツとの〈出会い〉が待っている、超おもしろいサイト」ということです。」(【 第3回】検索の時代からパーソナルソーティングの時代へ。(https://cakes.mu/posts/113より抜粋)

「ぼくらがやろうとしているのが、新しい「市場」の創出です。
 紙からの置き換えではない、まったく新しいデジタルコンテンツをつくり、その市場をつくっていく。(中略)だからこそ、いま動き出さなきゃいけない。気づいた人間が手を挙げなきゃいけない。ぼくの性格上、指をくわえて眺めていることはできなかったんです(笑)。」(【 第2回】コンテンツはもっと自由になれる。(https://cakes.mu/posts/112)より抜粋)

「新しい市場を創るデジタルコンテンツは新しい発想のもと作られなければいけないと思っています」(『【加藤貞顕氏インタビュー】「もしドラ」の編集者が手掛ける、新しいデジタルコンテンツの舞台』(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25240)より抜粋)

「ああ、いい言葉ですね。「やったことのないことのなかに未来が入ってる。」」(【 第11回】糸井さんがいなくなったあとのほぼ日。
https://cakes.mu/posts/4164)より抜粋)

 もう加藤先輩語録ったら、おしゃべり長話さんなんだから!
 それにしても、加藤先輩語録は何度聞いても、いいこと言うねえ。

 続いて、ええ、もうちょいだけ続くよ、「週末に『彼女写真 岐阜編2』のエロロケハンしないとですよ」もしましたから!(「第18手△(コグレ後輩)」の第四弾)

 実は俺、高校時代はいくつか持ちエロビルを持ってまして、まあ人気のない屋上とか屋上の手前スペースとかに不法侵入する系のエロビルオーナーですが、20年前は目をつむってもすべての持ちエロビルに行けたのに、今やほとんど覚えてない。

 20年ぶりに再会できた持ちエロビルも、もう学割効かないから、不法侵入はちょっと無理っぽいので保留にしました、「いやいや、決して怪しいモノではなく、某『彼女写真 岐阜編2』のエロロケハン中のモノです」とバレて言い訳するのもアレですし。

 ただ、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 真の第5回 レッツ、バスロマン!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/391882042.html)の「12手目、第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の12手目△(コグレ後輩)の王手!」に書いた通り、「ただ大変恐縮ですが、「3/22(土)~3/30(日)は岐阜の実家に帰省」」中なので、引き続き3/30(日)まで『彼女写真 岐阜編2』のエロロケハンを続けます、合法の範囲内で。

 最後に、「週末にいつの日か表の面接だかS談だかに万が一呼ばれた場合に備えてネタを仕込まないとですよ」もネタは仕込んだのですが、すぐ出すとSぐS促のS漏野郎みたいなので、まだまだ我慢して、「表の面接だかS談だか」の「いつの日か」がなかなか決まらない頃合いにポロリと出しちゃう作戦で(「第18手△(コグレ後輩)」の第五弾)。

 以上、そろそろ締切のお時間、2014年3月23日(日)の夜23時59分というギリギリ週末あたりなので、本回『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第7回 まいります!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392429202.html)を「第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の18手目△(コグレ後輩)」(「第18手△(コグレ後輩)」の第六弾)として発表します。

 すぐさま、
●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 3月23日
まいります!(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392429202.html …)」

 とつぶやくのであった(「第18手△(コグレ後輩)」の第七弾)。

2014年03月25日

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第8回 ま、いっか!』

「加藤先輩さんと『cakes』スタッフのみなさんに」

 あ、そうそう、昨日の『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第7回 まいります!』の冒頭でお約束した「まいります!」の謎を放置したままでしたね。わざとじゃないですよ~。タマタマですよ~。

 ま、大した謎ではありません、昨日の「まいります!」は、今日になったらもう過去なんだから「まいりました!」に変化するに決まってるでしょ、習ったろ、小学校あたりで。そして、明日には「ま、いっか!」に出世するんでしたね。

 そんな謎解きのせいで、今日のところは、「まいりました!」、もってけ大泥棒先輩! ついでに恋大泥棒先輩に追い銭だ~い!

●加藤先輩のフェイスブック()
[加藤 貞顕さんが澤本 嘉光さんのリンクをシェアしました。昨日
すばらしいインタビュー。

平成25年秋の褒章 佐藤雅彦さんインタビュー :文部科学省
http://www.youtube.com/watch?feature=share&v=i8bH-KkvC9w&app=desktop
~作り方を作ると,おのずと新しいものができる~  平成25年秋の褒章で,紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章されたクリエイティブディレクターの佐藤雅彦さんにインタビューを行いました。...」

●加藤先輩のフェイスブック()
「加藤 貞顕さんがリンクをシェアしました。昨日
【第9回】小沢健二、安倍晋三、終わりを迎える「いいとも」への祝祭 | すべてのニュースは賞味期限切れである | おぐらりゅうじ/速水健朗 | cakes(ケイクス)
https://cakes.mu/posts/5329

今回の「すべてのニュースは賞味期限切れである」は、16年ぶりの...」

●コグレオオカミのツイッター
「小暮大上 ‏@kogureookami • 2分
明け方までにはケリがつく。週末じゃなかったのかよ、シ~!
http://www.youtube.com/watch?v=EQVWJ_KliJc …」

 さて、順にいくいく。

●加藤先輩のフェイスブック
[加藤 貞顕さんが澤本 嘉光さんのリンクをシェアしました。昨日
すばらしいインタビュー。

平成25年秋の褒章 佐藤雅彦さんインタビュー :文部科学省
http://www.youtube.com/watch?feature=share&v=i8bH-KkvC9w&app=desktop
~作り方を作ると,おのずと新しいものができる~  平成25年秋の褒章で,紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章されたクリエイティブディレクターの佐藤雅彦さんにインタビューを行いました。...」

 ホントはね、動画は白い涙を流したエロスしか「お気に入りフォルダ」に入れてやんない決まりだけど(あ、白い涙って、もちろんザ…ちょっとナニ言わせんのよ)、この「すばらしいインタビュー」は白くはなかったけど、芯まできてフラフラになったから、でででも、ダダダウンはしししてないももも~ん、ユンケルと間違えて「お気に入りフォルダ」に入れちゃっただけだもん。

 このまま加藤先輩の肉声どころか直接のお声掛けは一言もなく、あ、確信したわ、カラクリは未解決も「いいね!」の真犯人は絶対加藤先輩じゃありませんね。一瞬でも疑うような真似して、ココだけはホント誠に申し訳ございません。五味の野郎~。
 あ、そうそう、ついでにそこのキッチンの2人(追記。お一方、人違いでした、すいません。でも、誰だって構うもんかとネタは変えません)。いつからいたのかしらん、ようやく気づいたわ、ごめんあそばせ。
 さっき、いつものように加藤先輩のフェイスブックのネタをコピペした際、日付が今日のはずが昨日と表示されていたわけ。たまにあるんだけどね。
 そんとき、おかしいなあと加藤先輩のフェイスブックを見直したら、気づいたわけよ。

●加藤先輩のフェイスブック()
「加藤 貞顕 3月24日 (iOSより)
弊社の男子の女子力が高すぎる件。

写真: 弊社の男子の女子力が高すぎる件。

いいね! · シェア
33人がいいね!と言っています。」

 以下、コメント。
「加藤 貞顕 そしてこうなりました。

加藤 貞顕さんの写真

3月24日 18:16 · いいね! · 1
...
片山 智香子 パンの食べ比べですか?
3月24日 18:43 · いいね!
..
加藤 貞顕 片山さん、今回は築地のパン屋さん一店舗だけですが、いつもは食べ比べをしています!
3月26日 11:34 · いいね! · 1

片山 智香子 築地のパン屋さん、折峰ですかー?いいダコフォカッチャ好きです♪
3月26日 11:37 · いいね! · 1
..
加藤 貞顕 そうです。折峰です!
3月26日 12:38 · いいね!」

 お疲れ様です! でもね、照れて笑っちゃいかんよ。こういうときは、ウットリと見つめ合いながら抱き合うんだよ、キッチンなら全裸エプロンで! 全力で!
 そしたら、「むむむ、うらやましい~、ムキッ~」って大騒ぎしやすいじゃん。
 おじさんなんか、昔、巣鴨で黒ギャル三人組に路上土下座する写真モデルを照れずにやりきったぞ。
 あ、今また、21世紀型広報戦略を間違ったかしら。ホントうちの政府広報室だか理研広報室だか早稲田広報室だかは使えないんだから。結局、孔明コスプレ失敗を修正できないままだから、またスパイダーマンコスプレにも失敗し、政府広報室扱いだ安倍首相扱いだされちゃうんだよ。
 ほら、基本的にコレ、『がんばれWEBメシ』って加藤先輩語録を教科書として、というか加藤先輩語録の命令通りにやってんじゃん、やってるの!
 加藤先輩語録が「これからの時代は著者自身が宣伝しまくらなきゃ」と言ってるから、ホントはすごいイヤだけど(今更、新広報戦略?)、広報野郎とか宣伝野郎とか自慢野郎とかするのも、顔出しも(モデルのときはのぞく)、本名出すのも。
 でも加藤先輩語録は絶対だから設定に、「オヤジって過去自慢ばっかでイヤよね」設定を乗っけて、広報野郎したけど、慣れないことはするもんじゃないね、「ライターです。7年間のブランクあり。今の筆力はこんなもんです」って広報したかっただけ。
 でまあ、上っ面の目くらましの広報がヘタクソなのは事実だか、広報戦略の重大な欠点は上っ面じゃない、履歴書で言えば右でも左でもない核心部分には一切触れない、広報野郎に徹し切れていないところでしょう。
 別に核心部分にもったいぶるようなナニがあるわけじゃないですけど、そんなねえ、ド田舎モンの長男A型体育会系の男がそんなことをこんなところでベラベラ話せるか、本名でフェイスブックだツイッターだmixiだをやろうと思ったことすらない、岐阜弁で言えば、「そんないやらしいことできへんわ」ですよ。
 だから、どんなに設定作っても、どんなけキャラを演じても、できるのはせいぜいご存じのどうでもいい広報だ宣伝だ自慢だだけですよ。
 とか言いつつ、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第7回 まいります!』の「「週末にいつの日か表の面接だかS談だかに万が一呼ばれた場合に備えてネタを仕込まないとですよ」もネタは仕込んだのですが、すぐ出すとSぐS促のS漏野郎みたいなので、まだまだ我慢して、「表の面接だかS談だか」の「いつの日か」がなかなか決まらない頃合いにポロリと出しちゃう作戦で(「第18手△(コグレ後輩)」の第五弾)。」と優柔不断な煮え切らない態度くらいは示しているんですけどね、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第3回』をずっと放置しているのも、下書き段階では核心部分に触れているからですね。
 んで、結局、ココの下の方で「ま、いっか!」と22世紀型広報戦略の暴走。
 いやいや、問題はそこじゃないだろって声も聞こえてきそうですが、そもそも加藤先輩語録は絶対と言いつつ、肝心の2000字問題なんかはすぐシカトしてますが、まあ、昨今、増えている活字初心者は2000字でいっぱいいっぱいでしょうが、ココのこんなところまで目を通している活字中毒者には2000字問題とか別に気にしなくても大丈夫っしょ、「オヤジは話長いキャラ」設定だし、じゃあ、遠慮なく言うけど、あのね、今日はひいばあちゃんの1周忌(享年109歳)で、ド田舎の更なるド田舎にあるばあちゃん家に来ていて、もう漫画喫茶なんてハイテクすらナッシング。
 でも、弟が、あ、弟がいるんだ? そうそう、すぐ上あたりに長男って伏線はっただろ、その弟がワイマックスって知ってる? それを貸して暗号教えてやるから大丈夫って言ったけど、ばあちゃん家ではずっと繋がらない。
 仕方ないから夕方、車で電波の入る所を探してウロチョロ。で、18時頃、電波の届く場所で順にチェケラし(いつも一番最初にコグレオオカミのメルアドを確認します! 意地です!)、一旦ばあちゃん家のお食事会に戻り、宴たけなわ途中でコッソリ抜け出して、また電波の届くところまで電波野郎が車移動し、コピペしたり、ネタを仕込んでいたら、すぐにパソコンの電源がなくなるというオチがついたところで、かろうじて電気は来ているばあちゃん家に戻り、充電しながらワードで書いてるところなわけですよ。
 しかも、電源オチの前に、「明け方にはケリがつく」とか言っちゃった関係で、酒も飲まずにシコシコしてるわけですよ。
 だって、明け方にまたまた電波の届くところまで運転しなきゃいけないから、まあ飲酒運転してもお巡りどころか人っ子ひとりいませんが、確か昨日の『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第7回 まいります!』のどっかに合法の範囲内でと書いた記憶があるから(今は確認できませーん)。
 つまり「オヤジはハイテクオンチ」は設定じゃなく本当なばっかりに、任天堂ディスクシステム止まりゆえ、『I.Q』はもちろん、『プレイステーション』すらやったことないので、とりあえず子供が欲しいと騒いでいる3Dマリオ?あたりで、ピョンピョンとジャンプの練習でもします。確かに、俺の『I.Q』はまだないですから。ああ、通りで、お馬鹿さん。
 ちゅうわけで、まだまだ拾ってないハイテクネタが残っているかもしれませんが、さすがに潮時手遅れというわけで、大量の塩を背に受けながら、ありがとうございますありがとうございます、シッシッとおとなしく追い払われます。
 だって、もうちょっかい出さなくても、『I.Q』があがれば、加藤先輩のハーレムの恐ろしい魔の手が勝手に来るのがよく分かったから、きっと年1回の地方巡業リストくらいには番付されたから、こワ~イ!
 もうホント俺ってば、あくまである意味、まったく手のかからない、一人相撲の横綱さんなんだから。でも、横綱はシッポないからまけませーん。
 さすがに自分のまわしだか他人のふんどしだかは捨てますけどね、一人相撲屋さんじゃなくて、そういやド田舎の体育会系百姓一揆屋さんだったから。てか、将棋ネタはどこへ?

●加藤先輩のフェイスブック()
「加藤 貞顕さんがリンクをシェアしました。昨日
【第9回】小沢健二、安倍晋三、終わりを迎える「いいとも」への祝祭 | すべてのニュースは賞味期限切れである | おぐらりゅうじ/速水健朗 | cakes(ケイクス)
https://cakes.mu/posts/5329

今回の「すべてのニュースは賞味期限切れである」は、16年ぶりの...」

 以下のお前の中のオザケン話ですよね。
「とりあえず、なぜ出演したかの答えは、弾き語りで歌ったメドレーの選曲から読み取れた気がする。

歌った曲をメモしてきたので、記録として言うと「ぼくらが旅に出る理由」「さよならなんて云えないよ」「それはちょっと」「ドアをノックするのは誰だ?」です。

冒頭は「歌う前に「タモリさんと番組スタッフのみなさんに」という一言からはじまって、もうとにかく歌詞がですね、旅立ち、当たり前のように続く日常、そしてそこにある幸せとやがて来る別れ……完璧に賛歌でした」。

まさにタモリと番組に捧ぐ内容だったんだと思う。その辺は「旅に出る理由があった小沢健二と旅に出られなかったタモリ」というタイトルでブログに書かれていた*1ね。ネットの反応は、いくつかに別れてたけど。「渋谷系が終わった日」*2の大塚幸代さんみたいに、自分の実存と小沢健二を重ねる人もいれば、ぺろっと舌を出す45歳に萌える人たちもいたり。
*1 逆エビ日記 - 旅に出る理由があった小沢健二と旅に出られなかったタモリ
*2 日々の凧あげ通信アネックス - 渋谷系が終わった日」

 以下、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第7回 まいります!』の「「週末にいつの日か表の面接だかS談だかに万が一呼ばれた場合に備えてネタを仕込まないとですよ」もネタは仕込んだのですが、すぐ出すとSぐS促のS漏野郎みたいなので、まだまだ我慢して、「表の面接だかS談だか」の「いつの日か」がなかなか決まらない頃合いにポロリと出しちゃう作戦で(「第18手△(コグレ後輩)」の第五弾)。」は嘘じゃないから素材まるごとです。

【面接問答集】
中2で戦特、中退失敗するも家族会議を経てフリー、実に気分がいい(金も地位も名誉もない、4ヤリ、やりたいことをやりたいときにやりたいようにやりたいまでやる)、アジアプレスインターン、本は怖い週プレはいい、タイの交通事故でピキーン、運命の戦場待つか税理士か公認会計士の資格でもとるか。一番困難な道をいき、全部記録しよう、デストロン、編集者論(土俵を出ない、各種アンテナをご用意、それを取り出せる)、結婚や子供論コグレオオカミじゃ仕方ない、ダメになるならいいや(やらないなら本気でやらない)、半袖実験(地道なPR活動、基本的にやりとりはしない、側近とのやりとりを披露しても仲良くしない、メルマガとパブーはショバ代を取る運営会社に任せて、一切PR活動はしない、小分け、手書き感、2015年に備えて礎になればいい)、ケイクス(蛸壺化しない、太田経由。傾向と対策外のノンフィクション賞を探して2007年くらい太田)、心の贅肉はない(三冠は嘘じゃない、覆面希望)。

ノンフィクションで食うためのチャレンジ歴。
●戦場特派員
何のノウハウもコネも金もないけど覚悟はある、
アジアプレスの『匿されしアジア―ビデオジャーナリストの現場から』(http://www.amazon.co.jp/%E5%8C%BF%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%97%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E2%80%95%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%82%89-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB/dp/4833110458/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1394254993&sr=1-4&keywords=%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

上記を読んで、アジアプレスの代表野中さんに取材をお願いして1999年1月に(「どんなビデオカメラ買えばいいですか?」って聞きたいレベル、「中学のときに戦場特派員になるって決めて、特に何もせず、現在に至る感じですけど、カメラとかビデオカメラとかやってません、なってから覚えればいいかなと。よく人が死ぬことで有名な●●●(そのうちコレもWEBメシのタネにします。伏字のモロを見たい方は、コッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)の山岳部で運試ししたり、アジア貧乏旅行はしました。もちろん新聞とかチェックしたりしてますが、行きたい戦場はないんです。でも、4月から社会人になるのでそろそろまずビデオカメラでも買って説明書でも読もうかなあと思ったんですけど、フリーの戦場特派員が使うのにはどのビデオカメラがいいか分からないので教えてください」)、「コイツ、本気と書いてバカだ」と不憫に思ったのか、事務所の近くのルノアールで取材(?)したわけですが、そのまま3か月はインターンみたいなことをして(渋谷のビックカメラにテプラをぱしり買いしにいき、事務所にゴロゴロしている貴重な生テープを見ながら、テプラでタイトルを作るという。本質的に正しい本物を見抜いて懐に飛び込む才能は大したもんだ)、その後4月からはビデオカメラマンバイトと肉体労働で金をためて、吉田さんが週1でやっている勉強会に参加して(吉田さんは日本で唯一カチン語がしゃべれる日本人で、カチン人から電話がかかってきてカチン語で話したり、計画書を見せてくれたり、)、
白人、黒人は違う。アジアでもインドシナ半島以外は違うと。
カレン民族解放軍に行く話は
『WEBメシのタネ① メルマガ編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56106571.html)の『富裕層の恋人 元祖富裕層メルマガ第一弾はなんと…』
(月額1億円のところ、いまだに創刊記念特価で月額1万円税抜。2010年10月創刊、2014年3月14日現在、計82回発行中)
http://www.mag2.com/m/0001183190.html

『WEBメシのタネ② 電子書籍編』(http://blogs.yahoo.co.jp/kogureookami/56106584.html)の『富裕層の恋人 元祖富裕層向け電子書籍第一弾はなんと… サンプル号』
(2010年10月創刊。2014年3月14日現在、計67回発行中。各回1億円(創刊記念特価で、いまだに各回3000円))
http://p.booklog.jp/book/11740

今も当時と変わらないことをしているから、まあ趣味なんでしょうか?
だいたい4月から新しいこと始めるからって、3か月前くらいから動き出すあたりとか。

などノンフィクションの王道、取材先に住み込みで働いたり、暮らしたりする、長期密着体験取材の真っ最中。その一環としてがんばれWEBメシがある感じかしら。
がんばれWEBメシはがんばれ戦場特派員メシ、がんばれノンフィクションメシですから

『がんばれノンフィクションメシ 『ガンバレWEBメシ cakes編』編』と言う感じでしょうか。
がんばれWEBメシはがんばれ戦場特派員ですから。『自動車絶望工場』、『下下戦記』、『森の回廊』などノンフィクションの王道、取材先に住み込みで働いたり、暮らしたりする、長期密着体験取材の真っ最中。その一環としてがんばれWEBメシがある感じかしら。
吉田司の『下下戦記』
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8B%E4%B8%8B%E6%88%A6%E8%A8%98-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%90%89%E7%94%B0-%E5%8F%B8/dp/product-description/4167341026/ref=dp_proddesc_0?ie=UTF8&n=465392&s=books

鎌田慧の『自動車絶望工場』
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%A3%85%E5%A2%97%E8%A3%9C%E7%89%88-%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E7%B5%B6%E6%9C%9B%E5%B7%A5%E5%A0%B4-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%8E%8C%E7%94%B0-%E6%85%A7/dp/4062770393/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1394304577&sr=8-1&keywords=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E7%B5%B6%E6%9C%9B

吉田敏浩の『森の回廊―ビルマ辺境民族開放区の1300日』
http://www.amazon.co.jp/%E6%A3%AE%E3%81%AE%E5%9B%9E%E5%BB%8A%E2%80%95%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E%E8%BE%BA%E5%A2%83%E6%B0%91%E6%97%8F%E9%96%8B%E6%94%BE%E5%8C%BA%E3%81%AE1300%E6%97%A5-%E5%90%89%E7%94%B0-%E6%95%8F%E6%B5%A9/dp/4140802332/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1396013511&sr=8-2&keywords=%E6%A3%AE%E3%81%AE%E5%9B%9E%E5%BB%8A

王道ど真ん中、取材であったり、覚悟は素晴らしい。ただ文章が詰まらない。鎌田慧に至っては味のないヘタクソ。文章にセクシーさもない。
俺の文章はセクシーすぎるから、時折不必要にチンコマンコを挟んで、クールダウンさせないといけない。
そういう意味では俺の萌芽王道ど真ん中なわけですが、傾向と対策で言うと外道畜生扱いになるんだよねえ、よくて色物。

ちなみに、吉田敏浩さんは戦場特派員の先生。


 金の土俵だと社長が有利だし、知名度の土俵だと芸能人が有利じゃん。知名度で言えば、3流の芸人の知名度にすら、他の業界の1流さんでもほとんど負けるんだから。

 唯一、異種格闘技が成り立つ土俵は、それぞれが属している業界で100年に1人レベルの逸材かどうかのみ。
 金も知名度も業界がメジャーかマイナーかも関係ない。

 ただ問題はあくまで自己申告だからね。
 野球とかメジャーな業界の奴だったら、「いやいや、お前は単なる今年のドラフト1位で、1カ月に1人レベルの逸材だろ、帰れ帰れ!」って言えるけど、「自分は『がんばれWEBメシ』界では、押しも押されぬ100年に1人の逸材でごわす」ってドマイナー業界の変なのが自己申告で混じってても、誰にもそれが本当かどうか判断できないところ。

●ビデオカメラマン


●ライターの過去原稿
フリーランスの戦場特派員になるつもりだったので、文章修業はしてません。
小説を書くとかそういう気もゼロ。

中学時代に借りた教科書に落書き手紙とか、高校時代の古文のノート、山岳部の練習ノート、マックのノート、初めてのまとまった旅行記は妻が模様替えしたから捨てたと、小学校の修学旅行記があったが、アレはぐれていた時期の黒歴史。でも、文章は上手でしたね。

本と言うか書籍は怖いとアジアプレスで聞いた。3000部刷って、印税は3%、しかも本で現物支給と聞いていたので、副業くらいせめてバイト並稼げないと。週刊プレイボーイにルポを掲載したら、4ページで20万円だったという話も聞いていたので、フロムエーのマスコミを見て、週刊プレイボーイと書いてあるところに応募。

何を書いても面白いだろうけど、書きたいこと以外書く気ないですよね、ドッキ~ン、そんなことないですよ~。
何か分からないけど新しい面白いことを書く。
前例もルールも遠慮も恥も外聞もなし。
2002年当時から「ちょっと前まではよかった」と。実際ピークは98年。
雑誌がつぶれていく。
実際に初連載の『スコラ』は3号雑誌というが、2号コラムで終わった。

時間もおこづかいも増えるわけではない。
映画だテレビだ漫画だアニメだゲームだに負けた結果。

ライター事務所がフリーペーパー主体になるのでやめた際、ネットで食うことを考えた。
パソコン系、ウォーカープラス、デジアベなどやっていた。

個人的趣味で最低限の雑誌、連載ができるならその限りではないルール。

2005年ケータイサイトで連載したとき、パソコン系では魅力を感じなかったが、ケータイ系には未来がある。ケータイのおかげで誰も手紙を書かない時代からメールをうつ。ケータイに活字が蘇る。ゲームのおこぼれで攻略本みたいのはあった。
がんばれハードである。

●mixi
パソコン系、ケータイ系をチャレンジしたので、一度やりたかったホームページは難しそうなので、ブログをやろうとmixi。ブログとSNSの違いはよく分かっていなかった。条件は素人として参加してみる。
積極的に絡んでいくしかない。ネット弁慶として。女向きだ。
半年でいやになる。リアルでも社交的、もしくはネット弁慶じゃないとムリだ。クソ面倒臭い。
『mixi』でSNSの営業攻勢をかけまくり、
 半袖パトロールをどんなけやったかの件、

●ブログ
ブログはメモ帳代わりに、新しい企画を載せるだけ(はてなの昨日日記)。
ミクシィで実験は終わった。先にmixiをやったので絡めない。広がりなし。
いろんなブログで3日坊主ブログ(気にいれば脱3日坊主)、

●メルマガ、電子書籍
「ただし、ウェブには弱点もあります。ひとつは、コンテンツを売買するためのいいしくみがないということです。そしてもうひとつは、読み手の側にお金をはらう習慣がないことです。ひとはみんなウェブは無料だと思っているのです。」(「デジタルが変えるコンテンツのかたち」(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/106/106318/)より抜粋)

「 ただこれは、タブレットの普及によって、そして技術的な進歩によって、変わりつつあるように思えます。そして、そして読み手の気分についても、有料メルマガが流行ってから変わってきました。問題を解決するための材料がぜんぶそろってきているのです。
 というわけで、じつは、ぼくの会社、ピースオブケイクは、ウェブでコンテンツを自由に売ったり買ったりするための場所をつくるためにつくりました。そうなれば、クリエイターはもっとクリエイティブになれるし、読者はもっと面白いものに出会えるようになります。」(「デジタルが変えるコンテンツのかたち」(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/106/106318/)より抜粋)

「加藤 有料メルマガはその点よくできてますよね。ファンクラブ的に、コアなファンを集めやすい。ただ、だからこそ、仕事として回していける人は限られるんじゃないかなとも思うんですよ。たぶん、Maxでも100人くらいじゃないですかね。だからそれとは別に、雑誌みたいに、まとめて読める場があったらいいんじゃないかなと思うんですよ。たとえば雑誌だったら、3つくらい読みたい記事があったら買いませんか?
米光 買う!」(cakes本日始動! 出版社を敵にまわすビジネスをはじめると思われている〈加藤貞顕×米光一成 1〉(http://www.excite.co.jp/News/reviewmusic/20120911/E1347323580669.html)より抜粋)
買う!

2007年頃、後10年はかかると、2005年頃にも、後10年だった気がいう読み、もちろんネットなんかダメだという意見もあった。2017年だか2015年にはその道が開けるのではないか。
メルマガ電子書籍をどんなけ出したか、特に宣伝抜きでツィッターやフェイスブックは面倒臭い、トラウマの足跡ねえしと古いビジネスモデルに固執し、ひとっこひとり、賑やかしのウィンドーショッピングの冷やかし組すら来ない件。

一転『メルマガ』と『電子書籍』ではツイッターやフェイスブックは使わない。売れたら3割ショバ代を取る大家の仕事だろうと。
『まぐまぐ』は、基本ブログでお客をもっているのをひっぱってくる商法。宣伝して欲しかったら宣伝費払え商法。一度登録すると忘れちゃう商法。新作を出しても誰も気づかない、3年間。
自分以外にも関しては著名人以外は更新したかどうかも分からない状態。
メルマガは金持ち相手、メルマガや電子書籍は金持ちターゲット。

「津田 数だけで見ると、一媒体として日本で一番電子書籍を発行しているのって、たぶん僕の有料メルマガ——通称「津田マガ」なんですよ。
加藤 え、そうなんですか。
津田 津田マガって月4回出しているんだけど、電子書籍の規格であるEPUB形式でダウンロードして読んでいる人が相当多いんですよ。メルマガの配信数だけでいえば、堀江メルマガが圧倒的なんですけど、電子書籍として捉えると津田マガの方が読まれているんじゃないかな。」(2012年11月12日付けの【後編】テクノロジーで社会をおもしろくする(https://cakes.mu/posts/549)より抜粋)

先の電子書籍はすべてメルマガを電子書籍にしたもので、2010年10月にスタート。
「—— ひとつ疑問なんですが、デジタル環境にマッチした「短い本」をたくさんつくって、それを AppStore で販売するようなかたちではダメだったんですか? どうして今回のように自前のサービス(cakes)を起ち上げることになったんでしょう?
加藤 ああ、そこを説明してなかったですね。じつは、電子書籍に取り組んだとき、もうひとつ大きな発見があったんですよ。発見というべきか、落とし穴というべきか。
—— どういうことでしょう。
加藤 AppStore でもその他の ウェブサービスでも、とにかくオンラインでコンテンツを売るときって、「売り場」がめちゃくちゃ狭いんです。
—— はい?
加藤 AppStore なんかはわかりやすい例だけど、お店の「陳列棚」に並べてもらえるのはランキング上位の超売れ筋商品だけなんですね。ランキングに食い込まなければ、その商品は存在しないにも等しい。これは一般的なニュースサイトにも言えることなんだけど、インターネットって想像以上にコンテンツが埋もれやすい空間なんですよ。
—— ああ、たしかに AppStore はそうだ。
加藤 せっかくのおもしろいコンテンツが、玉石混淆の情報のなかに埋もれてしまう。だからこそ検索サービスや RSS に人気が集まるわけですが、ぼくは検索だけが正解だとは思わないし、もっといいアプローチがあると思っています。
—— ちょっと待ってください。そもそも、どうしてコンテンツが埋もれちゃうんでしょう? どうして「売り場」が狭いんでしょう?
加藤 それは簡単な話で、パソコンやタブレット、スマートフォンの画面が物理的に狭いからですよ。デスクトップのパソコンでもせいぜい数十センチ四方ですから。
 街の書店の本棚に何百冊もの本が収まるのは、ひとえに本棚が大きいからでしょ? しかも大型書店だと、その本棚を何十個・何百個と並べることができる。
 デジタルコンテンツを提供するにあたって最大の欠点となるのは、この「物理的な狭さ」と「一覧性の乏しさ」なんです。
—— なるほど、そうなるとただ「短い本」をたくさんつくって売りに出せばいい、というわけにはいかなくなりますね。
加藤 そう、クリエイターのつくったコンテンツを、いかにしてユーザーに届けるか。どうすればコンテンツが埋もれずにすむか。
—— ということで、この cakes なんですね。
加藤 うまくつながりましたね(笑)。
 でも真面目な話、ここまで挙げてきたようなデジタルコンテンツの持つ可能性を最大限にいかしつつ、同時にデジタル特有の課題も解決する、うまい仕組みが作れたんじゃないかと思っています。」(【 第3回】検索の時代からパーソナルソーティングの時代へ。(https://cakes.mu/posts/113より抜粋)
「加藤:AppStoreもそうだったし、Kindleもなんですけど、システムとしては、ランキングしかマーケティングの手段がないんですよ。今後、なにか他に出てくるかもしれないんですけど、今のままだと、ランキングの中で安売り競争になることと、先ほども言ったように、パッケージ化されちゃうからマーケティングしにくいということと、この2つがはっきりとわかったので、版元による電子書籍にはそんなに明るい未来が描けないなと思ったんです。実際に今、これはiPhoneアプリの話ですけど、僕がやっていたころはたとえば『もしドラ』を800円で売ってたんですけど、今見るとブックカテゴリの有料ランキングの上位はほとんど全部85円ですからね。」(第5回:加藤貞顕(cakes)2/5|インタビュー連載「これからの編集者」(cakes)「これからの編集者」(http://dotplace.jp/archives/2173)より抜粋)
「—— なるほど。ということは、デジタルコンテンツの世界にも「普通」がなかったんですね?
加藤 そうなんです。また話が『もしドラ』当時に戻るけど、2010年の4月に会社(ダイヤモンド社)で電子書籍への対応について話し合いが持たれました。ちょうどiPadが発売されて「電子書籍元年」とか騒がれた年ですね。それで、たまたまぼくがコンピュータに詳しかったこともあって、デジタル化プロジェクトチームで書籍部門の担当者に選ばれたんです。
—— 2010年といえば、前の年に Google ブックスの著作権が話題になったり、アメリカの Amazon も新型の Kindle を立て続けに出していたときですよね。
加藤 そうそう、あのころです。僕個人は電子化の流れは避けて通れないと思っていたし、着手するのも早ければ早いほどいいと思っていました。それでちょうど『もしドラ』が数十万部というところまできていたので、『もしドラ』の電子化に踏み切ったんです。
—— 周囲の反対はありませんでしたか?
加藤 それがダイヤモンド社ってすごく前向きな会社で、『もしドラ』の本を売るときもそうでしたが、社員が一丸となってがんばるんですよね。だから電子書籍についても、チームのみんなですごく一生懸命つくって売りましたよ。
 ただ一方、業界全体を見ると、当時はまだ様子見の意識が強くて、売れ筋コンテンツの電子化に消極的なところがありました。でも、売れそうにない本を電子化して「やっぱり電子は売れないね」と片づけるのは、あまりにもったいないでしょう。売れている本を電子化してこそ、マーケットの分析もできるわけで。
—— たしかに「電子化したら紙の本が売れなくなる」という危機意識は、いまも根強く残っていますね。」(【 第2回】コンテンツはもっと自由になれる。(https://cakes.mu/posts/112)より抜粋)


『パブー』は、トップページに新作がでる。
売れたときに紹介、オススメとして紹介がでる。昔は賞もあった。
ツイッターやフェイスブックで『mixi』のように絡んで、宣伝していく方向である。
福山のツイッターネタ。
「—— 紙の本でもなければ、いわゆる電子書籍でもない、まったく新しいデジタルコンテンツ。そのキーワードとなるのが「短い本」だと。
加藤 そうですね、ほんとうは「短い本」に変わる新しい言葉がほしいんだけど、いまの段階ではわかりやすさ優先でそう呼んでいます。
 やっぱり、デジタルでは短さってかなり重要なんですよ。(中略)テレビの30分番組は短く感じるのに、YouTube の30分は途方もない長さに感じてしまう。これはみんな実感してるデジタルの属性じゃないかな。」(【 第3回】検索の時代からパーソナルソーティングの時代へ。(https://cakes.mu/posts/113より抜粋)
「私の感覚で言うと、紙の1章分くらいの分量が、電子書籍には最適なのではいかと感じました。」(【加藤貞顕氏インタビュー】「もしドラ」の編集者が手掛ける、新しいデジタルコンテンツの舞台(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25240)より抜粋)
だから、パブーでは電子書籍を連載化、1回分は2ページにした。売れなかったけど。これは面倒臭いから短く細切れ。毎日アップできた方がいい。などの考え。
「そして、わかりやすさの重要性は、デジタルになってなおさら増していると思います。言い換えると、人々のコンテンツに対するわかりにくさの許容度が下がっているんですよ。なぜなら、デジタルは他へのスイッチングが簡単にできるから。ちょっとわかりにくくておもしろくなかったら、すぐFacebookとかに飛んでしまいますからね。すると短さも重要になってきます。デジタルは、短くてわかりやすくておもしろくなければいけないんです。より作り手の力が問われるようになると思います。」(第5回:加藤貞顕(cakes)5/5|インタビュー連載「これからの編集者」(cakes)「これからの編集者」(http://dotplace.jp/archives/2180)より抜粋)
「健全な頑固さ」でプロが、これから引っ越し先のWEBでメシを食おうというプロが、無料で記事を書くとか、アフィリエイトをするとかありえない。
武士は食わねど高楊枝。別に後から実はアフィリエイトしてましたとかいうフリじゃないからね。
実験台のミクシィのみ、実験台として無料で公開した(ごっこ、パブー。まぐまぐのは有料)。


●主夫時代
書く気がなくなれば、三食昼寝つきの主夫生活で一生のんびりすればいい。働かずに遊んで悠々自適に暮らすって不純な目的に少しでも近づくためにがんばってるんでしょ。社会人になったら、30になったら、結婚したから、子供ができたから、中途半端な奴が逃げるご立派な大義名分は各種ご用意されているからね。ま、猫に小判キチガイに大義名分じゃないけど、社会人になっても30になっても結婚しても子供ができても育休取っても、バカは死ぬまで治らないな。別に金も知名度もいらない(金はくれるなら貰うけど、知名度はいらね、顔出しも本名出しも意味がわかんね、心の贅肉は0だから、適当なペンネームでやれればいい)、地位だ名誉だなんて論外笑止、バカだけどバカじゃないから、そういうのがほしけりゃ、ふさわしい職業選択の自由してるわ、職業とも呼べない職業の自称プロ戦場特派員なんて選ばずに、というか、選ばれたから仕方なくやってるエリート奴隷みたいなもんだ。

●紙の出版界に復帰しない理由。
7年前にもういいかなって思ったしねえ。
楽しいこともあるけど、先がねえし。

●ジセダイ
2006年から2009年まで「講談社BOX新人賞“流水大賞”」という名で小説、イラスト、批評・ノンフィクションを募集していた。
2009年4月、公式サイトで名称が「講談社BOX新人賞“Powers”」に変更されることが発表された。またその際、批評・ノンフィクション部門はなくなり、募集はフィクション部門とイラスト部門のみになった。
場末の単館映画館の特選名画の豪華3本立て仕立てで、『戦特』、『親父ギャグ』、『ライター物語(ホントはドマイナースポーツだったけど)』を同時発表する予定だったけど。
思い出した、だから翌年、電子書籍元年と騒がられたときにメルマガや電子書籍でやろうと思ったんだった。

パッとしないノンフィクション賞でトキメイたのは太田。久しぶりに見たら正解者へ(追記:正しくは、星海社)。
その状態を三年楽しみ、ヨッコイショーイチと重い腰をあげるも、今更ツィッターやフェイスブックを人知れずひっそりと普通に始めるよりも、多少は都会の『ジセダイ』過疎地でも有効活用の時代。

【目的】
出版は活字とマンガに分かれる。売れないほうが活字だ。雑誌と書籍に分かれる、売れないほうが書籍だ。書籍はノンフィクションとフィクションに分かれる。売れないほうがノンフィクションだ。ノンフィクションのビジネス書だドキュメンタリーに分かれる。売れないほうがドキュメンタリーだ。ドキュメンタリーで売れるのは難病モノだスポーツモノだなんだくらい。戦場特派員モノなんて一番最下層に追いやられているが、一番に決まってんだろ。

【ジャンル分け】
ノンフィクションだろうがフィクションだろうが関係ない。どちらにもあてはまらないなら、新しいジャンルを作ればいい。そもそもフィクションありきのノンフィクションって言う言い草は気に入らないから、実話だ実録だ実父だがいいよね。

【帯やポップ】
下ネタ新書。
子育て成功体験本。
男のためのハウツー子育て。
男の子育てマニュアル本。
男の子育て指南書。
そんな男の子育て芸帳。
入門書。
禁断の書。
男子育ての古典。聖典。
覆面子育て父さんの内部告発本。
徹底解剖。
衝撃手記。
回想記、回顧録。
男の子育て攻略本、男の子育て塾。
啓蒙の書。
現代の奇書。
美男子の必読書、男のバイブルと礼讚、絶賛の嵐。
ギャグノンフィクション、実録ギャグ。
子育ては筋書きのないノンフィクション。
大長編の終わりなき連載モノ。
大河子育てロードムービー、映画なんかじゃねえけど。
生きた生教材、歩く育児書。見て盗むな、買って見ろよ。そして体で覚えるんだ。
前衛的実験的な男の子育て芸術だ、もはや。
教養は教育、教育の始まりは義務教育ではなく、子育てが偉大なる第一歩、とどのつまり子育ては教養であるからして、後世に残すべき子育て文化を育むきっかけくらいにはなるんじゃねえの。

【販売促進】
新しい書が新書だろ。

初版限定紙ジャケみたいに。保存用に買う。マニアが。

初版限定ボーナスオムツ(サイン入り)のオマケつき。永久保存版。

誕生日カードみたいに、ページを開くと音がなる、「や~い、おまえの父ちゃん、子育て~」。

声が出ちゃう新書。鳴かせたくて、思わず何度も開いちゃう。静かな本屋に何度も鳴り響く、「や~い、お前の父ちゃん、子育て~」。

urlコードをなんかすると。

スマホをなんかかざすと。

『や~い、おまえの父ちゃん、子育て~』は門外不出の育児書『親父ギャグ』からの抜粋のみだったが、なんと『親父ギャグ』を後日発売、もしくは同時発売。その後も『婿舅大戦争』など続々と続刊予定。

ちまたにあまたあふれるイクメン本を片っ端からバシバシッ批評。

【広告取り】
増刷のたびに広告を変える。

●Pのオムツの広告を取ってくる。

●Pの「ママ連れてって」か「●」、どちらかの広告を取ってくる。

【プロモーション】
首から「あくまでイメージです。はいはい、似てる似てる」とぶらさげたイケメンイクメン(売れてないイケメンモデルかイケメン俳優かイケメン芸人、何なら男の料理、梅宮の辰っちゃんでもいい、ギャラ高そうだからたまに交代みたいな感じで、「よく分かんないだけどさあ、男にしてくださいって頼まれてさあ、いるだけでいいからって」。儲かってきたら、別にイメージだから何人いたっていいだろって、松形さんとかも追加)をキャンギャル男にし、口パク記者会見させて、別室で声優お父さんでもやる。最後に「中身空っぽからも一言どうぞ」とかでしめる。

スピーチ原稿を持たせて、あくまでイメージお父さんに公演させる。ちゃんとスピーチ原稿に「ココ笑うところ」などと書いておく。フリ仮名も。もしくは録音したテープを流し、ダミーお父さんは壇上で口パク。

【クレーム対応マニュアル】
もちろんちょっとでも文句がきたら、あ、すいません、お客さん、ちょうどそこだけ、ホントそこだけ、たまたまフィクションがちょっとだけ混じってたんですよ~、以後気をつけまっす! じゃあ、そういうことでまたのお越しを~くらい言う覚悟は持ち合わせててよかったあ~。

「田端
新書ブームもある種のキュレーションではないか。新書は著者のエゴを消している。著者の作家性よりも、テーマとパッケージに重きを置いて、著者をまたいだ共通解を見つけ出した。
加藤
新書は編集者が強力なワンテーマをぼんと出す。「さおだけ」みたいに、「短く、ワンテーマで」みたいな流れはある。 」(『Webは再び「スライス」から「パッケージ」へ--“まとめ”が起こした揺り戻し』(http://tokyo-edit.net/archives/19787143.html)より抜粋)
新書のワンテーマは押さえつつ、作家性を発揮しまくった。
はじめにと第一章、加藤氏の言う。

はじめにと第一章から一歩踏み出して、はじめにと第一章専用の限定仕様にしようと。

売り場が小さい、加藤氏の言う。ランキングのみ。
ジセダイはアクセスランキング関係ないそうだけど、あれくらいしかないから、まず1231に出す、トップに出る時間が長いから。
後、長くしておけば一気に読めないから、100人に1人でも、そいつが何度か小分けにわけてアクセスしてくるだろうと。
ま、それでもアクセス対策しているのに負けるわけですが。オナ禁は俺が宣伝したこともあり、自力かしら。
ジセダイはあくまで四角関係計画の一環として、自分のブログに発表するよりは、四角関係者の目に留まりそうな場所ってことで選んだ場所。
順番が前後しますが、ジセダイへ。
今更右肩下がりのライター界に出戻るのもアレだし、ノンフィクションの賞にでもだそうかなあと。
今ゆる賞を取る系の王道のノンフィクションじゃないんだよなあ。こっちが王道のはずなんだけど。
『リハビリがてら、ジセダイに応募、厳密には一手目はジセダイ』(毎回の終わりに参考資料添付。ウェブ飯なので、基本的にウェブ縛りにした方が分かりやすいので、参考資料もウェブで誰でも読めるものにしました。)


●続いてのネットチャレンジは『cakes』。
自分の業界で新しいこと。屯田兵、先駆者。
20代、30代に金にも地位にも名誉にもならないことをよく腐らず、心折れることなくひとりで続けてきたなあと。

バッターボックスに立つ、バットを場外に向ける、静かなままの観客席には誰もいない、マウンドにピッチャーもいない、キャッチャーも審判もフィールドにもベンチにチームメイトもいない、見えないボール相手にフルスイング、何球も何球も見えない白球が見えなくなるまでホームラン。
今しかできない、金と知名度という飛車角落ち状態じゃなきゃできないやりかた。
ケイクスならニッチも拾える。蛸壺化の打開策にもなる。
半袖mixiでプロモーションは飽きた、ツイッターやフェイスブックより新しいプロモーション。
「加藤 cakesに関しては、こういう取材とかインタビューも大事なんですけど、書き手のみなさんがそれぞれ自分のお客さんを持っている人たちですよね。それぞれのコンテンツのマーケティングについては、それぞれのクリエイターさんが一番わかっていると思いますし、仕組みとしてもそこをサポートしていくように作っています。
――ツイッターや、ブログで固定の読者がいる人が多いですよね。
加藤 いまの時代、ツイッターのフォロワー数はドラゴンボールにおける「戦闘力」みたいなものだと思うんですよ。
――なるほど。たしかに、フォロー数10で、フォロワー数が1万とかだと、すげー! って思います。
加藤 雑誌や書籍を作っているときにも感じていましたけど、もう、作り手が売るしかない時代になってきたなと思います。コンテンツ単位で、クリエーターチームのメンバーが売っていくしかない。」(ツイッターのフォロワー数はドラゴンボールにおける「戦闘力」〈加藤貞顕×米光一成 2)(http://www.excite.co.jp/News/reviewmusic/20120925/E1348538908260.html)より抜粋)

「その時に確信したのですが、コンテンツのマーケティングは、クリエイター自身がやるしかない時代がくるんだろうなということです。先程も書いたように、セグメント化されたマーケットでは、語りかける言葉、届く言葉が、セグメントによって異なります。これを理解して発信できるのは、ものづくりをしたクリエイターだけなのです。津田大介さんは有料メルマガの宣伝を自分でやっていますが、あれが未来のクリエイターの姿だと思います。」(「セグメント化された市場と変わりゆくマーケティング」(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/107/107931/)より抜粋)

「なので、ツイートするときに、著者は自分のコンテンツに関して一時的にロックを外し、一定時間無料で読めるようにすることができるんです。もちろん、そこから他の記事や同連載の前回分に飛ぶと有料記事になっているわけですが、このシステムだとそれを見たファンの人も「あと○○分見られる!」とリツイートがしやすくなる。つまり、著者と読者のことを考えることが、結果的にcakesという存在を広めることにも繋がると考えています。」(【加藤貞顕氏インタビュー】デジタルコンテンツの時代に対応したプラットフォーム「cakes(ケイクス)」の目指すもの(http://www.sbbit.jp/article/cont1/25508)より抜粋)

「津田 僕がケイクスを使ってすごいなと思ったのは、クリエイターが無料購読時間を設定できるところです。いまから10分とか30分とか時間を区切って、無料にできるURLをツイートできる。
 例えばこれが新聞社のサイトとかだと記事のURLに読者がアクセスしても「有料記事だから登録しないと読めません」とか書いてあって、読者が怒る訳ですよ。でも、ケイクスの仕組みならそういうことにならない。Twitterというフローなメディアを使っているから、ツイートの無料購読時間を過ぎてからアクセスして読めなかった人も、「ああ、そのときにツイートを見てなかったからだな」って納得してくれる。
加藤 ありがとうございます。著者が宣伝することが、読者にプレゼントになる仕組みとして考えました。
速水 最近電子書籍で売れた『当事者の時代』も、著者の佐々木俊尚さん本人がソーシャルメディアで積極的に宣伝していたよね。著者の宣伝って大事。
加藤 それは本当にそうです。紙の本をつくっているときから痛感してきたことなんですが、いまはマスマーケティングがほとんど効かなくなってきている。お客さんがすごくセグメント化されているから、それぞれに届く言葉を考えるには、結局クリエイター本人がやるしかなくなるんです。」(【前編】クリエイター本人がマーケティングする時代(https://cakes.mu/posts/509)より抜粋)

「加藤:小さいプロモーションを絶え間なく、たくさん行い続けるというイメージですね。顧客がすごく細かくセグメントされているのが現状だと思いますので、ある施策を打っても、いわゆるクラスタごとに響き方・反応が全然違う。

これはAMN(アジャイルメディアネットワーク)の徳力基彦さんが仰っていたんですが「Webプロモーションは火に薪をくべるように行っていくのがいい」というイメージがしっくりきます。一度に薪(プロモーション施策)を投入しても、あっという間に燃え尽きてしまうし、間が空きすぎると火そのものが消えてしまう。」(まつもとあつしの電子書籍最前線Part1(前編)ダイヤモンド社の電子書籍作り(http://ddnavi.com/serial/6413/)より抜粋)

「やっぱりね、人やものを好きになることの醍醐味って〈出会い〉にあると思うんですよ。(中略)その運命とか偶然にゆだねられていた〈出会い〉の喜びを、最先端のアルゴリズムによってうまくセッティングしてあげたいんです。」(【 第3回】検索の時代からパーソナルソーティングの時代へ。(https://cakes.mu/posts/113)より抜粋)

「cakes は会員制の有料サイトなので、ログインしてからコンテンツを読んでもらうことになります。すると、その人の閲覧履歴を独自のアルゴリズムによって解析し、「こんな記事も好きかも」「こっちにも興味あるかも」とオススメのコンテンツを上のほうに表示するようになっているんです。
 読めば読むほどその人の好みがわかってオススメの精度は上がっていくし、コンテンツが埋もれることもなくなる。本人にとってどうでもいいコンテンツは上がってこないから、ノイズやストレスも少ない。
 読者は自分が読みたいコンテンツに出会えるし、クリエイターは読んでもらうべき人にコンテンツを届けられる。自分の大切なコンテンツが、埋もれてしまうこともなくなる。いわば、読者とクリエイターの〈出会い〉を演出する場、ということですね。(中略)「あなただけの空間」がそこにはある。高精度のパーソナライズとソーティングを実現するために、世界的な天才統計学者にもチームに入ってもらって、かなり画期的なアルゴリズムを組み込むことができました。ここについては、とてもいいものができたとぼく自身、興奮しています。
 ただ、読者の立場からするとそんな技術的な話は関係ないし、それを意識させちゃダメなんですよね。要するに「いつでもおもしろいコンテンツとの〈出会い〉が待っている、超おもしろいサイト」ということです。」(【 第3回】検索の時代からパーソナルソーティングの時代へ。(https://cakes.mu/posts/113より抜粋)

●加藤先輩語録82
「コンセプトは、「明るく楽しいサバイバル」といったところでしょうか。『もしドラ』なんかもそうなんですが、楽しくて役に立つものが好きですね。」(『Webに、超一流作家のコンテンツを出せる場所を――cakes代表・加藤貞顕氏インタビュー 』
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1209/28/news026.html)より抜粋)

●加藤先輩語録87
「ぼくが理想としているのは「面白くて役に立つ」本です。面白いだけでもなく、役立つだけでもない。その両方を高い次元で昇華させた本をつくりたいとずっと思っています」(新刊 ザ・メイキング【第8回】『もしドラ』(その4)どうやってマーケティングするか。その答えは、すべて「もしドラ」に書いてありました。(http://diamond.jp/articles/-/12942)より抜粋)

「■自分の中で大切にしているルール
 ぼくは編集者なので、表現をつくることが仕事です。そのときに大切にしているルールがふたつあります。
 ひとつは「おもしろいかどうか」。もうひとつは「役に立つかどうか」です。このふたつを、常に自問しています。これに従うと、たとえば誰かの悪口のように、おもしろいかもしれないけど役には立たないものはつくらないことになります。「売れるのかもしれないけど、誰かの役に立つのだろうか? むしろ社会にとってはマイナスなのではないか?」というようなものはつくらないほうがいいと思うのです。

 ひとことでいうと「社会に対してポジティブであることをしよう」ということです。だから、ルール自体についても、「このルールって何のためにあるんだっけ?」「このルールで誰が幸せになるんだっけ?」というようなことは、よく考えています。」(ルールの向こう側に人がいる ――cakes代表、編集者 加藤貞顕(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/178/178615/)より抜粋。



プロのまとめサイト。
「――そういえば、2ちゃんまとめが強力なライバルだっておっしゃってましたね。
加藤:そうですね、2ちゃんまとめは本当に強力なライバルだと思います。めちゃくちゃおもしろいじゃないですか。
――おもしろいですね。しかも普通の子が見てますもんね。
加藤:そうなんですよ。なんであれだけがネットの有力なコンテンツになっちゃってるのかっていうと、ネットにプロが作ったコンテンツがまだないからというのもあるんですよ。だからcakesはそこをやろうと思っている。出版社には、そこを一緒にやりましょうというのが、いまの我々のスタンスですね。」(第5回:加藤貞顕(cakes)5/5|インタビュー連載「これからの編集者」(cakes)「これからの編集者」(http://dotplace.jp/archives/2180)より抜粋)

「加藤:2ちゃんまとめサイトの話を今日は伺いたかったんですよ。ハフィントンポストの話を聞いて真っ先に思ったのが実は2ちゃんまとめサイトじゃないかと。いや、ウェブでメディアをやる者として最強の敵はあそこなんじゃないかって気が僕はしていて。あれ見てたら、本買わなくなるよなって思うんですよ。ハフポストなんてまさにそうですよね。ニュースを皆で議論しておもしろいコメントを含めたコンテンツで、しかもキュレーターが編集して出してる。それってかなり似てるじゃないですか。」



「加藤:2ちゃんねるまとめになる前に、そもそも「ニュー速+」があったじゃないですか。キュレーターしかスレが立てられない「ニュー速」ができたんですよね。さらにそれらを編集しているのが、まとめブログじゃないですか。だから、あのエコシステムって相当強力に、日本にもう10年くらいあるわけですよね。」(「ライバルは2ちゃんまとめ?【cakes加藤×ハフポスト松浦】」(http://www.huffingtonpost.jp/2013/05/20/story_n_3309653.html)より抜粋)


趣向を変える。一般開放はしていない。パブーのアットランダムオススメを進化させて形。素人がいないから、ツイッターやフェイスブック、社内報で更新情報のオススメ。

ま、フォロワーなんていまのところひとりなんで、スケールメリットはないですし、アレは爆薬庫ですから、

ケイクスは蛸壺にならないし、隙間が隙間じゃなく存在できる。

活字人口は増えてる、ハードの理由だけじゃなく、活字初心者に長いのは厳しい。

「今回の「堀江貴文ミリオンセラープロジェクト」をきっかけに、ダイヤモンド社と話をして枠組みを作ったんです。
企画があって、著者がいて、編集者がいて、その企画をcakesで連載してマーケティングしながらものづくりをして、マネタイズもして、さらにダイヤモンド社で本にして。という流れですね。ダイヤモンドってすごく営業力が強いので、あの営業のパワーと、柿内さんとか佐渡島さんのような強力な編集者のパワーをうまく結びつけられたら、という話を普段からしていて。「その企画、やれるんじゃないの?」みたいなのが、いっぱい出てくるんですよ。ただ、cakesもコルクも出版社ではないですから、そういう枠組みとして作って、みんなが利益を享受できる仕組みにしたんです。堀江さんの本だけじゃなく、もう1冊別の本と一緒にまずは2冊で始めるんですよ。」(第5回:加藤貞顕(cakes)4/5|インタビュー連載「これからの編集者」(cakes)(http://dotplace.jp/archives/2178)より抜粋)

「これはドラッカーの言葉ですが、まず顧客を定義するといいんだというんですよ。そうすると製品が勝手に決まってくる。そこに尽きると思いますね。で、その中でできることはすべてやる。僕は細かいので、読んでわかりにくいところは、全てつぶしてなくしていくんですよ。柿内さんとか佐渡島さんもたぶんいっしょです。顧客のことを死に物狂いで考えて、やるべきことを全部やれば、それは大体売れますよ。」(第5回:加藤貞顕(cakes)4/5|インタビュー連載「これからの編集者」(cakes)(http://dotplace.jp/archives/2178)より抜粋)
「――それは、元々どういう人なんですかね。編集者という職業に就いたから、常に本の企画が10個あるわけですよね。その編集者になる前は、どういう人だったんでしょうか。常に世の中をいろいろ見ている人、ということですかね。
加藤:そうですね。好奇心とか疑問をたくさん持ってる人でしょうか。柿内さんは「ツッコミ」って言ってましたけどね。
(中略)
つまり、今まで言われていたやり方に納得がいかなかった。既存の考え方ややり方に簡単に納得しないで「おかしいな?」と思う人は、編集に向いてるかもしれません。これって、普通にそのへんにいたら、ちょっとめんどうな人ですけど(笑)。
――なるほど。そうした企画力以外には、何かありますか?
加藤:文芸とかマンガの編集だったら、著者に寄り添える人が向いてるんですよね。僕はあんまりそういうタイプじゃないんですけど、佐渡島さんはそういうタイプですね。彼がすごいのは、寄り添うこともできるし、アイデアにもあふれているところです。そこが両方できるひとって、珍しいんじゃないかな。
――佐渡島さんは「他人のためを思って生活する癖があれば、どんな会社にだって入れる」とおっしゃっていました。
加藤:一番大きな話をするとそうですよね。仕事って基本的に、他人のために役立つことじゃないですか。だから、他人のためになにができるかを考えられる人は、編集者に向いていますよ。それは本当にそうだと思います。
(中略)
ほんとに、いろんな人がいていいんじゃないでしょうか。粘り強く著者さんと一緒に作るっていうのも能力だし、あとは働くのが好きな人なんでしょうね。編集ってはっきり言って、かなり地道で面倒な仕事だと思うんですよ。なので、それを楽しんでできる人が向いていますよね。
他のどんな仕事でも一緒だと思うのですが、素晴らしい成果というのは結局、適性がある人が長時間働いた結果なことが多いですよね。ちょろっとだけ仕事して素晴らしい成果を出している人って、実際はあまり見たことないです。」(第5回:加藤貞顕(cakes)5/5|インタビュー連載「これからの編集者」(cakes)「これからの編集者」(http://dotplace.jp/archives/2180)より抜粋)

「(11)人の力を借りるのがうまい
 大きな仕事は、決して一人ではできません。だからすごい人は例外なく、人の力を借りるのが上手です。その秘訣は、みんなに共通する大きな目標を提示することと、あとはなんといっても人柄でしょう。彼らの笑顔を見ると、みんないっしょに仕事をしたくなってしまうのです。」(「超成果を出している人に共通する11の秘訣」(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/115/115080/)より抜粋)。

「ウェブサービスでも、自分が欲しいものをつくるのが成功要因だと言われていますよね(『「 観る」将棋の楽しみかた——梅田望夫×加藤貞顕 将棋対談』(https://cakes.mu/posts/1709)より抜粋した梅田の言葉)。」


「加藤:僕は音楽がすごい参考になるなと思ってずっと見てるんですよ。音楽って結局コンテンツの売り上げがずっと落ちていったかわりに盛り返してるのが、やっぱりライブなんですよね。あとは物販。だからどっちもリアルなんですよね。人のリアルと物のリアル。特にAKB48とかPerfumeとか、ライブとかいくと物販すごいんですよ。キーホルダーとかトートバッグとか、TシャツにいたってはPerfumeがステージの端から端まで客いじりをして、これはいついつのTシャツですよねってやるから、皆その時のためにまた買うんですよね。それを見ていて何ができるかと思っていると、やっぱりこういうイベントはライブにあたるのかなと思いますし、これはあんまり大きな声では言いにくいんですけど、情報商材系の人たちが一番うまくやってますよね。
松浦:あれはよくできてますよね。
加藤:ああいうことをもっと既存の出版社とかメディア会社がやってかなきゃいけないんだと思うんですよね。既存の会社ってもともと儲かってて勝ち組だからやらなかったわけですよ。講演会とかめんどくさいから、書店へのサービスとかそのくらいのもんだと思ってて、講演会の中身をテープでおこしたりDVDにしたりして売ることはできるんだけど、それも既存の書店ルート使いにくかったりスタッフいなかったりとかでやってこなかったんですよね。そこはやってく必要があるのかなと思いますね。」(ウェブとリアルをどう連動させる?【cakes加藤×ハフポスト松浦】
http://www.huffingtonpost.jp/2013/06/10/story_n_3413878.html)より抜粋)
最終目標はキーホルダーを作って売る。もちろんキーホルダーライブも開催し、そのキーホルダーライブをおさめたdvdも売ります。3年間くらい結婚式のビデオ撮影バイトをしていたので、昔取った杵柄でプロ顔負けの撮影もok。」

 はいはい、コレが俺のオザケンオザケンの素。
 ああ、消したい。せめて下書きレベルに清書したい。
 っていうか、電源あるまで直すもん。残り18分(21%)って出てるよ。


●コグレオオカミのツイッター
「小暮大上 ‏@kogureookami • 2分
明け方までにはケリがつく。週末じゃなかったのかよ、シ~!
http://www.youtube.com/watch?v=EQVWJ_KliJc

 ちなみに、内閣広報室は『Very』作戦について何にも考えてないか、ろくでもないことを考えているかのどちらかです、きっと。いずれ情報公開の対象になってすべて明らかになることでしょう。
 それまでは最低限の礼儀で割烹着着て、ハンカチ握りしめながら、スパイダーマンコスプレ反省会です。
 反省会中に、

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月24日
最高ですよね! “@nakamurahiroki: cakes加藤さんに言われて、iPad miniのkindle生活はじめてみた。これはやばいな。世の中の全書籍kindleになってほしい。”」

 お相手はこんなお方です。
「Hiroki Nakamura
@nakamurahiroki
中村洋基です。 Twitterで多くの皆さんと時空を超えて、心の繋がりが広がっていく事に感動しています。しごと → http://nakamurahiroki.com/works
Tokyo · nakamurahiroki.com 」

 テレホンセックスみたいに、ツイッターセックスってないのかしら。

というわけで、ま、遠い将来、紫のメダルを首からぶらさげて編集者インタビューに答える機会があったら、「根っからのテクニシャン」って加藤先輩の悪口言ってやるんだい、だって俺の経験担当編集者人数に、加藤先輩のことちゃんと担当編集者として、カウントしちゃったもんね。

 ハイ、撤収! ああ、最後だしやっときますか、じゃあ、「撤収宣言!」

 あっさりオチなのは、ゲリ原稿が激オチですからね。もしくは真にあさとい営業ゲリ原稿の可能性も!? ←これこそ、一番あざとい疑惑!

●コグレオオカミのツイッター()
「小暮大上 ‏@kogureookami ・ 2分
明け方までにはケリっていうか、ゲリになっちゃったけど(最低ですよね!)、でももう明け方だし、電波も電源も不安だし、「ま、いっか!」(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392554372.html …)」

 以下は次回、第9回こと『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第9回 まいりました!(第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局、●手 先手 加藤先輩の勝ち)』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392941883.html)にお引越ししました。一応、ココにも残しておきますが。

 ただいま! 今日は朝イチから『彼女写真 三重編』気分でナガシマスパーランドに行ってきました。
 そして、今さっき帰宅して(2014年3月25日(日)23時20分スタート!)、こうしてWEBがつながる楽しさったら!

 ケリはつきましたけど、後手だから逃げるのもアレだし、それにしてもひっどいゲリ原稿だなあと。
 ま、WEBとパソコンが自由に使えないことによって、こういつもの狂った調子が狂って『がんばれWEBメシ』のがんばってる感と一人相撲感がいつもよりアップされてて、長渕の「明け方にはケリがつく」の世界観で自分の中のオザケンを語る試みに、いい塩梅に痛々しさを添えてますね。
 もう今日は自由にWEBもパソコンも使えるのに、更にそこへナニかを振り掛けようとしてるよ。

 問題というか、弱さはやっぱオザケンパートですね。オザケン世代ですが「財布を忘れて愉快な」って歌くらいしか知りません。
 とんぼの英二さんとドライブ中にかけて「そんなクソみてえな歌消せ、コノヤロー」と蹴られるかどうかだけが、音楽の基準でしたからね(http://www.youtube.com/watch?v=2a-QI3FT6rI *最初にチラリとうつる車のナンバーが! でも、昔は、バイク乗ってる頃の長渕が好きだったんだよなあ。http://www.youtube.com/watch?v=GyJxPCzlZUk)。

 ああ、そっちのオザケンじゃない。でも、こっちのオザケンは唯一の引きのネタですからねえ、「なぜcakes? なぜ加藤先輩?」の。本気だけど、本筋じゃない。本筋じゃないならなぜ本気か? 本に至る大事な筋だから?
 半分くらい誠実になったかしら。本気の本筋の途中に本があって、その遠い先にゴールがナニがあるのか。

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第3回 ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールの構成案というかラフというか下書きみたいなもん』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390716802.html)で下書き15万字(ワード先生調べ)、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第7回 まいります!』の「「週末にいつの日か表の面接だかS談だかに万が一呼ばれた場合に備えてネタを仕込まないとですよ」もネタは仕込んだのですが、すぐ出すとSぐS促のS漏野郎みたいなので、まだまだ我慢して、「表の面接だかS談だか」の「いつの日か」がなかなか決まらない頃合いにポロリと出しちゃう作戦で(「第18手△(コグレ後輩)」の第五弾)」は約7万字(ワード先生調べ)と、この期に及んで全部出さずに、出し惜しみの検便レベルで提出かよ!

 いやいや、前者の15万字は参考資料の重複等で水増しされていますから。ま、確かに後者の7万字は重複等を消しただけでなく、最低限の検閲はして検便レベルにしてますとも。

 前者の15万字にも核心は書かないミシン踏み内職の現役SF的少年(38歳)の照れ屋さんっぷり、自意識過剰ぶり、勘違いっぷり、もう完全に開き直ったタチの悪さは、逆に称賛に値する。

 最後っ屁誠意代わりに、コッソリ不定期連載でもしようそうしよう。
●中学時代(え~、そこからって我先にと思ったさ。上記の【面接問答集】で言うところの「中2で戦特」という5文字のところ。面接問答集は最初、商談問答集にしようとしたけど、なんか商談が揉めてるみたいだからやめました。え~、そこもってこれまた我先にと思ったさ)。

 そもそものきっかけは中2のたぶん2学期の委員会決めの際、ジャンケンに負けて図書委員になったことから始まる。
 やだ、人生の岐路は主にジャンケンで決めてる人みたい。
 別に本は嫌いじゃなかったけど、図書委員なんて女のやるみたいな委員は嫌だった男女差別な思い出があります。
 当時の通学カバンはななめ掛け(不良は肩かけ)の白いカバン(http://tideline.exblog.jp/19810987/)でしたあ。これがもうホント丈夫で、本を30冊くらい入れてもへっちゃらと気づくのにそう時間はかからなかった。

 図書委員特権で誰もいなくなった図書館で、面倒臭い貸出手続きせずに本を借り放題だったのだ。そんな30冊も貸出手続きしたら、図書委員さんが大変じゃん。ま、確か一人5冊までとか決まっていましたが、図書委員の役得役得。
 運命の一冊は、ある日いつものように適当に放りこんだ30冊の中に紛れ込んでいたのです。」

 えっと、今日の長渕BGM動画(http://www.youtube.com/watch?v=2tQ1H8xachk)から長渕サーフィンしてて、たまたまみつけた家族ゲームⅡ(http://www.youtube.com/watch?v=_u_2QFP7-w0)がちょうどいいところなので、今日はそろそろお開きで(2014年3月26日2時55分)。


 今日は柳ヶ瀬の高島屋に行った後、モレラに行ってきたよ。
 いや~、昨日から俄然ブログっぽくなってきましたねえ。別に棋風は変えてませんけどね、戦法は変えたよ。
 あ、どうも、って俺しか出てこないから、ココはブロガーの俺のブログだからね、それでも一応毎回、日付けを書いた方がいいのかしらの2014年3月26日の23時30分かな。

 ホントに将棋ゴッコにケリとゲリがついたなら、「第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の投了図」を書かないとね。 

 それはそうと、家族ゲームⅡを全部見てから言うのもなんですが、がんばれWEBメシとか言いつつ、無料でコンテンツを盗み見するのはどうなの?

 というわけで、長渕のCDを買い直して、つじつまを無理矢理合わせておきました。『昭和』(1989年)で違和感が確定した後も、『JEEP』(1990年)、『JAPAN』(1991年)、『Captain of the ship』(1993年)まではリアルタイムで半分惰性で買い続けていた。

 上京する際にもう音楽は卒業しようと処分したが、30過ぎにとあるキッカケで『昭和』までは買い直したから、今回のお代代わりは『JEEP』(1990年)にしよう。

 ああ、投了図ね。
 じゃあと、

●コグレオオカミのツイッター()
「あい(追記。正しくは「いえ」か、せめて「あいー」かしら。ニュアンス的には「あい~ん」が一番正解だけどね)、「2014年2月14日の夜~同年3月25日の朝方まで」の、約38日間を、6分25秒で見る目標設定((http://www.pideo.net/video/dailymotion/94652c69a01785ca/ …)の「16分50秒~23分15秒」)ががを見るだけ! 実にパーフェクトな、24年モノの中2病(38歳)っぽいセレクト違法ショップ!」

●コグレオオカミのツイッター()
「オマケ((http://www.pideo.net/video/dailymotion/62b606320931fd19/)の「20分45秒~22分41秒(*追記、正しくは「20分45秒~23分18秒まで」。お詫びの蛇足(http://www.pideo.net/video/dailymotion/62b606320931fd19/)の「7分37秒~11分25秒まで」))付き!」

 別にツイッターも閉鎖してないもん。


 ちなみに投了図は『明日のジョー 第46話』より、オマケは『明日のジョー 第43話』よりお送りしました。
 力石とマンモス西のためにまたお代代わりに、まだ買い直してない長渕のCDでも買うか、『JAPAN』(1991年)、『Captain of the ship』(1993年)。

 後は、不定期連載の続きね。
「図書委員役得の件ですが、ひとりでいっぺんに30冊も借りたところで、田舎の中学生なんてほとんど誰も本なんて読まないから大丈夫、図書委員特権でよく知ってたから。

 田舎の中学生なんて、おっさんが刺身をマンコにチョンチョンつけて「うまいうまい」って前戯がある裏ビデオを借りるのを長蛇の列で待ってるだけですから。

 それにしてもあの裏ビデオはひどかった。
 あれ以来、どの刺身を見てもどのマンコを見ても、それこそいまだにあの名シーンが脳裏をよぎるからね。まあ、大人なので、両方ともおいしく頂きますけどね。
 そうそう、本筋はあの裏ビデオのような記憶の残り方をしないとね。
 もしかして、『XVIDEO』や『xHamster』あたりにあの懐かしの裏ビデオが違法アップされてるかも、こうしちゃいられない、ちょっくらいってきま~す!」


2014年03月28日

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第9回 まいりました!(第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局、●手 先手 加藤先輩の勝ち)』

*まだよ。

 そういえば、ちゃんと言ってなかったから、「まいりました」って。
 結構律儀なのよ。

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第8回 ま、いっか!』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392554372.html)の続き(ダブりあり)。

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月25日
孤独とミシンとケインズがテーマの書評をかけるのはこのかたくらいですよね。「ミシンと日本の近代—— 消費者の創出」なんて本がえらくおもしろそうに見えてくるからすごい。/孤独・ミシン・ケインズ|山形浩生 @hiyori13 https://cakes.mu/posts/5323

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月25日
仲さんって、ほんとにかっこいいひとです。[今だけ無料]仲暁子 vol.2 バリバリの金融業界から引きこもりマンガ修行への転身。 |イケてる経営者が日本を救う|藤野英人 @fu4 |cakes(ケイクス) https://cakes.mu/posts/5203

●加藤先輩のフェイスブック()
「加藤 貞顕さんが藤野 英人さんのリンクをシェアしました。
3月25日

仲暁子 vol.2 バリバリの金融業界から引きこもりマンガ修行への転身。 | イケてる経営者が日本を救う | 藤野英人 | cakes(ケイクス)
cakes.mu
シゴト充実化サービス「Wantedly(ウォンテッドリー)」を運営す...」

 なぜこのネタは、ツイッターとフェイスブックのダブルなのか?
「Wantedly(ウォンテッドリー)」では、“f”が“w”になるから?

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月24日
昨日のほぼ日の今日のダーリンがすごくよかったから読み返してました。おはようございます。 http://www.1101.com/

 今日のダーリンって1日で消えて、バックナンバーが残らない奴でしょ?
 昨日のほぼ日の今日のダーリンはコレでいいのかしら?
 ま、これでもいいやというか、これしかないし。  
「先日、ほとんどの「チーム」にとって、
 大事なことを煎じ詰めてしまえば、
 「誠実」と「貢献」になるのではないか、と書きました。

 そのときに、「誠実」というのは、
 どんなルールに照らし合わせることもなく、
 じぶん自身で判断できるものなのではないか、
 ということも言いました。
 じぶんのいましていることが、しようとしていることが、
 「誠実」であるかどうかは、じぶんでわかるものだと。
 ただ、その判断の目を曇らせてしまうような
 「都合」や「事情」というものもあります。
 「これは、ほんとうは誠実ではないかもしれないが、
 こういう事情があるなかでの誠実なのだ」と、
 わかっていたはずの「誠実」を変えてしまうことも、
 人間なら、よくあるようなことです。

 「あのときは、しょうがなかったんだよ」という思いは、
 たいていの人が持っていることでしょう。
 そう思っているということは、本人が、そのことを
 どうしても「誠実」であったと感じられないままでいる、
 ということなんだと思います。
 一所懸命に「あのときはあのときの精一杯」と言っても、
 それが「誠実」でなかったことは、本人が知っています。
 曖昧で、あやふやな「こころ」というものに、
 こんなに厳密な筋が通っているとは、不思議なものです。

 「不誠実」が顔を出すのは、
 「不得意」の場面かもしれない
 ‥‥そんなことも、考えてみました。
 じぶんの弱さが前に出てしまうと、
 「誠実」であることよりも、
 「都合」や「事情」を選びやすいんじゃないだろうか。
 いや、しかし「得意」なことだからこそ
 「不誠実」に済ませちゃうって場合も、あるますよね。
 そういう場合、その時点から「堕ちる」んだろうな。

 いやぁ、「誠実」の二文字が軽いものじゃないだけに、
 ずいぶんまじめくさった話に見えるかもしれないけれど、
 いま、すっごく興味の中心にあることなんです。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
こんないいかげんな人間が、まさか誠実を考えるとはねぇ。」

 ただいま! 今日は朝イチから『彼女写真 三重編』気分でナガシマスパーランドに行ってきました。
 そして、今さっき帰宅して(2014年3月25日(日)23時20分スタート!)、こうしてWEBがつながる楽しさったら!

 ケリはつきましたけど、後手だから逃げるのもアレだし、それにしてもひっどいゲリ原稿だなあと。
 ま、WEBとパソコンが自由に使えないことによって、こういつもの狂った調子が狂って『がんばれWEBメシ』のがんばってる感と一人相撲感がいつもよりアップされてて、長渕の「明け方にはケリがつく」の世界観で自分の中のオザケンを語る試みに、いい塩梅に痛々しさを添えてますね。
 もう今日は自由にWEBもパソコンも使えるのに、更にそこへナニかを振り掛けようとしてるよ。

 問題というか、弱さはやっぱオザケンパートですね。オザケン世代ですが「財布を忘れて愉快な」って歌くらいしか知りません。
 とんぼの英二さんとドライブ中にかけて「そんなクソみてえな歌消せ、コノヤロー」と蹴られるかどうかだけが、音楽の基準でしたからね(http://www.youtube.com/watch?v=2a-QI3FT6rI *最初にチラリとうつる車のナンバーが! でも、昔は、バイク乗ってる頃の長渕が好きだったんだよなあ。http://www.youtube.com/watch?v=GyJxPCzlZUk)。

 ああ、そっちのオザケンじゃない。でも、こっちのオザケンは唯一の引きのネタですからねえ、「なぜcakes? なぜ加藤先輩?」の。本気だけど、本筋じゃない。本筋じゃないならなぜ本気か? 本に至る大事な筋だから?
 半分くらい誠実になったかしら。

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第3回 ホワイトバレンタイン手作りド本命営業ラブメールの構成案というかラフというか下書きみたいなもん』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/390716802.html)で下書き15万字(ワード先生調べ)、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第7回 まいります!』の「「週末にいつの日か表の面接だかS談だかに万が一呼ばれた場合に備えてネタを仕込まないとですよ」もネタは仕込んだのですが、すぐ出すとSぐS促のS漏野郎みたいなので、まだまだ我慢して、「表の面接だかS談だか」の「いつの日か」がなかなか決まらない頃合いにポロリと出しちゃう作戦で(「第18手△(コグレ後輩)」の第五弾)」は約7万字(ワード先生調べ)とこの期に及んで全部出さずに、出し惜しみの検便レベルで提出かよ!

 いやいや、前者の15万字は参考資料の重複等で水増しされていますから。ま、確かに後者の7万字は重複等を消しただけでなく、最低限の検閲はして検便レベルにしてますとも。
 前者の15万字にも核心は書かないミシン踏み内職の現役SF的少年(38歳)の照れ屋さんっぷり、自意識過剰ぶり、完全に開き直ったたちの悪さは称賛に値する。

 最後っ屁誠意代わりに、コッソリ不定期連載でもしようそうしよう。
●中学時代(え~、そこからって我先にと思ったさ。上記の【面接問答集】で言うところの
「中2で戦特」という5文字のところ)
「面接問答集は最初、商談問答集にしようとしたけど、なんか商談が揉めてるみたいだからやめました(え~、そこもってこれまた我先にと思ったさ)。
 そもそものきっかけは中2のたぶん2学期の委員会決めの際、ジャンケンに負けて図書委員になったことから始まる。
 やだ、人生の岐路は主にジャンケンで決めてる人みたい。
 別に本は嫌いじゃなかったけど、図書委員なんて女のやるみたいな委員は嫌だった男女差別な思い出があります。
 当時の通学カバンはななめ掛け(不良は肩かけ)の白いカバン(http://tideline.exblog.jp/19810987/)でしたあ。これがもうホント丈夫で、本を30冊くらい入れてもへっちゃらと気づくのにそう時間はかからなかった。

 図書委員特権で誰もいなくなった図書館で、面倒臭い貸出手続きせずに本を借り放題だったのだ。そんな30冊も貸出手続きしたら、図書委員さんが大変じゃん。ま、確か一人5冊までとか決まっていましたが、図書委員の役得役得。
 運命の一冊は、ある日いつものように適当に放りこんだ30冊の中に紛れ込んでいたのです。」

 えっと、今日の長渕BGM動画(http://www.youtube.com/watch?v=2tQ1H8xachk)から長渕サーフィンしてて、たまたまみつけた家族ゲームⅡ(http://www.youtube.com/watch?v=_u_2QFP7-w0)がちょうどいいところなので、今日はそろそろお開きで(2014年3月26日2時55分)。

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕さんがリツイート
糸井 重里 ‏@itoi_shigesato · 3月26日
ご本人は言われたくないかもしれないけれど、いま、静かなる「川上量生ブーム」だよねー。「有吉弘行ブーム」と時期が重なるというあたり、研究する人いないもんかね。柳瀬さん?」

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月26日
ブランドを貯めるのが重要という視点、ほんとにそう思います。そして、それはぼくらが解決できないかなと思っています。【第10回】ブランドをためられないプラットフォームは、クリエイターにとって地獄である。|川上量生の胸のうち|川上量生 https://cakes.mu/posts/5347

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月26日
このところお話を伺っていて、川上さんは愛と勇気のひとだなあと思ってます。どちらも世の中に不足しがちなものですよね。 @itoi_shigesato ご本人は言われたくないかもしれないけれど、いま、静かなる「川上量生ブーム」だよねー。「有吉弘行ブーム」と時期が重なるというあたり…」

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月26日
あまちゃんでいちばん印象に残ってるセリフはこれだなあ。かっこつけるとろくなことがないですよね。 “@aoki818: 「ダサいぐらいなんだよ、我慢しろよ!」は見栄っ張りの自分を戒める座右の銘になっています。”」

●加藤先輩のフェイスブック
「加藤 貞顕 3月26日
弊社ホワイトボードに謎の目標設定がが。

写真: 弊社ホワイトボードに謎の目標設定がが。

いいね! · シェア.
37人がいいね!と言っています。
.
横田 大樹 電車内で声が出たww

3月26日 23:17 · いいね!」


 今日は柳ヶ瀬の高島屋に行った後、モレラに行ってきたよ。
 いや~、昨日から俄然ブログっぽくなってきましたねえ。別に棋風は変えてませんけどね、戦法は変えたよ。
 あ、どうも、って俺しか出てこないから、ココはブロガーの俺のブログだからね、それでも一応毎回、日付けを書いた方がいいのかしらの2014年3月26日の23時30分かな。

 ホントに将棋ゴッコにケリとゲリがついたなら、「第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局の投了図」を書かないとね。 

 それはそうと、家族ゲームⅡを全部見てから言うのもなんですが、がんばれWEBメシとか言いつつ、無料でコンテンツを盗み見するのはどうなの?

 というわけで、長渕のCDを買い直して、つじつまを無理矢理合わせておきました。『昭和』(1989年)で違和感が確定した後も、『JEEP』(1990年)、『JAPAN』(1991年)、『Captain of the ship』(1993年)まではリアルタイムで半分惰性で買い続けていた。

 上京する際にもう音楽は卒業しようと処分したが、30過ぎにとあるキッカケで『昭和』までは買い直したから、今回のお代代わりは『JEEP』(1990年)にしよう。

 ああ、投了図ね。
 じゃあと、

●コグレオオカミのツイッター()
「あい(追記。正しくは「いえ」か、せめて「あいー」かしら。ニュアンス的には「あい~ん」が一番正解だけどね)、「2014年2月14日の夜~同年3月25日の朝方まで」の、約38日間を、6分25秒で見る目標設定((http://www.pideo.net/video/dailymotion/94652c69a01785ca/ …)の「16分50秒~23分15秒」)ががを見るだけ! 実にパーフェクトな、24年モノの中2病(38歳)っぽいセレクト違法ショップ!」

●コグレオオカミのツイッター()
「オマケ((http://www.pideo.net/video/dailymotion/62b606320931fd19/)の「20分45秒~22分41秒(*追記、正しくは「20分45秒~23分18秒まで」。お詫びの蛇足「(http://www.pideo.net/video/dailymotion/62b606320931fd19/)の7分37秒~11分25秒まで」)」)付き!」

 別にツイッターも閉鎖してないもん。

 ちなみに投了図は『明日のジョー 第46話』より、オマケは『明日のジョー 第43話』よりお送りしました。
 力石とマンモス西のためにまたお代代わりに、まだ買い直してない長渕のCDでも買うか、『JAPAN』(1991年)、『Captain of the ship』(1993年)。

 後は、不定期連載の続きね。
「図書委員役得の件ですが、ひとりでいっぺんに30冊も借りたところで、田舎の中学生なんてほとんど誰も本なんて読まないから大丈夫、図書委員特権でよく知ってたから。

 田舎の中学生なんて、おっさんが刺身をマンコにチョンチョンつけて「うまいうまい」って前戯がある裏ビデオを借りるのを長蛇の列で待ってるだけですから。

 それにしてもあの裏ビデオはひどかった。
 あれ以来、どの刺身を見てもどのマンコを見ても、それこそいまだにあの名シーンが脳裏をよぎるからね。まあ、大人なので、両方ともおいしく頂きますけどね。
 そうそう、本筋はあの裏ビデオのような記憶の残り方をしないとね。
 もしかして、『XVIDEO』や『xHamster』あたりにあの懐かしの裏ビデオが違法アップされてるかも、こうしちゃいられない、ちょっくらいってきま~す!」

●加藤先輩のフェイスブック()
「加藤 貞顕さんがデジタルコンテンツ配信プラットフォームcakes(ケイクス)さんのリンクをシェアしました。3月26日
アポロの歌(手塚治虫)前編 | 新しい「古典」を読む | finalvent | cakes(ケイクス)
cakes.mu

今回扱う作品は、手塚治虫の『アポロの歌』(講談社)。手塚治虫が「性」を題材にして書いたと言われるこの作品は、全体に重く暗い...」

●加藤先輩のフェイスブック()
「加藤 貞顕さんがでリンクをシェアしました。3月26日
[今だけ無料]想いを聞く|僕にはまだ友だちがいない|中川学 |cakes(ケイクス)
想いを聞く | 僕にはまだ友だちがいない | 中川学 | cakes(ケイクス)
cakes.mu

デビュー作にしてNHK「青山ワンセグ開発」で実写ドラマ化(主演:浜野謙太)された、話題沸騰の「大人の友だちづくり」コミックエ...」

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月27日
@nakamurahiroki kindle on iPad mini、ぜんぜん風呂に持ち込むようになりますよ。もしも心配だったらジップロックでばっちりです。」

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月27日
@aoki818 お返事ありがとうございます。「ダサい」のを「我慢」するとたいていのことはできるような気がしますよね。すごい転換だと思います。」

●加藤先輩のツイッター()
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月28日
これいいなあ。 “@kataoka_k: 【欲しい!】スマイルねじ。 pic.twitter.com/fvPD4C9gTU”」


 昨日(3/27(木))はドラえもんの映画を観に行ったりしたよ。
 今日(3/28(金))は池田温泉に行ったりしたよ。

 でさあ、一昨日の夜(3/26(水))、「もしかして、『XVIDEO』や『xHamster』あたりにあの懐かしの裏ビデオが違法アップされてるかも、こうしちゃいられない、ちょっくらいってきま~す!」と言った数時間後、3/27(木)の朝方にひどいことが…。

『ブログてんさいか』(http://burogutensaika.seesaa.net/)っていう「転載可のブログです」を立ち上げて、本筋じゃない、ライターみたいな仕事をやってたわけです、柳瀬さんの代わりに。

「細切れで見るなら、細切れで作らないといけない。
 細切ればかりでもたまにはガッツリ見たい見てしまうものがあるように、細切れで作りながらイケると思ったものはガッツリ集中して作らないといけない。」

 なにを熱弁しているかと言うとね、探し物しながら、要は『XVIDEO』や『xHamster』あたりであの懐かしの裏ビデオを探索しながら、新しいブログも立ち上げて原稿書いてたわけ。
 別にながら原稿書きってわけじゃなく、どっかに書いたけど同時並行で事を進めた方が全体的に押し車が押される効果が出やすい理論ですよ。
そしたら、全部が固まってパーに。
 Windowsが固まるのは、範疇外専門外素人さんだもん。ホントへこむわ。
 プロだから原稿でへこむことはないけどさあ。原稿はすべてコントロール下にある、あのゲリ原稿だって、今だって。
「公開しない下書き状態でも色はついている、一文を、文字を書いた瞬間に色はついている。
うまいかへたかを別にすれば、原稿はすべて計算、アンダーコントロール下にある。」
 あはは、今も極彩色がついたついた。

 WindowsのSは複数のSで、窓いっぱいだろ、なら窓いくつ開いても大丈夫なようにしておけよ。
 もし無理なら10個以上開いたら絶対固まりますって設定にしておけよ。
 30個開いても大丈夫なときもあれば、15個くらいでかたまりやがって。
 ホント許せねえ。理系がもっとしっかりしろよ。固まってんじゃねえよ。

 例の裏ビデオは見つからなかったのですが、すっごいのを見つけたわけ。
 お宝動画と出会えたときに限って、固まったおかげで、お気に入りにいれることもできぬまま、そして、そういうお宝動画に限って、どこをどうエロサーフィンしたか分からなくなって、もう二度と会えなくなるんだよ、このWEBの大海で、糸の藻屑。

 ついでに固まって消えた原稿の方はざっくりとは覚えているけど。
「「有吉」と「川上」を、ライブハウス武道館のステージに立つ、ロックスターとして考えればいい。
 ふたりとも絶対にバンギャルを食わない、ファンにも手を出さない」
 という仮定で、エロサーフィンの合間にシコシコ書いてたが、固まってうんともすんとも言わず、電源抜いてまた立ち上げたら、どっかいっちゃった、『ブログてんさいか』(http://burogutensaika.seesaa.net/)の該当初記事は。
 いつもワードに書けばいいんだけど、書きあげて、ブログにコピペするとなんか変な風になるから、ここのブログに直接書いちゃうんだよね。
 

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第10回 はじめまして?(第1期WEBメシ名人戦七番勝負第2局スタート!)』

*まだよ。
「まだやるの?」とかは聞こえなーい。

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 3月28日
電王戦第2局の観戦記は河口老師なのか!/第三回 将棋電王戦 第2局(筆者・河口俊彦 将棋棋士七段) | ニコニコニュース http://news.nicovideo.jp/watch/nw1006844 #niconews」

 ん? 第1期WEBメシ名人戦七番勝負第2局の「はっけ、よい、残った!」の合図かしら? 
 第2局の広報戦略的には、今度はコグレ後輩が先手番として、次回の『cakes』無料パン祭りの際に、

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 2月21日
名古屋なう。楽しそうですね。“@die_kuma: 春のパン祭りやろうと思ったらみんな買ってきて大変なことになってる。今ならうちの会社くればタダでパン食えますよ。 http://instagram.com/p/kqgnUHpR8t/ ”」

●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕 3月24日 (iOSより)
弊社の男子の女子力が高すぎる件。

写真: 弊社の男子の女子力が高すぎる件。」

 以下、コメント。
「加藤 貞顕 そしてこうなりました。

加藤 貞顕さんの写真

3月24日 18:16 · いいね! · 1
...
片山 智香子 パンの食べ比べですか?
3月24日 18:43 · いいね!
..
加藤 貞顕 片山さん、今回は築地のパン屋さん一店舗だけですが、いつもは食べ比べをしています!
3月26日 11:34 · いいね! · 1

片山 智香子 築地のパン屋さん、折峰ですかー?いいダコフォカッチャ好きです♪
3月26日 11:37 · いいね! · 1
..
加藤 貞顕 そうです。折峰です!
3月26日 12:38 · いいね!」


 うちの近所でおいしいと評判の本牧館(http://www.honmokukan.com/)のパンでも持って、「あの~、無料でパンを食べられるって聞いたんですけど」と行こうと思っていたわけです、第1手として。

 きゃ~、怖い~。
 え、どうするよ、コグレ後輩とか言っているおっさんが突如パン片手に現れたら、第2手は?
 少なくても俺ならそんなパンは一口だって食べれないね。

 じゃあ、手土産がパンだけじゃアレかと思い、岐阜編2のエロロケハンの違法撮影はしてませんが、他の合法案を2つ、昨日(3/27)と今日(3/28)、簡単にロケハン撮影してきました!

「夏季営業のみの鮎料理のヤナ、『やな川』(http://www.gifucomi.net/shop/shop.shtml?s=2285)で鮎をいっぱい頬張ってから、ちょっと上流の穴場で水遊び、日当駅から単線の樽見鉄道(http://tarumi-railway.com/)に乗って、終点の樽見駅まで。そこからうすずみ温泉へ(http://www.usuzumi.or.jp/)」案

「天下分け目の関ヶ原駅前でレンタサイクルして、古戦場巡り(http://www.360navi.com/photo/22gifu/02sekigaha/08seeing/10index.htm)。足を延ばして池田温泉(http://ikedaonsen.jp/)でゆっくり汗を流そ。すぐ近くの道の駅(http://www.michieki.jp/eki/961/)に混浴足湯もあり」案

 両案とも最後、温泉締めは譲れないところ。
 なんなら鮎料理のヤナには、昨年引退したはずの岐阜は柳ヶ瀬のゆるきゃら、やななちゃん(https://www.facebook.com/yanana87)も連れて行く。
「パンだけじゃなくて、ロケハン動画も実際に見てくださいよ~」作戦いらんかね?

 でも、このタイミングで、第2局スタートしろとの一人横綱相撲「はっけ、よい、残った!」しろよ合図が出るってことは、岐阜から出てくるな、WEBから出てくるなってことかしら。

 第1局の広報戦略ミス、コスプレの愚を、第2局はまず、やななちゃんで避けようと思ったのですが。
 う~ん、とりあえず岐阜のWEBにこもって、俺のオザケン不定期連載でも進めるか。
 とりあえず、ココに新作部分をせっせと発表しては、以下にちまちまとまとめる感じでしょうか。

『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 番外 俺のオザケン不定期連載のまとめ』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392961111.html)。

 後は、岐阜ブログでも続けるか。
 今日(2014年3月29日)は、竜王のアウトレットに行きました。滋賀です。岐阜じゃないじゃん。
 明日は横浜に帰るので、『岐阜ブログ ~春~』は今回で最終回です。

 他には『ブログてんさいか』(http://burogutensaika.seesaa.net/)に、例のWindowsのせいで固まって消えたロックスター有吉&川上原稿を、イチから書き直す。

 とりあえず、『俺のオザケン不定期連載』の新作部分(2014年3月29日)をチョロリと。

「通学カバンに適当に30冊くらい放りこんでは片っ端から読みまくり、ちゃんと返しては(図書委員の鑑!)、また適当に30冊くらい通学カバンに放りこむを繰り返していたわけです。
 貸出手続きをしない弊害が1個だけありました」

 もう以上です。

 とりま、緩急をつけるという大義名分で、第2局の滑り出しはとりあえずグダグダ戦法で『俺のオザケン不定期連載』、『岐阜ブログ ~春~』、『ブログてんさいか 第1回ロックスター有吉&川上原稿』の3本立てでいきますか。
 後、リライトしないといけない原稿がいっぱいありますね、ねぇ~、がんばれ横浜に帰った俺!

 
 カムバック横浜、おっ、新しいペンネーム候補にしよ。
 さて、2014年3月30日(日)の23時58分でございます。
 岐阜の俺の野郎~、好き勝手やりやがって! 一体どう始末つけるんだ、これ全部を、う~ん。


 その翌日(2014年3月31日(月)の12時31分)、とりあえず平常試運転。

●加藤先輩のツイッター(https://twitter.com/sadaaki
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki 3月29日
撮影のために、かなり早めに現地入りしたら、この駅前なんにもない。ゆったり朝ごはんを食べてみんなを待つ作戦ががが。」

 あ、「ががが」だ! ああ、はいはい、あ、「ががが」スペシャルだ!
 この前、迷ったんだよねえ、単なる誤字なのか、それとも何かの理系的暗号なのかと。
 ちなみに、この前とはコレの時。

●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕 3月26日
弊社ホワイトボードに謎の目標設定がが。

写真: 弊社ホワイトボードに謎の目標設定がが」

コメント
「横田 大樹 電車内で声が出たww
3月26日 23:17 · いいね!」

 このときの横田大樹氏のコメント、「電車内で声が出たww」が正直、どうして声が出ちゃうほどなのかいまいち分からず、もしかして「IE9、10、11」だけじゃなくて、「がが」のなんらかの重大なヒントかしらと思い立ち、とりあえず

●コグレオオカミのツイッター(https://twitter.com/kogureookami
「小暮大上 ‏@kogureookami 3月26日
あい、「2014年2月14日の夜~同年3月25日の朝方まで」の、約38日間を、6分25秒で見る目標設定((http://www.pideo.net/video/dailymotion/94652c69a01785ca/ …)の「16分50秒~23分15秒」)ががを見るだけ! 実にパーフェクトな、24年モノの中2病(38歳)っぽいセレクト違法ショップ!」

 とした次第なのであった。
 ついでに、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第9回 まいりました!(第1期WEBメシ名人戦七番勝負第1局、●手 先手 加藤先輩の勝ち)』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392941883.html)にて、

「あい(追記。正しくは「いえ」か、せめて「あいー」かしら。ニュアンス的には「あい~ん」が一番正解だけどね)、「2014年2月14日の夜~同年3月25日の朝方まで」の、約38日間を、6分25秒で見る目標設定((http://www.pideo.net/video/dailymotion/94652c69a01785ca/ …)の「16分50秒~23分15秒」)ががを見るだけ! 実にパーフェクトな、24年モノの中2病(38歳)っぽいセレクト違法ショップ!」

 と訂正した次第なのであった。

 今回の「ががが」が、はいはい、「ががが」スペシャルが誤字だとは考えにくいので、やはり何かの理系的暗号か、それとも「後輩のくせに、よくも先輩の誤字の揚げ足を取ってくれたな、「3が返し」だ~」なのか。

 てか、もうそんなことよりも

●加藤先輩のフェイスブック(https://www.facebook.com/sadaaki.kato
「加藤 貞顕 3月29日 (iOSより)
とある企画のための撮影を朝からやってます。青山裕企さんと島本塁さんがお互いに撮り合うという」
コメント
「藤本 一成 凄いですね。
3月29日 11:58 · いいね!」

 あ、「次の月曜のお昼に、池袋の中華屋さんで」の人だ! しかも、お互いの撮影の撮り合いを撮るなんて3P撮影じゃないですか!

 あ、第2局もこの路線は踏襲しますか? もう春一番の季節じゃないけど、まあ、たまにはね。
 と書いてたら、「家の前でフリーマーケットをやる」と言い出した人がいるので、また後程。

 いや~、やっぱ商売は厳しいねえ。
 何でも1個100円で叩き売りの太っ腹フリーマーケットも、約3時間で客は0人、駆け込み需要ナッシングは仕方ないにしても、通行人すら近所のおばあちゃんひとりと宅急便のお兄さんだけしか通らない。
 まだまだ資本主義は元気だねえ。

 実は、岐阜に行く前、3月20日に『がんばれWEBメシ 結局ひとりでXP買い替え編』と題して、近所のヤマダ電機でひとり寂しく買い替えましたとさ。
 たぶんWindows8で、IEは11だろうけどよく知らん。「どうせワードとヤフー検索しか使わないから」とNECのデスクトップを色で選んだだけし~、そもそも今はまだ手元にないし~。
 だって、来月の7(月)夕方にヤマダ電機が持って来るからね。出前設定メニューの「無線BBとくとくパック」の松コースってデリヘルを頼んだから。改めて確認したけど、47300円也って、高いデリヘルだなあ。

 でも仕方ない。学生時代、テレビとビデオの配線すらうまくできず、八つ当たりの正拳突きで新品テレビの画面をブチ壊して以来、電気関係は自分でヤルのは一切やめたから。

 なのに3年間もやっていたビデオカメラマンバイト時代は。全部タザワさんがゴチャゴチャした配線とかやってくれたし。
 ああ、タザワさんってのはバイト先のビデオ撮影会社で、ビデオカメラ関係のメンテナンスとビデオ編集を主にやってる、ビデオ編集者なのか?
 その会社にはビデオカメラマンがバイトとフリー合わせてたぶん常時10人くらいいて、タザワさんはその編集を一手に全部引き受けていて、編集しながら「ケーキ入刀開始2分17秒、画面が揺れた」、「二度目のお色直しの入場の位置取りが悪い」と一言ダメ出し伝言を留守電に残す人です。

 当然、ビデオカメラマンはカメラとデッキの配線的な面倒臭いことを全部自分でしなくちゃいけないので、最初は毎回同じことを何度も繰り返し聞いてたら、根競べに負けたタザワさんがもう自分でやった方が早いと思ったのか全部やってくれるように。タザワさんは基本撮影はせずに遊軍的にフラフラしてたから。

 だから俺はメカニックオンチの運転しかできないF1ドライバー気取り。
 ビデオカメラマンとしては基本に忠実で、非常にオーソドックスで使いやすい職人型の撮り手だったと思いますね。
 撮影に関しては、同じダメ出しを二度されたことはないし。

 書き手としては基本はしっかり押さえてますし、職人仕事も割り切ってこなせますが、問題はアレですよ、活字界のノンフィクション部門の戦場特派員課の新規表現開拓係なんて地の果ての果てに、誰に頼まれたわけでもないのに自分を特派して早15年(同期は『嵐』、『オナニーマシーン』、『2ちゃんねる』などです)ってあたりでしょうね。

 あ、そろそろ、晩御飯の用意しなきゃ。料理の腕も山岳部仕込みでなかなかのもんですね。
 じゃあ、また。
 ああ、第2局の序盤戦は、「いろんな普通のブログ」をテーマにしてるのですが、なんか違わなくない? ま、いいや(追記:いやいや、全然よくねえよ、思いっきり違うよ、この裏でパンパン祭りやってたんだから!)。

●加藤先輩のツイッター
「Sadaaki KATO / 加藤 貞顕 ‏@sadaaki · 4時間
おもしろい。クリエイターの立ち位置についての考え方、本当にそう思うな。/グーグル支配の今は、「ネットの石器時代」 グーグルに局地戦で挑む、日本発ベンチャー企業 | オリジナル - 東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/32948 … @Toyokeizaiさんから」

 理系、怖っ。未来はチンコに真珠(ストーカー機能付き)を埋め込むみたいな世界になっちゃうの。
 まあ、痛くないなら、別にいいか。

 待てよ、今の俺って、プッシュプッシュの押し相撲タイプの真珠(ストーカー機能付き)みたいじゃない。
 なに、じゃあ、チンコに埋められちゃうわけ。
 ま、加藤先輩のチンコならいいか。今、もう夜だし(2014年3月31日(月)23時48分)、辛抱たまらん、リメンバー・パール…ううん、なんでもない。

 さあ、育休期間も残すところ、後7日間。思い残すことは、早く春休み終われってことくらいかな。
 あ、待てよ、4月7日(月)が入学式だから、後6日間か。なんか1日得した気分だ。

 さ、明日はエープリルフール(オカンの誕生日だ。でもホントは4月4日生まれなんですけどね。4月1日生まれにすると1学年上にいけるから。だから、4月2日生まれがその学年で一番お兄さん、お姉さんなんですね)、と言った具合にうちはノンフィクションですから、ウソを言えても「チンコ、30センチ」くらい。

 おとなしくたまった諸々の原稿のリライトと『俺のオザケン不定期連載』、『ブログてんさいか 第1回ロックスター有吉&川上原稿』でも粛々と進めよう。
 後、加藤先輩のフェイスブックネタは明日のエープリルフールにとっておく。

 ちなみに、明日は半月前に卒園したばかりの幼稚園の同窓会でお花見がありますよ。バッカじゃなかろうか、死ぬほど行きたくない! 桜、全部散れ!

 ああ、ブログブログ、普通のブログだった。有閑マダムの熟れた花ビラ見学を、エログ!


 さ、もう4月1日は1時37分、エープリルフール生本番!
 アレでしょ、エープリルフールってどんな魂の叫びでも言っていい日っしょ。

 いや~、どれだけ待ち望んだことか、この日が来るのを、2、3時間は軽く超えてるね。
 じゃあ、いくぜ!

 パンパン、パンパン、ヤリまくりやがって、このパン助が!
 そのパンパン祭り報告時間は加藤先輩のフェイスブックによると、「2014年3月31日(月)の12時21分」である。

 本回のこのブログ、『がんばれWEBメシ 『cakes(ケイクス)』編 第10回 はじめまして?(第1期WEBメシ名人戦七番勝負第2局スタート!)』(http://ganbarewebmesi.seesaa.net/article/392953055.html)に「その翌日(2014年3月31日(月)の12時31分)、とりあえず平常試運転」と書いてあるが、パソコンを立ち上げたのは多分っ同日の12時くらいで、いつものようにまず「コグレオオカミのメルアド、加藤先輩のツイッター、加藤先輩のフェイスブック」をチェケラして、後は他のエロ巡回パトロールで異常がないか確認するのにだいたい30分くらいかかる(暖気運転)。

 つまり、加藤先輩のフェイスブックを見たのは同日12時3分くらいで、そのときはパンパン祭り情報はまだ出てなかったはず!
 知ってて黙ってるはずないだろ、この中2中年が! そんなマンモス味噌っかすピーじゃないぞ、プンプン。

●加藤先輩のフェイスブック()
「加藤 貞顕さんがリンクについて「いいね!」と言っています。3月29日
すごー。
「3Dプリント頭蓋骨」の移植に成功:オランダ « WIRED.jp
wired.jp」

 この「なんかキモいのが職場復帰ネタ」の日付けは、加藤先輩のフェイスブックによると3月29日12時29分となっている。

●加藤先輩のフェイスブック()
「加藤 貞顕さんが渡辺 聡さんのリンクをシェアしました。3月29日
採用!

面接でずっと「御社」を言い間違えて「おぬし」って言ってた
sonicch.com
http://sonicch.com/archives/23981186.html

 この「おぬし採用ネタ」の日付けは3月29日18時24分となっている。
 でも、この2つのネタも、パンパン祭り同様、2014年3月31日(月)の12時頃に確認した際には発見できなかったと思うんだけど、日付けは一昨日かあ~。

 その証拠に、夕方の4時過ぎ頃、またのんきに現れて、3つのネタに一切触れることなく、フリーマーケット論とかタザワさんの悪口を書いてます。

 但し、このとき、書き始める前に加藤先輩のフェイスブックとかチェケラしてませんから。
 基本、その日初めてパソコンを立ち上げたときにしかチェケラしないよ! ええ、ええ、どうせアタイはしょせん営業ストーカーですよ。
 次に加藤先輩のフェイスブックをチェケラしたのは同日の23時過ぎかしら。

 もうね、このとんでもない第2手を見逃し、約11時間後に発見したときにはもう、第2局はこの第2手で思わず「まいりました!」しそうになりましたが、そこはプロ、平静を装って、心静かに第3手のエログを書き切りましたとも! 平静と心静かがなんかダブってる、パンパンみたいに!

 だから、もう今後はこうしよ、パンパン祭りのときはもう面倒臭いから電話して。その方がカ・ク・ジ・ツ!
 最初から伏線張りまくった通り、フェイスブックは俺にはまだ早い、難しい、意味わかめ、もう無理!

 だからテレホンショッキングで、なんなら非通知のワン切り、いや、1回だとアレだから、ツー切り、俗に言うパンパン切りでいいかな、いいとも!
 じゃあ、次回のパンパン祭りからは、何度も公開済みの通り、090-●●●●ー●●●●(追記:そのうちコレもWEBメシのタネにしますので、伏字のモロ裏を見たい方はコッチの『がんばれWEBメシ!』(https://note.mu/ganbarewebmesi)までカモン!)」まで遠慮せずにどうぞ。

 大丈夫大丈夫、電話もWEBみたいなもん、ハイテクハイテク。
 いまだに、なぜ、例えば岐阜とバンコクで距離が離れている場合の「至急金送れ」電話でも、実際に会って聞くのと同じオカンの声で叱られるのか全然理解できなかったから、もち今も。
 まだ電話線の繋がっている固定電話のときは、糸電話と同じと無理矢理納得させていたが、携帯電話は電話線も繋がってないのになぜ???ってくらい電話はハイテク、WEB。

 もうこれ以上、スレ違いのパン助を繰り返すのはやめよう!
 原宿でパンパンしてるときに、横浜のフリーマーケットの客役を延々やらされてるなんて嫌でしょ、俺が!

 もしリアルタイムでパンパン情報を見てたら、例の本牧館で急いでパンパン買って、パンパン行ったのに。急遽だから子連れでね。
「いいか、おぬしおぬしって言えば、誰にでもパンパンと簡単にパン食べ放題のところへ連れて行ってあげるから。大丈夫、ヘリコプターもあるし、裸エプロンのお兄さんたちもいるから、フリーマーケットだってできる」って騙して。

 さ、もう今後はいつでも馳せ参じれるように、電話で電車でゴーのシュミレーションでもしとこ。
 パンは急ぎのときは本牧館じゃなくて、駅前のたまにしかやってないまずいパン屋か、最悪駅前のコンビニのパンでいいか。
 ウソウソ、エープリルエープリル。

●コグレオオカミのツイッター
「小暮大上 ‏@kogureookami · 3分
人呼んで、「フェイスブックのカンチ」とは、せっしゃのこと(http://www.pideo.net/video/youtube/becc17b1f65b0ea4/ …の「43分50秒~46分23秒」)。おぬし、なかなかやるでござるな。エープリルフール・イブの粗相、許してちょんまげ。おしりパンパンしてもいいから。いくぜ、おしりがよろしいようで。」

 1本目のパン!&蛇足パンパン!
パン2ー!(http://www.pideo.net/video/nicovideo/3f419899af6a09f3/
丸見え! http://www.pideo.net/video/nicovideo/19ab08404b186e35/


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。